イギリスの野菜と果物のひみつ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イギリスの野菜と果物のひみつ

2018-09-17 19:00
  • 4
正確にはイギリスというよりはEU圏の話なのですが。

イギリスで新しく生活を始めた日本人の多くが、イギリスの野菜や果物がおいしくて安いことに驚きます。自分も結構びっくりしました。
もちろん、方向性が日本と違うモノもあるんですけど、例えばブドウは1房1ポンドとか2ポンドぐらいで、めちゃくちゃ甘いですし、ジャガイモも日本より種類が豊富で安いです。
トマトも味が濃いし、アスパラガスなんて日本では特段魅力的でもなんでもなかったのに、こっちでは買いたい!と思わせるおいしさがあります。
正直に言って、日本の方がおいしいと思える農作物は米ぐらいなもんです。

コレ、原因は日欧の農業環境と政策の違いにあります。(たぶん)
日本は国内の農家を保護するため、輸入される農作物に対して一定の関税がかかっています。
海外の農作物を輸入する際には一定のお金が追加でかかるため、その分、商品の価格も上がってしまう、というヤツです。
それに対して、EUは域内の輸出入に関して、一切の関税がかかりません。
そのため、トマトがほしければスペインから輸入し、ホワイトアスパラガスがほしければフランスから輸入し、ブドウがほしければイタリアやスペインから輸入し…、ということが簡単にできて、それぞれの農作物が最適な場所から輸入されます。
各国の農家もEU圏内全体という広い市場で勝負しなくてはならないので、競争力が必要になり、おいしい農作物を作るプレッシャーが強くなっています。
もちろん、遠方になれば輸送費はかかるので、そんなに簡単な話ではないと思いますが。

さらに、EUは農作物の域外からの輸入に対して、共通の関税を設定しているのですが、旧植民地国に対しては一定の枠を設けて優先的に農作物を輸入しています。(一定の支配権を確保しているともいう)
そのため、これらの国から安くて質の良い農作物が多く輸入されています。
例えばイギリスはエジプトの宗主国だったので、エジプト産のブドウをとてもよく見ますし、EU域内輸送に関税がかからないということは、ポルトガルが旧植民地から輸入したブロッコリーがUKにやってくる、なんてことも普通にあります。
(逆にそのために加盟国間でもめたりもするのですが。例としてはバナナが有名で、バナナ産出国のスペイン等と非生産国だが旧植民地で作られる英国等と、植民地でも作れないけど国内需要が高いドイツ等でドロドロの争いがあったとか…。)
参考:http://eu-info.jp/r/banana.html

そうなると、域内の農家が価格競争に晒されてしまい、苦しくなるように思えるのですが、そうならないよう、農家に補助金を出しています。
これは現在のEU予算の約36%を占めており、年間550億ユーロ(7.2兆円程度)が農業政策に割り当てられ、その7~8割が農家への直接払いに費やされています。
つまり、イギリスのような農業を捨てている国にとって、このお金はEUに払いっぱなしになる一方で、スペインやフランスなどの農業国家にとっては、拠出額以上のお金が戻ってくることになります。
その辺もイギリスにとっては少し不満があったようです(最もイギリスはこれらを踏まえた、British rebateという拠出金減額制度をEUに作らせたり、そもそもの金額がイギリス国家予算7700億ポンドに比べると小さいのですが)。

