ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

NicoHack!第五回 AndroidOSで至高のギーク環境を手に入れる!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NicoHack!第五回 AndroidOSで至高のギーク環境を手に入れる!

2013-04-21 20:27
  • 3

レベルアップ

今までNicoHack!では誰にでもできるをテーマにゲーム作ったりイラストを描いたりしてきましたが、そろそろレベルアップが求められているんじゃないかな?なんて感じています。

今回の記事も今までと同じく誰にでもできるようにはしますが、要望通りちょっとレベルをあげようと思うのです。

前回の記事で最近の「スマホはパワフル」だと言いましたが、これはハードウェアスペックがパワフルになったという意味ではなく、自由度がガラケー時代よりもかなり増しているという意味でのパワフルです。

ガラケー時代ではできなかったことが現代のスマホではできてしまうので、ポケコン1少年だった私は少々羨ましいです。

ポケコン

今回具体的に何をするか?ですが、AndroidOSデバイスをこのポケコンみたいな感じで活用してみよう!って企画となります。

ていうか当時のポケコンよりも今のスマホの方が圧倒的に高性能なので1980年代のパソコンでやってたことを普通にできます。

むしろ今のスマホは1980年代のパソコンよりも高性能だったりするけど(゚ε゚)キニシナイ!!。

注意点は感覚としてのポケコンであって、当時のポケコンと全く同じことをするのか?と言えば全く違うことをするという点にご注意ください。

現代でもその経験と知識を使えなければ意味がないので、現代でも使えることをこの講座でやります。

黒い画面を使う

この黒い画面というキーワードを見てwktkした人は少なくないはずです。

そうです今回はなんとあの黒い画面をAndroidOSデバイスで使おう!という企画でもあるんですね。

使いこなせたらハッカーみたいでカッコ良くないですか?w

この講座を終えた時には学校でスマホを用いて黒い画面をクールに使いこなしドヤ顔できますよ?w

まあドヤ顔する目的でなくともファイル整理とかにもかなり役立ちます。

おそらくきっと手が付けられないほどスマホの中のデータがめちゃくちゃな人って居ると思うのです。

それを一瞬でしかも半自動的に整理できたら嬉しくないですか?

そんな感じでも使えるので覚えておいても損はないですよ。

ダウンロード

取り敢えずモノが無いと何も始まらないのでAndroidOSで使うアプリをダウンロードします。

その前に1つだけ注意点が。

皆さんの中にはAndroid Terminal Emulatorを既にインストールされてる方も居るかも知れません。

アプリがかぶると上手くインストールできなくなってしまうので、既にAndroid Terminal Emulator(日本語名 端末エミュレータ)をインストールしてる方はアンインストールしてください。

