ポケモン剣盾プレイ日記②「君が遺した優しい歌を見失わないように」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモン剣盾プレイ日記②「君が遺した優しい歌を見失わないように」

2019-11-20 00:06
    というわけで、ポケモン剣盾プレイ日記②です。
    ホントは他のブログで書いた方がいいのかと悩んだけど、1番手っ取り早いのがここだった
    ので、まあ自己満足程度に続けていきます。
    このサムネの主人公、とても可愛らしいと思いませんか???
    ポケモン主人公はゲーム都合上、無口で喋らないイメージなんですが、ここだけ見ると
    普通の女の子で…。
    なんか修学旅行の1シーンみたいでええなあ…と思いました。




    最近のジムチャレンジには推薦状がいるらしい



    ②番道路でそこそこ鍛え上げたパチカス(ワンパチ)とメソメソ(メッソン)を連れて
    博士の元へ。
    ポップ(おジャ魔女〇れみの妹)とバトルし、お兄ちゃん(チャンピオン)から推薦状をもらいました。
    少しレベル上げすぎてヌルゲーになってしまった。
    パチカスで3タテしてしまった。ごめんよ。

    …最近はジムに挑戦するにも推薦状がいるのだなあ。
    そんなのあるのか知らなかった。
    ジムチャレンジするために旅立つことにしたポップ(名前違う)とフウカ(主人公の名前)。
    ジムのある?エンジンシティ?だかに旅立つことになります。
    この②番道路に来るまではまだ本格的な旅立ちではなかったのだなあ。


    博士の家の前で初の釣りに挑戦!!
    つりざおは初期装備なんですよねえ。
    この泡がぶくぶくなってる所につりざお!
    Aボタン押すだけ!つりざおの出し方簡単になったねえ。
    もう便利ボタンに登録する必要ないんだねえ。
    まあ、釣れたのはコイキングのみでしたが。
    カープファンとしてはネタとしても捕まえとくのはアリでしたが、
    正直、水は今メソメソがいますしおすし…。
    今回は泣く泣くお別れをしました…。
    また会おうコイキング!(わりとすぐにワイルドエリアにて再会)






    ワイルドエリアから抜け出せない


    まあ電車で行くんですがね。
    最近のポケモンは歩かないんですよ。電車移動なんですよ。

    駅まで競争だ!駅までの道のりで何匹ポケモンゲット出来るか競うぞ!
    的なフリをガン無視したフウカちゃんは0匹にてゴール。
    ライバルのポップに心配されました。
    いいんです、今はパチカスメソメソの2匹で十分なんです。
    必要以上ゲットしない主義なんで。
    図鑑は当然集める気がありません。

    修学旅行の1ページのような2人。
    まだ見ぬワイルドエリアに夢を膨らませていた。
    ところが、ウールーの群れが線路内に立ち入り立ち往生しているため、途中のワイルドエリアの駅に強制的に降ろされることに。
    ワイルドエリアとは。
    噂に聞くワイルドエリア、巨大化ポケモンが出てきたり、まあとにかくいろんなポケモンが
    出てくるエリアです。
    ここを抜けて次の街まで行こうとのこと。

    博士の助手さんも心配して付いてきてくれたみたい。
    いろいろ説明してくれました。
    イメージ的には草むらにはそれ相応のレベルのポケモンが出てきて、
    草むら外のシンボルエンカウントしたポケモンは大体強い、というイメージ。

    フウカちゃんがこの段階で12か3そこそこのレベルのポケモンを持っていましたので、
    それ以上の、まあ、20超えのモンスターとかも平気で出てくるエリアです。
    突然のイワークに勝負吹っ掛けそうになり、びびって退散しました。

    ピカチュウも出ました。
    草むら外をトコトコ歩いていたので、んぎゃああ可愛い!!!
    と発狂して喜んで駆け出した結果がこれです。

    この時点でパチカスのレベルが15なのに対し、このピカ様も15。
    パチカスはその名の通りすばやさが死んでいるのでピカ様から逃れられるわけもなく、
    ピカ様の強烈な攻撃にビビッてしまい、「ほえる」リタイア。
    ほえる覚えてて良かったぁ…。

    完全に取らぬ狸なんですが、ピカ様ゲットしたらパチカスどうしよ?
    電気系で被るなあ、でも可愛いしゲットしたいなあ…とか考えておりました。
    うん。ピカ様は諦めます。今はね。





    新たな仲間ゲットだぜ!


    メソメソがジメレオンに進化しました。
    すっかりイケメンになりましたねえ。

    ということで、

    新しい仲間も増えました。
    ケムリクサ(ナゾノクサ)です。
    これはキャンプの様子です
    キャンプをして遊ぶと、うちのケムリクサは投げたボールを拾ってくれます。
    多分どのポケモンもみんな拾ってくれますが、ケムリクサ可愛い!!!
    うちの子可愛い!!!!!!!!

