ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ひろゆきが多分やろうとしていること
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひろゆきが多分やろうとしていること

2013-03-13 12:34

    最近の傾向

    どうも「最近NicoHack記事ばかりでつまらん!もっと濃い話が欲しい!」なんて言われてしまった鍛造です。

    にわかなギークを育てようとするNicoHackは、にわかじゃないガッチガチのギークにはつまらないみたいですね(;´∀`)

    VimやEmacsじゃない軟派なSublime Textを紹介するなんて以ての外なんでしょうかねw

    そんなわけで今回は濃い話です。

    意外と好評な鍛造の未来予測を今回はやろうかな?なんて思います。

    ひろゆきはどんなサイト作るの?

    ひろゆき氏がどんなことを始めるかは『ひろゆき「独自なユーザー著者を育てる」から鍛造の観点』で語りましたが、ひろゆき氏が今度はどんなサイトを作るのかな?ってのを考えてみました。

    ひろゆき氏がハウツー系コンテンツを始めるという事を前提としてお考えください。

    Webサービスの相互利用

    Webサービスの相互利用ってやつが最近の流行だというのは皆さんご存知だと思います。

    これはOAuth1という技術を使って行われていることの多い相互利用のやり方です。

    ニコニコ動画でもTwitterやFacebookのアカウントでログインできますが、そんな感じの技術ですね。

    最近ではGitHub2のアカウントを利用して楽しむ技術者向けのSNSであるQiita3が日本人のギークに流行ってます。

    更に言えばドットインストール4jsdo.it5などもOAuthを利用したWebサービスです。

    私はひろゆき氏がこれに追従しないはずが無いんじゃないかな?と考えています。

    ニコ動アカウントでログイン

    おそらくはひろゆき氏が始めるハウツー系コンテンツWebサービスのサイトはニコニコ動画のアカウントでログインできます。

    ハウツー&クリエイティブということを考えると技術を持ったニコニコ動画ユーザーというのは貴重な財産です。

    そのニコニコ動画ユーザーという貴重な財産を共有しないのは損だと思うんですよね。

    だったら、ひろゆき氏の新サービスへ気軽に乗り入れられるようOAuthを利用するのは当然の流れだと感じます。

    期待

    少なくともひろゆき氏はニコニコ動画ユーザーを見捨ててはいません。むしろ期待してるんじゃないかな?とすら私は思ってます。

    ひろゆき氏がドワンゴを辞めたのは、ドワンゴ経営陣と折り合いがつかなくなったか、もしくはニコニコ動画というWebサービスよりも面白いネタを着想したからでしょうね。

    別にニコニコ動画ユーザーが嫌いになったからとか、もう関わりたくないとか考えているわけでは無いと思うんですよ。積極的に利用していきたいと考えているはずです。

    ひろゆき氏とまた馬鹿笑いしながら遊びたいと考えている人は、そのままニコニコ動画で暇をつぶしながら待ってれば良い報告が来るんじゃないかなあ?なんて予想してます。

    蛇足

    先日、歌い手が嫌われる理由みたいな記事がブロマガの人気記事になっていましたが、ひろゆき氏がもしハウツー系コンテンツWebサービスを始めたら、この歌い手たちは追いてかれるような気がします。踊り手とかもそうですね。

    当然、歌い手をやりながらハウツーを受講して何らかのクリエイターもやれる人なら何も問題はないんですが、歌い手や踊り手である自分にこだわる人は次に起こるであろう流れへ乗れないんじゃないかなと。

    間違いなく、ハウツー系コンテンンツWebサービスの中には歌唱というハウツーは含まれません。

    DAWのハウツーはあるかも知れませんが、それはDAWの操作ハウツーであって音楽であっても歌唱ではないんですね。

    そのあたりのことを歌い手や踊り手の人は考えないと、本当に内輪ウケだけのマイナーなジャンルに成り下がり、メジャーなジャンル(クリエイティブなジャンル)の人々に嫉妬するという状況へなりかねません。

    これからは作られたものを利用するのではなく、自分も何か作るというのが流行る時代ですよ。

    この流れは世界的なもので前述した技術者向けWebサービスの乱立から見ても明らかです。

    当然私は歌い手であれ踊り手であれ何かを作るという遺志があれば、私の持てる技術と知識を意志をもった人々に今ままで通り提供します。

    何かあればご相談に乗りますよ。

    以上です。それでは長文にお付き合いいただきありがとうございました。



    1. オー・オース。 OAuth - ニコ大百科 OAuth - Wikipedia

    2. ギットハブ。主にソフトウェア開発のバージョン管理を容易にするWebサービス。 GitHub GitHub - Wikipedia

    3. キータ。GitHubの利用を前提としたブログ的なSNS。 Qiita

    4. 短時間で初心者もわかりやすい動画でプログラミングを中心として学べるWebサービス。 ドットインストール

    5. そのままジェイエスドゥイット。Javascript言語のソースコードを共有するWebサービス。 jsdo.it

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。