それではダウンロードしましょう。ここへアクセスしTerm<日付>.apkupdatefileをダウンロードしてください。

画像に例で示しているのは記事作成日時のものであり、アップデートしたりすると掲載内容が変わっている可能性がありますのでご注意を。

あと見てわかるとおりに意外とファイルサイズが大きいです。ダウンロードファイルだけでも合せて約50MBくらいあります。

そしてインストールすると200MB以上のサイズになるので少なくとも300MBの余裕を事前に作成してくださいね。


ダウンロードしたらファイラーアプリなどでダウンロードしたファイルのディレクトリ2を開いてください。

私はESファイルエクスプローラーを使ってます。

クラウド上のファイルへもアクセスできて非常に便利です。


インストール

ダウンロードしたTerm<日付>.apkをインストールするわけですが、その前に提供元不明のアプリを許可してない人は許可しましょう。

AndroidOSの設定→セキュリティ→提供不明のアプリへチェックで許可することができます。

ちなみにroot化なんてものは全く必要ありません。非root化端末でもインストールできますし、この講座は楽しめます。


それではサクっとインストールしていきましょう。ちょっと面倒な部分があるのでこの項目を読んでから実行すること

まずTerm<日付>.apkをタップして一応このアプリケーションに許可する権限をしっかりと読んでからインストールをタップします。

まあ私が確認した限りは妙な挙動はありませんでしたが、しっかり権限を読んでからインストールする癖をつけましょうね。


結構世の中には怪しいアプリがあるんで警戒心ゼロで気軽にインストールするのは良くないです。

インストールは一瞬で終わりますがここからが注意です。


インストールを終えたら開くではなく完了をタップしてください。

開くを押すと起動してしまうのですが、起動する前にやることがあるので起動してはダメです。


先程ダウンロードしたupdatefile.binのファイル名を変更します。

今回はESファイルエクスプローラーで説明しますね。

updatefile.binをロングタップし名前を変更するをタップします。


名前を変更するをタップしたらupdatefile.binをupdatefileへ名前を変更します。

つまり.binを消すだけですね。


名前を変更したら今度はupdatefileを移動します。

ESファイルエクスプローラーではロングタップをして...に移しますで移動が可能です。


移動先は$ storage/sdcrard0(または$ /sdcrad)です。

しかし中には$ storage/sdcrad0というディレクトリが存在しないAndroidOSデバイスもあります。


その時の移動先はESファイルエクスプローラーなどのファイラーアプリを起動した時に一番最初に表示されるディレクトリへ移動してください。

この一番最初に表示されるディレクトリを「ホームディレクトリ」と言うので覚えておきましょう。


updatefileの名前の変更とホームディレクトリへの移動が済んだら、さきほどTerm<日付>.apkによってインストールした端末エミュレータを起動します。

起動すると画像のように黒い画面で白い文字が走りますのでハッカーっぽい雰囲気をお楽しみくださいw


しかし中にはこんな画面で止まってしまっている方も居るかもしれないです。

こうなると少々面倒くさくなってくるんですよね。

処理が止まってしまった人はAndroidOSの設定からアプリ→端末エミュレータと進んでタップしてください。


強制終了をタップし実行している端末エミュレータを強制終了します。

そしてデータ削除のボタンが明るくなっている場合はデータ削除をタップしてデータを削除します。

更に先程名前を変更したupdatefileをupdatefile.binに名前を戻してください。

名前を戻したら端末エミュレータを起動します。すると前述のような画面が走るのですがこの処理は不完全です。

処理が終了したら再びAndridOSの設定からアプリ→端末エミュレータと進んで強制終了し、続いてデータを削除します。

それを終えたらupdatefile.binをupdatefileへと名前を変更し端末エミュレータを起動し例の画面を走らせます。

この手順を踏むことで正常な処理を完了することができます。


ターミナルを使ってみる

ここまで来るのが相当長かった気がしますが、今度は実際に使ってみましょう!

これはターミナルとか端末とかと言われるものです。ハリウッド映画でよくハッカーが使っているやつですね。

使いこなせばかなり便利なシロモノなのですが、多くのユーザーはマウスすら使えないこのターミナルを嫌います。

マウスを使えるいわゆる普通の環境をGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)と言い、文字列だけの今から使う環境をCUI(キャラクターユーザーインターフェース)と言います。


そもそもなんでこんなものが存在するかと言えば、コンピュータは超高性能なものになればなるほど巨大だというのがその理由です。

昔はターミナルによって複雑な計算処理をすごいコンピュータに命令していたんですね。

しかも計算処理するだけですから、すごいコンピュータにディスプレイモニターなどは必要ないのです。

ターミナルはそのすごいコンピュータの中身を覗く窓のような存在であり、今でも大規模Webサービスのサーバーなどではこれと同じことが行われてます。


雰囲気をつかむ

それで何ができるのか?ですが、実際やってみて体感したほうが理解が早いです。

それではキーボードでcd /sdcardと半角で入力して↵(←Enterキー。今後Enterキーはこの表記を使う)してみましょう。

ちなみに私のIMEはGoogle日本語入力です。

cdと/sdcardの間には半角スペースが必要なので忘れないでくださいね。


そして続いてls↵と入力してみましょう。

バーッと文字列が表示されました。この文字列どこかで見覚えが無いですか?

勘の良い方は気付いたと思います。そうです先程ファイラーアプリで見たホームディレクトリの内容が表示されているんですね。

色の濃い文字列がディレクトリを示し、色の白い文字列がファイルを示しています。

最初に入力したcd /sdcardは「sdcardディレクトリへ移動せよ」というコマンドであり、lsは「カレントディレクトリ(現在居るディレクトリ)の内容をリストアップせよ」というコマンドなのです。

ターミナルはこういった様々な機能を持ったコマンドを扱って操作するものなんですね。

覚えるのが面倒臭いと感じるかも知れませんがcdはChangeDirectory(チェンジディレクトリ)の略であり、lsはLiSt(リスト)の略なので大変覚えやすいです。


