Liège(リエージュ)で強盗にあった話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Liège(リエージュ)で強盗にあった話

2018-05-03 19:00
  • 7
前回、前々回のブロマガ記事をご覧いただいた皆様の中に、掲載写真がイマイチだな~と思われた方もいるかもしれません。
今回はいろいろと失ったモノが多い旅行でした…。

旅行初日のリエージュ、午後6時半過ぎ頃に市内中心部に近い駅に隣接する道路を歩いている時でした。
その道路には特に扉もついていない地下道があって、線路をくぐって対岸の道路にでることができるようでした。
自分は、その地下道から人が出てきたのが見えたので、普通に利用できるもんだと思い、対岸にいこうと地下道に入ったのですが…10~15mほど歩いただけで、明らかにおかしい雰囲気を感じました。
ほぼ真っ暗だし、人が3人ほど何か落としたのか地面を捜していたのですが、彼らの手にはシリンジが…。
それをみた瞬間、あ、ヤバイ…と、即座に地下道の入り口にダッシュで戻ったのですが、時既に遅く、地下道の入り口から不審な男が2人。
うち1人がフランス語で何やら話しながら近づいてきて、いきなり体当たりをしかけ、押し合いの後にベルトに付けていたカメラを奪っていきました。

相手は油断してたのか即座に逃げなかったので、初日にカメラを持って行かれてはたまらん!と、男に向かっていったところ、カメラはなんとか取り戻せたのですが、今度はまた体当たりとともにジャケットに手を突っ込んできて、ケータイを盗られ…(´・ω・`)

今度は相手もさっさと逃げ出してしまい、リュックを背負ってスーパーの買い物袋を持った自分が追いつけるハズもなく、差がドンドン開いてしまいました。
この辺で少し冷静さが戻ってきて、
「まだ明るい時間だし市街地に近いんだから、叫べばええやん!」と思い、
とりあえず大声で叫びながら追っかけたところ、近くを通った車に乗ってたおっちゃんが、車から降りて猛然と盗人を追いかけて、捕まえてくれたのでした。

しかし、残念ながらケータイはボクが見えてなかったタイミングで、もう一人の仲間に渡してしまっていたようで、いろいろ探るも出てこず。
ただ、このときはこの盗人が持ってないという確信もなかったし、とにかく助けてくれたおっちゃんに警察を呼んでもらうようにお願いしました。
その途端にまぁ、盗人の態度が豹変して、止めてくれ!!みたいな感じになったのですが、どうやら案の定、不法滞在移民だったようですね…。

おっちゃんの方も、警察呼んでしょっ引かれたら、彼の強制退去費用は税金から出るんだよな~みたいな感じで少し乗り気じゃなかったのですが、そんなことは無関係な自分としては、とにかく警察を呼んでほしかったし、そうやってる間に盗人が脱走しようとしたりしたので、おっちゃんも警察に電話してくれました。
しばらくして警察が来て、手錠がかけられ男は連行。
恩人のおっちゃんの事情聴取がその場であり、おっちゃんは帰宅。
ええ人やった…。
自分は事情聴取のために警察にいくことになりました。

警官はボクの稚拙な英語は理解できているようでしたが、おそらく規則もあるのでしょう、通訳を手配するとのことで、警察で持ってる通訳リストを片手に電話をはじめました。
が…時刻はちょうど20時ちょっと前。夕飯時のタイミングで、誰も引き受けてくれません…。
そもそも電話に出ない人が多いし、出ても、通訳はもう引退した等で日仏通訳は早々に全滅。
英仏通訳リストにうつるもやはり電話に出ない、体調が悪い、ご飯食べたいetcで、ようやく62人目にして親切な人が引き受けてくれたのでした。
時刻も21時回ってたので、夕飯を食べ終わったからかもしれませんが^^;

結局、22時から事情聴取がスタート。
通訳さんが入ると実際にしゃべってる時間の2倍以上、時間がかかるので終わったのは24時すぎ…。
警察官が、ホテルまで帰れる?って聞いてきたのですが、もちろん帰れるわけがなく、警察に送ってもらいました^^;

ということで、なかなかヘヴィなリエージュ初日でした。
ちなみにこのとき無事に救出したはずのカメラも、オランダで盗られてしまい、結果論でいえばターゲットにされたモノを最後まで守り切ることはできませんでしたorz
そういうわけで、この旅行記の写真は画質も悪く数が少なくなっております(´・ω・`)

それにしても、本当にあの地下道は怖かったです。
お店が建ち並ぶ広場のすぐ近くだし、そっちの広場には警官もいるのに、なんでこの地下道にいるヤツらをしょっ引かないんだよ!!!と、思ってしまいますね^^;
そもそも駅の設備っぽい雰囲気だったし…。

ただ、よくそういった目で見てみると、
・地下道と別に少し離れたところ陸橋があり、基本的にみんなそっちを使ってる
 (最初に見かけた地下道の利用者は柄の悪い人だったんでしょうね)
・店のガラスがたまに割れている
 (一見、そういうデザインに見える割れ方だった…)
と、実はめちゃくちゃ治安が悪いサインはあったので、まぁ、1/10ぐらいは不用心だった自分も悪いんやな、と、ちょっぴり反省したのでした。
「ベルギーの治安」と一緒くたには語るのは不適切かと思いますが、少なくともベルギー南部のフランス語圏は経済的に北部よりイマイチなので用心が必要なようです。

今回良かったのは、財布はカバンに入れていて無事だったことと、相手が丸腰だったことです。ケータイもカメラも買い直しが効きますけど、カードがなくなったらどうしようもなかったですし。
地下道から即回れ右したのも、奥に行ってから襲われるより、よっぽど良かったと思ってます。

皆さんも、ほんとお気を付けください。

******************
インスタはじめました

https://www.instagram.com/triptarovisor/

投稿動画もよろしくお願いします!


