ドイツ、Aachener Dom(アーヘン大聖堂)へ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドイツ、Aachener Dom(アーヘン大聖堂)へ

2018-05-04 19:00
  • 2
リエージュで残念な事件があったのですが、気を取り直して(本当は1~2日ぐらい、思い出し怖さを感じることもあったのですが…)、次の目的地、ドイツのアーヘンへいきました。
リエージュでは他にも博物館や小さな教会にいったものの、写真もないですし、絶対に行くべき!ってほどでもないので割愛します…。
古い邸宅を改築した博物館はよかったかな~写真ないけど;;

で、アーヘンにはリエージュの中心駅ギマン駅からICEで30分ほどで到着します。
この街は古くから温泉保養地として栄えた街でして、さらに歴代ローマ皇帝の戴冠式が執り行われたアーヘン大聖堂を持つ有名な観光地です。
観光地だけあり街の雰囲気もとても穏やかで、緊張が少しほぐれてありがたかったです^^;

ここのMediaMarktという家電屋で120ユーロほどのケータイを購入し、プリペイドのSIMカードも入手し、とりあえずの連絡手段を確保したのでした。
やっぱり先進国はお金があればなんとかなるのでありがたいです。

で、こちらがその世界遺産にもなっているアーヘン大聖堂。


なかなか立派なたたずまいです。
外壁の彫刻もいい感じ。


早速中に入ってみます。

中に入ると、いきなり吹き抜けのドームがあり、上から見ると十字型をしている、いわゆる教会建築とは違った形になっていてちょっと驚きます。

こちらがドームを下からのぞいたところ。
天井までしっかりと装飾があり、シャンデリアと重なってなかなか幻想的でした。


上の階の装飾もすごいから、入れたら良かったのになぁ…。


奥の内陣(祭壇の向こう側)は、残念ながら立ち入り禁止です。
手前から頑張って手を伸ばして写真をとります^^;

暗いんで手ぶれしてますね(´・ω・`)

写真ではわかりにくいですが、めちゃくちゃ背の高い窓にステンドグラスがはまっていて、上からつるされた聖母子像がなかなか良い雰囲気を醸し出しています…が、ご覧の通りこのステンドグラス、大半が謎のモザイクなんですよね…。

アーヘンは第二次世界大戦でアメリカ軍の攻撃を受けたそうなんですが、うーん。
どうせ修復するなら、元のコンセプトに近いモノにすれば良かったのに…。
っていうか、元とずいぶんかけ離れた修復になってるけど、世界遺産登録には影響しないのね…。(まぁ、ガラスはどこも壊れてるので仕方ないとは言え)
と、若干微妙な気分になりました…。

このステンドグラスはパリのサントシャペルを参考に作られたそうで、確かに雰囲気は近いモノはありますけど、どうなのかな…。テーマが違いすぎてちょっと比較しづらい所です。
(こちらはパリのサントシャペル)


ということで、外観よし、内装よし、周辺の雰囲気や街の治安もよし、で大変オススメできる教会はあるものの、もうあと一歩何かが足りない感もある感じでした。

レベル8
10:最高傑作 見所しかない
9:見所豊富でかなり満足度高い
8:見て感動できるモノがある上に、全体的な完成度も高い
7:何が、というわけではないが全体的な完成度が高い
6:見て感動できるモノはあるが、全体的には特に…。
5:悪くはないが特に…。
4:来て後悔はしてないけど、特に見所はない
3:来て後悔(無料)
2:来て後悔(しかも有料)
1:評価不能(廃墟etc)

******************
インスタはじめました

https://www.instagram.com/triptarovisor/

投稿動画もよろしくお願いします!


広告
×
あぁ綺麗だ・・・。
テレビやカラー写真がない時代にこんなものを見れば、神の存在を疑いはしなかっただろう。
17ヶ月前
×
>>1
本当に宗教系の施設は信仰心を集めるための総合芸術だと思っているので、毎回扉を開けるときのワクワク感がたまりません(笑
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。