さて理解したのなら試すのが一番です。

私はPicturesディレクトリへ移動したいのでcd Pictures↵と入力して、更にPicturesディレクトリの中身が見たいのでls↵と入力してみます。

どうやら中には色が濃いのでScreenshotsディレクトリがあるようです。

左側には/sdcard/Picturesと表示されていて自分が今どこのディレクトリに居るか?がわかりますね。

皆さんも各々にディレクトリ移動を試してみましょう。

こういうことは頭で覚えるより身体で覚えたほうが早く覚えられますw


そうやって色々試して移動していると皆さん1つ困ったことに遭遇すると思います。

「あれ?これって1つ前のディレクトリへ移動するときどうすんの?」という問題ですw

ターミナルはそういうことも簡単に解決してくれます。

1つ前のディレクトリへ移動するときはcd ..↵とドットを2つ打つだけで移動できるのです。

前のディレクトリへ戻るというコマンドは頻繁に使うことが想定されますので少ない入力で行えるようになっているんですね。


さて更にディレクトリ移動を繰り返していると面倒なことも起きてきます。

長すぎるディレクトリ名の入力が非常に面倒臭いという点です。

ターミナルはそれも簡単に解決してくれるのです。

cdに続いてディレクトリを入力している途中で↹(←TABキー。今後TABキーはこの表記を使う)を押せば何と空気を読んで入力補完してくれるのです。

丁度私の環境でもcom.nttdocomo.android.mediaplayerという名前の長いディレクトリがあります。

これを入力補完するにはcd com.ntt↹と入力すれば残りのcom.nttdocomo.android.mediaplayerまで自動的に入力補完してくれます。


しかしBluetoothキーボードがなければ多くのAndridOSデバイスは↹を持っていません。

今回使用している端末エミュレータは↹が存在しないAndridOSデバイスのために代用としてボリュームアップキーを押したあとにTを入力することで↹入力を実現してくれます。

例えばcom.nttまで入力したあとにボリュームアップキーを押すと<が現れますので、そこへTを入力すると補完されます。


各々の代用キーは端末エミュレータのメニューから特殊キーをタップすることで確認できます。

今後は多くのAndridOSデバイスに存在しないキーについては何か特別な理由がない限り言及しません。

キーが存在しないと思ったら特殊キーの中を探してみてください。


スマホのお掃除

前述した通り、皆さんの中にはスマホの中身がメチャクチャで管理しようにも手が付けられなくなっている方が結構居ると思いますw

「半自動化して掃除できたらぶっちゃけ助かる!」な人は必見ですよ!wwww

実用編としてこの項目でスマホのお掃除をして行きましょう!www

わかりやすいように様々なファイルが入っているフォルダを用意してみました。

画像や動画、テキストファイルなどがゴチャゴチャした状態で混在しております。

lsコマンドを使ってファイルの中身を見てきましたがものすごく見難いです。


まずどんなファイルがあるか?を見ていきましょう。

lsコマンドには拡張子から絞り込む機能があります。

方法は非常に簡単でJPG画像を絞り込むのであればls *.jpg↵と入力すればJPG画像が絞りこまれます。

PNG画像であればls *.png↵、MP4動画であればls *.mp4↵、テキストであればls *.txt↵となります。

今回ここで使われた*ですが、これをワイルドカードと言います。まあ全ての文字列だと考えておいてくれて結構です。


更にはファイル名からも絞り込むことができます。

これは写真を探すときに便利です。

今回はScreenshot_日付_.pngというファイル名に日付が付いている画像を用意しました。

これを絞り込むにはワイルドカードを使って絞り込むのです。

ワイルドカードを用いてScreenshot_日付_.pngをファイル名から絞り込むにはls Screenshot_****-**-**-**-**-**.png↵と入力します。

この場合のワイルドカードは何らかの1文字を示すんですね。年である2013は4文字なのでワイルドカードを****とし他の月や日、秒は2文字なので**となるわけです。


つまりこれを応用すれば、例えば2013年4月19日19時のPNG画像を探したい場合はls Screenshot_****-**-19-19-**-**-.png↵という風に入力すると絞り込めるわけです。

ちなみに「また似たようなコマンド入力すんの?」と感じるかも知れませんが、ターミナルは賢いのでコマンド履歴を持っています。

キーボードの↑キーを入力することで今まで入力したコマンド履歴を追うことができるので、履歴を表示してちょっと変更加えるだけで簡単にコマンドを入力できます。


さてこうして日付がファイル名に入っているのならば日付ごとにフォルダ分けしたくなってきます。運動会などイベントで撮りためた画像を整理するなどのシチュエーションが想定できますね。

ターミナルでディレクトリ(フォルダ)を作成するコマンドはmkdirです。これもまたMaKeDIRectory(メイクディレクトリ)の略なので覚えやすいです。

私の日付付き画像データには19日と20日があるのでmkdir 2013-04-19↵mkdir 2013-04-20↵という風にコマンドを入力しディレクトリを作成しました。

当然もっと細かくしても結構です。例えば2013年4月ディレクトリをmkdir 2013-04↵と作成しcd 2013-04↵とディレクトリ移動し日付ディレクトリをmkdir 19↵とするわけですね。