    んぎゃわいいいいいんねええ!!!

    初期ポケモンのナゾノクサは昔から大好きで、どの作品も大体12,3レベルの野生で現れるからそろそろやと思ってたんや(迷推理)
    ちゃんとメスをゲット。
    いずれはキレイハナに…。

    ワイルドエリアはレベル上げもありましたが、それはついでで
    どんなポケモンが出るか、わくわくしながら探索していました。
    あ、ちゃんとキャンプもしています、2回だけですが。


    うちのケムリクサがブレるほど美味しかったとされるカレー。
    マホミル級だったそうです。

    よくわからん。
    ちなみに1番最初に作ったからくちカレーは、ソーナンス級でした。






    W(ワット)を貯めよう
    赤い光の柱を調べたり、電気を帯びているポケモンを倒すとWが貯まります。
    なんか静電気みたいですが、ちょっとルビサファの火山灰を思いだしました。
    貯めるとアイテムに代えてくれる人がいて、そこも火山灰みたい。
    (あれはビューロ『ガラス細工』と交換)

    まだ赤い光の柱には触れるだけで何もチャレンジしてませんが、
    そのうちね、そのうち。
    とりあえず、きのみは欲張らないってことは覚えた。
    (あまり揺らしすぎるとポケモンが落ちてきて、その処理をしている間にきのみが周りのポケモン達に取られてしまうトラップ)





    レベル20の壁
    ワイルドリアで探索中、ゴーストポケモンの出る地域まで行くとさすがに強いポケモン
    (20超え)ばかりで出したので、そろそろこのへんか…と探索を打ち止めることに。

    というのも手持ちのみんなのレベルが20になった。
    パチカス 20
    メソメソ 20

    ケムリクサ 19

    これくらいになると懸念されるのが手持ちのバッチが0ということ…。
    つまり言うことを聞いてくれなくなるめう!!
    これはマズイ!遊びすぎた!
    ということで、そろそろおとなしく先に進むことに。
    バイバイ、バタフリー。
    バイバイ、ワイルドエリア
    バッチ手に入れてからまた来るよ…。







    ジムチャレンジ
    ジムを回る推薦状を携えてワイルドシティに。
    ジムチャレンジの開会式が明日行われるということで、ポップと共にエントリーしに行きます。
    ポップよ…待たせてスマン。
    ワイルドエリア、楽しかった。

    エントリーするにも曲者揃いの予感…。
    こいつらとも、いつか戦うんだろうなあ。

    背番号は25にしました!!
    25!新井さん!!

    誠也の1番でもよかったんですが、それだとすごく他の人の被りそうだったので
    というか他の人なんていないけど!!!ぼっちだけど!!
    だから25にしました。
    51だと小園くんだからね。






    スボミーイン = ズーミーイン??


    ジムチャレンジにエントリーした人は、スボミーインというホテルに宿泊出来るそう。
    わあい、ホテル大好き!

    思えばこのシリーズ、必ずどこかに泊まったり、一夜明かしたりとか
    こう、日をまたぐ描写がありますね。
    ポケモン世界でホテルに泊まるとか新鮮だなあ。
    
    いつも、主人公いつ寝てる?って感じだったし。

    名前がスボミーインというだけあって、受付にはスボミーががががががgg…

    ふぁあああ!!スボミーかわいいい!!!
    ちょこんって、ちょこんて受付の上に乗ってるうううううう!!!

    うわああああああああ、可愛いいいいいいいい!!!
    なんだこの可愛い生物は!!!!!

    あああああああああああ!!!

    正直エール団とか知らないし、目に入らないんだが。
    受付の上のスボミー可愛いよおお!!!

    ワイルドエリアもう少し回ったらスボミー出たかな。
    多分出ただろうな、ロゼリアうろついてたし。
    あああああ、スボミー可愛い!!!

    ということで、エール団を倒します。
    ホテルのチェックインができないので。
    サクッと。
    レベル上げすぎたので、パチカスメソメソがあと1レべで言うことを聞いてくれなくなります。
    これはケムリクサ頼みですね。
    でも仕様上、みんなに経験値振り分けられるからマズイ。
    自粛しないと!もしくは早くバッチを手に入れないと!

    ということで、エール団はなにやら過激な応援団だということが判明。
    大地を増やすとか海を増やすとか言い出す自然破壊軍団やプラズーマとか意味不明はことを言う電波野郎共ではないようでなにより。
    とあるジムチャレンジ少女の応援団でした。
    きっと長い付き合いになるでしょう。エール団。

    ということで、今日はスボミーインに宿泊。
    明日はジムチャレンジの開会式?ですな。
    というところで今回はここまで。

    果たして次回、ジム戦は出来るのか?
    パチカスメソメソはトレーナーの言うことを聞いてくれるだろうか?
    …待て次回!





    タイトルは『ケムリクサ』より
    ~ゆうゆ feat.ケムリクサ - INDETERMINATE UNIVERSE~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。