「猟師になる」その9 狩猟の種類編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「猟師になる」その9 狩猟の種類編

2015-08-23 07:20
    まいどTAROでございます

    ここでは狩猟の種類についてざっと説明します。

    狩猟は狩猟期間中に限られるわけですが、その他にも害獣駆除やら個体数調整やら細かく分けると色々あります。
    とりあえず関係あるとこを表にしてみました。



    ここで猟銃の許可証を見てください。
    「所持目的」という欄がありますが、ここに書いてある言葉に注目です。



    とりあえず一般的な猟銃の所持目的は「標的射撃」「害獣駆除」「狩猟」という3つです。
    最初は「標的射撃」という目的で所持許可を申請するのですが、狩猟のためにはここの目的欄に「狩猟」という言葉を足してもらわなければなりません。(所持許可申請時に狩猟免許があれば最初から同時にハンコおしてもらえることもあるようです)

    ここの目的欄に「狩猟」と書いてなければ、いくら狩猟免許持ってても銃刀法違反でございます、忘れずに目的欄に追加しといてください(´・ω・`)ショボーン

    火薬の譲受許可証にも目的欄があって、ここにもハンコが必要です。



    標的射撃用の譲受許可で買った弾は狩猟に使えませんし、また狩猟用の弾は射撃に使えません。



    狩猟と有害鳥獣駆除の残弾は射撃場で消費することが可能ですが、射撃場では使用していい装弾が指定されています。トラップなら7.5号以上、スキートなら9号以上が普通ですので、狩猟用装弾の3号とかBBバックショット、スラッグなどは使用できません。(スラッグはライフル射撃場で使用できます)

    そこで射撃場では公安委員会に許可を出してもらい、指定号数以上の装弾を使用できる日を作って消費出来るようにします。それが猟友会主催の射撃大会で、皆そこで残弾処理をする慣例になってます。

    所持許可が下りれば「標的射撃」は当然できます。ところが狩猟免許を持ってないと目的欄に「狩猟」と追加してもらえませんし、「有害鳥獣駆除」の許可が自治体•市町村から降りてないと当然「駆除」の追加もしてもらえません。



    と、ひと通りザーっと説明してきましたが、法令関係や猟期に関する条例なんかは毎年更新されると思って間違いないです。
    知りませんでしたでは通らないこの世界、最新の情報に注意する必要があります。

    次回••••

    何に続こうか••••(´・ω・`)ショボーン

    なんかあります??(笑

    クレー射撃の競技の種類とかいってみますか??




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。