ポテトチップス再び
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポテトチップス再び

2017-11-10 19:00
  • 14
以前、非常に大きな反響をいただいたイギリスのポテトチップス。
おかげさまで、このブログを始めて最大の閲覧数になっています。

さすがにあれだけ見ていただいたので、食べないわけにはいかないな、と思って買ってきました。
改めてパッケージを…。

見事な牛女です。

味は和牛ビーフ&ハニーマスタード。


ラグジュリアス(高級)手作り英国スナックとかいてあるだけあって1袋約2.5ポンド(約400円)の高級品です。量は多いけど。

感想はといいますと…、意外と辛い!
ハニーマスタードはハニーが強いのでは?というコメントをいただいていたのですが、こちらはマスタードが強く、ハニーの味はほとんどしませんでした。
そして、牛脂の匂いが強い、確かに和牛っぽいビーフ。辛み+ビーフで日本でいうワサビーフに近いのかもしれません(ワサビーフ食べたことないんだけど)。

しかし!このポテトチップス、塩辛くない…。
イギリスでは減塩指向が強いんですが、ポテトチップスで塩気をあまり感じないまでに減塩するのはいかがなものか…。


さて、牛女以外のポテトチップスも買ってみました。

こちらは、同じ会社のトリュフ&ローズマリー。
正気を疑うようなパッケージはこちらも健在です。

感想は…いや、おいしいんだけど、十分おいしいんだけど、もう少し塩気を………。
うーん。これ、酒のつまみにもできないんじゃなかろうか。


ということで、やはりここはTyrrellsのポテトチップスしかない。


限定版のブラックトリュフ&海塩。
コレはかなり旨い!塩気もしっかり。トリュフのコク?というか、味も良い感じ。
やっぱり自分はTyrrellsが一番好きです。

ところで、ものすごくどうでもいいんですけど、少し高いポテトチップスって大体「hand-cooked」って書いてあるんですけど、何が手作りなんでしょうか…。
いちいち芋を手でスライスなんてしてられないでしょうし、揚げるも手でやろうが機械がやろうが一緒でしょうし、むしろ機械の方が正確でおいしいモノができそうな気がするんですが…。

******************
投稿動画もよろしくお願いします!
広告
他4件のコメントを表示
×
袋だけじゃなく中身も見せろよ
まじ無能
22ヶ月前
×
>>4
ポテチの中身なんてそうそう違うもんじゃないし、
投稿しなくても無能とまではいえないんじゃなかろーか。
22ヶ月前
×
中身も大事なんだよなぁ、中身も見たい人もいると思うし
22ヶ月前
×
パッケージのキャッチーな雑コラ感割と好きだし逆に日本で増えてほしいと思った
我儘を言えば食感とか香りとか詳細に書いてほしかった。大差ないから省いてるのかな
22ヶ月前
×
>>5
見せたら見せたで「撮り方が下手。無能」とか言いそう
22ヶ月前
×
芋すらも英国面
22ヶ月前
×
ブラックトリュフのパッケが映画のポスターみたいだ。海外のポテチはいつ見ても袋一杯に入ってて羨ましく感じる
22ヶ月前
×
限定版トリュフはおいくらなの?
22ヶ月前
×
ブラックトリュフはおいしそうだね。塩気足りないのは物足りないかな、やっぱり
22ヶ月前
×
コメントありがとうございます。
中身はぶっちゃけ、日本と大差ありません…。厚さはカルビーのポテトチップスとア・ラ・ポテトの中間ぐらいでしょうか。
今度買ったら撮影しておきます。

Tyrrellsのブラックトリュフは他のシリーズと同じ値段で、1袋2ポンド(300円程度)でしたが、定期的に半額キャンペーンを見かけますので、お店によって差があると思います。
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。