欧州の状況を見ていると、発展途上国からの輸入=作物の信頼性が低いとは言いがたいと思います。
とはいえ、欧州の場合は植民地と宗主国の関係上、歴史的に現地農作物を宗主国が管理してきた経緯があり、ある程度の品質管理体制が確保されているとも考えられます。(顕著な例がチョコレートで、欧州のチョコレートがおいしいのは現地に太いパイプを持っているからです)
日本の場合、農作物を輸入するとなると地理的にアジアがメインになると思いますが、植民地支配をしてきたわけではないので、新たな品質管理体制の構築が必要になるかもしれません。
また、気候的に西洋野菜が作れるわけでもないので、せいぜい果物の品質上昇と価格低下が見込めるぐらいかもです。
ただ、これからドンドン農業人口も含めて人口が減少してしまうことを考えると、国内生産すべき作物を絞って、海外に信頼できる生産先を確保する、という方向性もあるのかなぁ~と、ぼんやり考えてしまいました。
広告
×
過去の植民地と貿易圏を構築して関税を安くする政策、確かにイギリスにはありましたねぇ。
一見するとイギリスが不利になるんじゃないの?とか植民地支配の続きか。みたいに言われるんですが、
実際は経済力がない国の支援と、生産力がある国で原材料を安く仕入れるための方法ですよね。
日本もEUとEPAを締結するみたいでEUの安い食品が入ってきそうですね。安価な農産物は日本ではどうなんですかね。
正直イギリスもそうかもしれないんですが国土面積や耕地面積が低い国家ですと、他国との競争力が無いと言っても過言ではないんですよねぇ。
日本は特に不利で海外から安価な労働力もないですし、オランダのような高効率農業をしようにもそういう施設は災害に弱い。
オランダ式の背が高い鉄骨ハウスを作ったとしても台風の被害がばかになりません。
去年の東北に上陸した台風の影響で仙台にドーム型の室内栽培型植物工場があったのですが半壊して再開を断念しました。北海道の震度7の地震でも植物工場や畜産施設に影響があり。停電で搾乳装置が使えなかった地域では牛が乳しぼりが出来ないことやストレスで乳房炎を発症して死亡することも相次ぎました。
また日本は地形も農業生産に向いていませんね。。。ドイツは7割の地域が居住地面積ですが、日本は3割程度しかないそうです。つまり、居住に向かない面積はほぼ農地にも向きません。いま耕作放棄地が相次いでますが、そこはほとんどが中山間地でもともと農地に向かない土地です。
よく日本で競争力がある作物を作る等と言っていますが。その高品質なものが災害に遭う確率が高く。また企業化してブランドを構築しようにも規模が小さくて恐らく海外資本に買収されることもやむなしですね・・・。
一応野菜工場のノウハウはどんどん日本でも積み上がってきていますが、電気代や資材が高い日本でどこまでやれるのでしょうかねぇ・・・。
日本では今結構見切り発車で貿易圏拡大してますが、それが吉と出るのか今日と出るのか。気になりますね。
12ヶ月前
×
>>1
EUの対外関税は加盟国全て統一のハズなので、関税を特定の国同士で調整するというよりは、調達先を調整するというような感じだったような気がします…が、十分に把握はできていません^^;
ご指摘の通り、UKは競争力がないのでほぼ完全に農業を諦めてる印象ですね。ごく一部の季節物や葉物野菜、イチゴ、ジャガイモなどを除いて輸入すればええやん、の精神かと思います。
UKの場合は旧植民地やEUという比較的信頼できる輸入元があるので自国農業を捨てても大して困らない、ため、日本とは事情が異なりますが、日本が安全保障上の理由で食糧自給率にこだわるのは、ちょっと時代に合わない気もします。
そもそも現実問題として日本の食糧自給率は既に低いのですから、無理して農業にそぐわない土地でがんばるよりは、信頼できる輸入態勢を整える方が、最終的に消費者のためになる、かもしれないですね。
EUとのEPAについては、距離と人件費の問題がありますので、農作物についてはそれほど大きな影響はないような気もしますが、どうなるんでしょうねー。(そもそも農作物はEPAといっても多少は例外が残るでしょうし)
12ヶ月前
×
まあ、日本料理と欧州の料理で、食べられる野菜が違うし、一人当たりの消費量も違う(日本人は食べなさ過ぎ、らしい)、というのも大きいかな?と。
日本はジャガイモの品種が少ない分、米の味にこだわる、と聞いてる。
12ヶ月前
×
>>3
料理単独でみると特段欧州の野菜が多い気がしませんけど、日本の方が野菜の消費量が少ないんですかね?
まぁ、料理の量そのものが多いので絶対量としては多いのかもしれませんが…。
それか、ジャガイモが野菜枠になってるとか?統計の元を洗ってみてもおもしろいかもしれません。
各国こだわりが違うのは事実ですが、日本の野菜は総じて値段が高い気がします。
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。