ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

飛行機の遅延とパリとユーロスター その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

飛行機の遅延とパリとユーロスター その3

2017-09-21 19:00
  • 1
昨日の続き。

リヨンからロンドンに帰る途中におきた、Miss Connecting Flight略してミスコン。
運行会社のエールフランスから紹介されたホテルは…

一泊60ユーロぐらいの安宿でしたorz

まぁ、想像はしてたけど。
名前もB&B=Bed and Brealfastで簡易ホテルの意味だし。

タクシーを利用したおかげで、カウンターには他にお客さんがおらず、すんなりチェックインできたのは良かったのですが、
翌朝、7時13分のユーロスターに乗るには、5時15分の空港シャトルバスに乗り、6時頃空港を出るRER B線に乗ってパリ北駅にいく必要がありそう…。
しかも、この日はちょっとやることがあったので、ほぼ徹夜でしたorz


無事、寝過ごすこともなく2時間ほど仮眠をして5時に起床。
空港シャトルバスは朝が早いにもかかわらず超満員でした。
そして、空港駅からRER B線に乗ったのですが、このRER B線、シャルル・ド・ゴール空港とパリ市内を早く安く接続する交通手段にもかかわらず、旅行ガイドでは推奨されていません。
その理由がこちら…

窓をよく見ると落書き的なひっかき傷


おんぼろなシート

これは旧タイプ車両だと思いますが、要するに車両に落書きされるほど、治安の悪い客がいる地域を通るのです。
少なくとも、夜は避けた方が良いと思います。
今回は通勤のためか、一時期車内の9割ぐらいが黒人さんでしたが、皆さん普通の方でした。
さすがに早朝でしたし。
パリの地下鉄は結構変な目つきの人やスリが多いので気をつけてください。
この路線では旅行者が荷物の略奪似合う話もしばしば聞かれます。

で、6時25分にパリ北駅に到着するも、ユーロスターの乗り場がわからない…。
あちこちで人に聞いたところ、「Grande Ligne(グランド・リーニュ)」(=Grand Line)の表示がある場所が長距離便の乗り場で、ユーロスターもそこにあるらしい。

そんなんわかるかーーーー!!!素直にEurostarマーク入れといてよおおおお!!

と、思いつつ、自動券売機で予約していたチケットを受け取ろうとするも、受取方がわからない。試行錯誤の結果、
・使用したクレカを利用して引き取る→クレカエラーでダメ
・予約コードで引き取る→名前を入れてください→姓名両方入れるとダメ
・予約コードで引き取る→名前を入れてください→姓のみ入れる→クレカ認証→成功!

そんなんわかるかーーーー!!!(2回目)
ユーロスターのHPには予約コードとクレカがあればすぐにゲットできるぜ!ぐらいの説明しかなかったよ!!!

しかも、券売機をいじってると、すぐに紙コップに小銭を入れた目つきの怪しい人がMoney、Moneyいいながら物乞いにやってくる…。
2カ所の券売機でチャレンジしたら、2カ所とも来ましたよ(涙


パリ北駅の様子。
パリは治安が結構悪くて、修羅の国だと思うのですが、見た目だけはものすごく華やかなんですよね。
このギャップのせいで、どうしてもパリは微妙なイメージを持ってしまうんですよね。
ちなみにロンドンで券売機をいじってて、物乞いがやってきたことは1度もないです。


さて、チケットを手にした時点で6時40分。出発約30分前です。
急いでエスカレーターにのってユーロスター乗り場へ向かうと、なんと、そこには長蛇の列!!!!

ユーロスターは乗車前に「フランスの出国審査」と「イギリスの入国審査」の両方を受けて、乗り込みます。
その出入国審査の待機列でした…。

ひょっとして一人、遅く来すぎたか!?と焦って周りのお客さんに聞くも、みんな同じ電車だというので、とりあえず安心して列に並び始めたのですが…結局、自分の10人前ぐらいの位置で
「ここから後ろの人は電車には乗れない。後続便に振り返るから審査を抜けたらサービスカウンターに来るように」
とのアナウンスがあり終了…。
おそらく数十人~ヘタしたら100人以上がおいて行かれてしまいましたorz

自分の前にいた黒人家族なんて、お母さんがフランス語で係員に激烈に怒鳴ってるし、超カオスでした。係員も応酬してて、さすがフランスって感じでしたが。

結局、7時44分ぐらいの電車に振り返られたわけですが、この電車は乗車を間違えた客がいる、とかで出発が8時になりましたorz
どうせなら前の電車が15分遅れてれば間に合ったのに…。

ネットの情報では、イギリスの入国審査が厳しくてヤバイ、との情報が多いのですが、今回はそちらはさほど並んでおらず、フランス側の方が遅かったような気がします。
自分は3秒で通れたので、気のせいかもしれませんが。
ひょっとしたら、ヨーロッパの審査強化が影響しているのかもしれません。
いずれにしても、確実に乗りたいのであれば、1時間前ぐらいに到着していた方が良さそうですが、乗れなくても一応は大丈夫なようです。
あまりに遅いとダメな気がしますけど。


ということで、結局、ロンドンに到着したのは定刻15分遅れの9時15分。
散々な旅行でした。
(時差が1時間あるので所要時間は2時間15分程度です)

******************
投稿動画もよろしくお願いします!

広告
×
>>1
自分は割と楽天的というか、うまくいったらラッキーぐらいの緩い思考なので、もうだいぶ笑って話せる程度になってますけど、厳しい人はトラウマになりかねない事件でしたね・・・。
ユーロスターは混んでる時間帯だと1時間前についていたほうが安心なようです。
ビジネスプレミアムは確かにチェックインも早いし、ご飯もついてるんですけど、2時間ちょっとの路線ですし、もともと座席が悪くないので、躊躇しちゃうんですよねぇ。
46ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。