• 「しんかい6500」コクピット見学ツアーに参加してみた

    2014-04-27 15:09



    深海底への潜水調査船である「しんかい6500」の全長は9.7メートル、重量は26.7トンであり、名前の6500は水深6500メートルまで潜れることに由来している。「しんかい6500」は年間200日前後を研究調査のために外洋で過ごし、残りの期間は点検整備の陸揚げ等にあてられる。「しんかい6500」を保有するJAMSTEC(海洋研究開発機構)の横須賀本部の一般公開でも展示されるのみである。

    その「しんかい6500」がニコニコ超会議3のために幕張メッセに展示され、さらに「しんかい6500」のコクピット(耐圧殻)への限定見学ツアーに今回は参加させていただけるという貴重な体験をすることができた。

    「し んかい6500」のコクピット(耐圧殻)の内側の直径(内径)はわずかに2メートルである。実際にJAMSTECの担当者1名と共にユーザー記者2名(30代男性2名)がコクピットに乗り込んでみたところ、以下の動画の通り、コクピットの中では手足を伸ばすことはできず、自由に身動きをとることもままならない。



    この2メートルの球体の中に操船機器や調査機器の一部が設置されていて、残ったわずかな空間に通常の調査ではパイロットとコパイロット、研究員の合計3名が乗船することになる。以下の動画の通り、JAMSTECの担当者の方から「しんかい6500」の操舵やロボットアーム(マニピュレータ)を動かすためのコンソールを実際に見せてもらった。



    数分程すると2メートルにも満たない空間にも慣れてきたのだが、残念ながらそこで体験試乗は終了となった。ちなみに、「しんかい6500」と同等の深海有人潜水船は現在は世界にも数隻しかない(「しんかい6500」以外にはアメリカ1隻、フランス1隻、ロシア3隻等)。



    体験試乗の後には実際に支援母船「よこすか」において「しんかい6500」の指揮をとる司令の櫻井利明さんにインタビューをする機会にも恵まれた。「しんかい6500」を運用しているメンバーにとってもこのニコニコ超会議3への参加は前例のない試みであったが、来場者からは予想以上の好評をもって迎えられて大成功だったとのことである。

    JAMSTECは「しんかい6500」という深海有人調査船を使用して東日本大震災に代表される地殻(プレート)の変動、深海熱水源(ブラックスモーカー)における生命の起源調査や海底鉱物資源探査といっ た調査研究を行っている。JAMSTECでは次世代の有人潜水調査船の研究開発も検討しているとのことであり、続報にも期待である。

    <JAMSTECの有人潜水調査船のWEBサイトはこちらです>

  • 広告
  • ニコニコ学会β「第6回シンポジウム」を取材してみた

    2014-04-27 09:08



    ニコニコ超会議3の併催イベントとして開催された第6回シンポジウムについてニコニコ学会βの発起人の一人でもある江渡浩一郎さんは開会前に以下の開催趣旨をSNS上において述べていた。
    「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」SF小説家アーサー・C・クラークによる有名な言葉です。第6回ニコニコ学会βシンポジウムは、そ んな魔法を実現しようとする科学者が集まる楽園です。科学を使って魔法を実現したり、魔法を元に科学を実現したり。そんな不思議な現象を作り出したり、不 思議を解明したりしようとする人が集まります。科学によって実現される魔法の世界をどうぞお楽しみください。
                    (江渡浩一郎 第6回ニコニコ学会βシンポジウム実行委員長)

    そして、開会のオープニングにおいて江渡浩一郎さんは網戸を転用して作成されたアミットスクリーン等を例にして、ニコニコ学会βの活動内容を分かりやすく説明している。



    実際、26日午後部のセッション「科学と魔術」では、マジシャンでもある高橋ヒロキさんによるトリック・ショーが披露された(残念ながら自分はトリックを見破ることはできなかった)。

    次いで、脳科学者の藤井直敬さんによる、ヘッドマウントディスプレイを使用した最新の仮想現実装置のプレゼンが続いた後には、物理学の研究者であると共に人気絵師でもあるJH科学さんが登壇されて、以下の自らの創作活動について解説をするという異例の展開である。



    また、ニコニコ学会βが既存の「学会」におさまらずに、オフラインとオンラインをつなぐユーザー参加型研究を推し進めるというのはニコニコ学会βにも参加しているメンバーによって作成・運営されているSongriumによるVOCALOID楽曲を分析した以下のニコニコ動画にも表れている。



    ニコニコ学会βというのはニコニコ動画関連の団体の中でもきわめてユニークな組織だ。ユーザー参加型の学会を目指しており、幅広い分野から研究者が集まって日本最先端の研究を自発的に行っている。

    ニコニコ学会βは2011年12月6日にニコファーレで行われた第1回シンポジウムにおいて設立された。第1回シンポジウムの様子は今も以下のアーカイブにて視聴することができる。



    さらにはニコニコ学会βは設立時のマニフェストにおいて5年間という期間を区切って活動をすることを宣言している。今回の第6回シンポジウムの実行委員長でもある江渡浩一郎さんによると、設立された2011年から5年後に活動に一区切りをつけて、発展的に組織のあり方を捉えなおすことを予定している、とのことである。

    ニコニコニュース・ライセンス(2014.04.27)

  • ニコニコ超会議運営の「超俺提督の部屋」は艦これ提督の期待に応えられるか?

    2014-04-18 15:06
    先日の超会議3特番の艦これ特集では神に祈っているのか、それともすでに謝っているのか良く分からない運営の伴さんの写真が紹介されました。とりあえず見なかったことにしておきましょう。



    「艦隊これくしょん」は予備知識がなくても安心して遊べることや可愛らしい艦娘(擬人化された軍艦)が登場することもあってリリース1年でゲームユーザー(提督)は190万人に達しようとしています。

    すでにニコニコ静画では御三家の1つになると共にアニメ化やPSVitaへの移植が正式発表されている艦これがニコニコ超会議3では単独でブース出展する以上は否が応にも期待が高まります。

    超会議3特番では「超俺提督の部屋」として「提督の部屋」の徹底再現をはじめ、金剛さんと島風さんのコスプレイヤーの方が登場されて、艦娘の艤装(船装や兵装)の模擬展示にて記念撮影もできることが発表されました。



    外国人コスプレイヤーによるビスマルクさんの登場とか、提督コスプレをした伴さんと記念撮影ができるとかの更なるサプライズ企画をニコニコ超会議3の運営には期待したいところです。

    <艦これコーナーのあるアニメブースの情報はコチラです>

    開発元の角川ゲームスが艦これの2次創作について早い段階で明確なガイドラインを発表したこともあって艦娘のMMDモデルが次々と公開されるようになり、第12回MMD杯では艦これMMDが軒並み上位を席巻したのも記憶に新しいことです。

    最近は八王子PさんのSweet Devilにあわせて踊る夕立さんのMMD動画を見ながら取材準備を進めています。是非、ニコニコ超会議3当日は幕張メッセでお会いしましょう。



    ニコニコニュース・ライセンス(2014.04.18)