2017/03/29
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017/03/29

2017-03-29 22:21

    久しぶりに午前中に目を覚ました。
    陽射しが暖かいと感じたのは2ヶ月ぶりくらいか。
    普段動悸が気になっていたのは、陽を浴びないことと
    日中眠っていることで、自律神経がおかしくなっていたのかもしれない。
    何が変わったというわけではないが、少しの進歩が実感できた。

    ただ、何かをする意欲は未だ湧いてくることはない。
    働けなくなってから半年が過ぎようとしているためか焦りも消えない。
    周りはあと1年で就職。この間も(疎かにしている者も居るが)勉学に励み、交友関係等
    社会に必要なものを吸収していっている。
    焦りが生まれないはずがないのだ。
    それでも今は耐え、回復を待つしかない。

    鬱にかかったことのない人がこの記事を見たら、「要は甘え」と思われることだろう。
    これに関しては経験者にしかわからないし、強いて言うなら「経験者にすらわからない」
    と思う。
    同じ病名でも、年齢も性格も、生まれも育ちも違う。種類も、大うつ、非定型鬱、双極性障害など単一ではない。
    だから、鬱になったことがあるとしても
    「私は経験者だから分かってあげられる」とは思ってはいけない。
    そう語りかけられることで人間不信に陥る可能性も念頭に置いて、心の近くの地雷原に足を踏み入れないように接してくれることを
    少なくとも私は望んでいる。
    うつ病患者に限らず、病人は面倒くさいものなのである。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。