広告
×
大変でしたね。ケータイ、あのカッコイイケースごともってかれちゃったってことでしょうか。しかもカメラまで。でもご本人が無事なのがなにより。それでも旅続行、というのもヒトとしてなかなかのしぶとさを感じます(褒めてる
18ヶ月前
×
ひぇぇ!そんな事があったのですね!ベルギーに5年住んでましたが、ちらほら空き巣やひったくりの話を聞いていましたが旅行でそんな目に合うとはビックリです(+_+)怖いですね。でも、命が一番大事ですから、何を失ってもとにかく無事で良かったです。本当に。(カメラを盗られると思い出まで消えてしまうのでそこはすごく悔しいですけど)買えるものはいくらでも替えがききますし、私たちは恵まれた国に生まれて良かったと思って、嫌な事はさっさと忘れて、また違う良いところに旅行に行ってください^^(逆に考えるんだ・・・あげてもいいじゃないかと・・)
18ヶ月前
×
>>1
ケースごとですね(´・ω・`)
でも、今度もXperiaにするので、日本で発売すれば、あのケースも新しいのを発売してくれると信じてます!
(商品開発に時間がかかるみたいなんですけどね…)
帰ろうかとも思いましたけど、さすがに初日だし、片道のユーロスター買うと超高いし、とりあえずお金が無事だったので続行することにしました^^;

>>2
ほんと、びっくりでした(´・ω・`)
あげてもいいや、とまでは達観できませんが(笑)、とりあえずお金で解決できるうちは、まぁいっか…と、悔やんでもしょうがないので気分を切り替えるようにしてます…けど、未だにあの地下道の雰囲気を思い出すと怖いですね^^;
18ヶ月前
×
EUになってからうんぬんかんぬんって話は良く聞きますね。フランスに定期的に行っていた人も犯罪に巻き込まれそうになったと言っていました。地下鉄から出るときに怪しい人2人がエスカレーターで前後で挟んできたそうです。ですがその時に挟んできた人に向かって「おいっ変なことするなよ。」って言ったら逃げてったそうですが。
東ヨーロッパの人が来た時に治安が悪くなったと言っていましたが、最近では中東アジアやアフリカからの移民でさらに治安が悪くなっているようです。
とにかくまともな警察と人に出会えてよかったですね。ヨーロッパでも場所によると警察もグルだったりするので。イギリスはまだ治安がいいですね。
面白い記事でした。旅先の幸運を祈ります!
18ヶ月前
×
カメラは残念でしたね。でもおっちゃんと協力しての犯人逮捕はお見事です。リエージュの場合はEUになってからではなく鉄鋼産業の崩壊で失業率や治安が相当悪化したようです。町によっては危険な地区もあるので事前に治安情報を調べておいたほうがよいかもしれません。くれぐれもお気をつけて。
18ヶ月前
×
去年ベルギー・オランダ旅行で訪れた際にリエージュにも短時間滞在したので懐かしさを感じつつ読んでいましたが、まさかあの町で日中強盗が出るとは驚きました。自分の時はそのような危険がなくのんきに観光していたので自分の認識が以下に甘かったかを感じながら記事を読んでいました。リエージュという言葉に惹かれて面白い記事を読ませていただきました。これからのたびの安全を願っています。
18ヶ月前
×
コメントありがとうございます。
>>4
東欧はなんだかんだで経済発展してきているので、やはり今は中東や北アフリカの人たちの中に危ない人たちが混ざってることが多いようですねぇ。
イギリスも警察予算を減らしてしまったために以前よりは治安が悪化しているようで困ったモノです…。
(逆に言うと、警察予算さえシッカリしてれば大丈夫という考えもありますが)
ご指摘のように、特に現地で優しい人がいたのは本当に心の支えになりました;;

>>5
実際の所90%ぐらいおっちゃんのお手柄だったのですが、本当にありがたかったです。やはり経済情勢と治安はかなり密接に関係してますね。前知識はあったものの、第一印象はそれほどヒドイ感じがしなかったので油断しちゃってましたねぇ。道一本違うだけで大幅に状況が変わりますし…。

>>6
自分も大きな教会の周辺は平和な感じでしたし、最初に歩いた時は言われるほどヒドくないじゃーんって思ってたんですが、それが良くなかったようです(笑
それなりに街も頑張っていて、変なヤツを一定の場所に押し込めることはできているようなので、地雷を踏み抜かなければ大丈夫だと思います。が、地雷がどこなのかが意外とわからないんですよねぇ(笑
アンテナ感度をなるべく上げて気をつけようと思います。
18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。