そして次はそれぞれのフォルダへ移動します。移動するにはmvを使います。これはMoVe(ムーブ)の略ですね。

mvはmv 指定ファイル 移動先ディレクトリ↵という風に使います。ワイルドカードの利用も可能です。

つまり19日PNG画像を19日ディレクトリへ移動するにはmv Screenshot_****-**-19-**-**-**-.png 2013-04-19↵、20日PNG画像を20日ディレクトリへ移動するにはmv Screenshot_****-**-20-**-**-**-.png 2013-04-20↵とすれば一瞬で移動が完了します。

ものすごく面倒臭いコマンドに感じますが↹の存在を忘れないでくださいね。コマンド入力の途中で↹を入力するとターミナルは空気を読んで入力補完してくれるので意外と面倒くさことはないです。

ターミナルを使っている人のほとんどはこの入力補完によってかなり楽してますw何か超複雑そうなことをやって見えるだけであり使っている当人はそんなこと無かったりしますwww


それではしっかりと移動できたかcdコマンドでディレクトリ移動しlsコマンドで確認してみましょう。

見事に全部移動できちゃってます!一瞬ですよ一瞬!(*´∀`)

これで何故パソコンに詳しい人がしっかりと細かくフォルダ分けしてパソコンやスマホのデータ管理ができてしまっているかわかりましたね!

ターミナルを使って楽に管理しているのです!

その他、コピーしたり削除したりするコマンドも紹介します。

コピーはcpCoPy(コピー)の略で、使い方はmvコマンドと全く同じです。cp 指定ファイル コピー先ディレクトリ↵です。

削除はrmReMove(リムーブ)の略で、使い方はlsコマンドと全く同じです。rm 指定ファイル↵です。

このターミナルのディレクトリ関連コマンドをマスターしたらESファイルエクスプローラーとかのファイラーアプリが要らなくなるんですね。

スマホのお掃除などの用途になればターミナルの方が便利です。

その他のコマンドはここが詳しいので興味があったら読んでみてくださいね。

コマンドに詳しくなっていくとディレクトリに存在するテキストファイル一覧から特定のワードを検索するなんてことも可能です!


ネットを読む

以上で終わりだと思ってませんか?終わりじゃないですw

じゃあまずはw3m http://google.com↵と入力してみてください。もうわかりましたね?w

そうなんですターミナルはWebブラウザにもなってしまいます。機能は限定的ですけどね。


これはWebブラウザの中でも画像などが表示されないテキストブラウザと呼ばれる種類のブラウザなんです。

画像はニコニコ大百科のブロマガの頁を表示しています。

主にWikipediaやブログなどテキストがメインで構成されているWebページを見るのに適しています。

機能が限定的である分、余計な情報を読み込んだり実行しないので普通のWebブラウザよりも表示速度が超高速です。

使い方はここに詳しく書いています。


カレンダーを見る

cal↵と入力するだけでカレンダーが見れます。

CALendarの略ですね。

ターミナルを触っているときにちょっとカレンダーを見たいなって時に役立ちます。


RPGで遊ぶ

何とゲームできます!タイトル名はJNetHackです。

これはローグ系と呼ばれる最初期のRPGでゲーム史を語る上では外せないゲームの1つとなっています。

テトリスやPONGと同様に様々な環境へ移植されることの多いゲームの1つです。

jnethack↵で起動できます。

解説サイトはここです。


今後も続く

それでは一旦ここまでにしましょうかね。

今回の記事で皆さんのレベルは1つ上になりました。

今後もターミナル関連の話題を随時提供していこうと思ってますのでよろしくおねがいします。

スマホさえあれば学校でもどこでも使えるターミナルを楽しんでいきましょう!

以上です。長文にお付き合いいただきありがとうございました。

謝辞

この記事はrattcvの日記。で公開されているrattcv氏カスタムのターミナルです。

素晴らしいアプリを提供していただきありがとうございます。



  1. ポケモンではなくポケットコンピュータのこと。シャープとカシオがツートップ。BASIC言語を動かすことが可能でプログラミングの入門的機器だった。

  2. 階層のこと。パソコンで言えばいわゆるフォルダと考えておけば良い。


広告
×
最初のほうにある「ここへアクセス」の「ここ」をクリックした後のpassがわかりません・・・誰か教えて下さい
85ヶ月前
×
俺も最初の方にあるアプリ?をダウンロードする際の「ここ」のpassがわからないです......
79ヶ月前
×
皆さんと同じように"ここ"のパスがわかりません
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。