アニメティカでのセーブデータ改ざん発見までの流れ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメティカでのセーブデータ改ざん発見までの流れ

2019-09-12 19:07
  • 2
事の発端は2018年7月に投稿された1つの動画でした

それはヴァルキリープロファイルのRTA動画で
新規データのセーブ中にリセットを行いセーブデータを改ざんすることで
デバッグルームに突入してそのままエンディングを呼び出すという内容のものでした

ヴァルキリープロファイル SRAM glitch RTA in 0:31:09

投稿者:もかさん

動画内でも解説されていますが
PS1のメモリーカードではデータを削除しても一部が残っており
完全に初期化状態にすることができないため
新品のメモリーカードでなければこの手法は実践できないという問題点があったのです

挑戦の度に新品のメモリーカードが必要となると
ゲームプレイまでの敷居がとても高いものになってしまいます

この問題点を解消できないかと考え
純正環境でのメモリーカードのデータを完全に消去する方法を探すことにしました

その際、最初に思い浮かんだことは
PS本体のユーティリティ機能と
ソフト内に存在するユーティリティ機能では仕様が異なるかもしれない
・・・そう思って色々なソフトで試してみたのですが結果に差異はありませんでした
※PSソフトにはゲーム内でメモリーカードのセーブデータを管理できるソフトが幾つか存在します
 RPGツクール3以外ではワイルドアームズなどが有名所でしょうか


当てが外れ新たな案が浮かぶこともなかったので
この件はしばらく寝かせることにしました

ここまでが2018年内の出来事だったと記憶しています





それから少し時を経て2019年の初頭、1つの案が浮かびました

メモリーカード1枚15ブロックを全て消費するようなゲームなら
全てを初期化するのは無理でも何ブロックかを00のデータで埋めることができるのでは?
(今考えるとこの時点でかなりアニメティカに近づいていますね)

最初に検証したソフトはシミュレーションRPGツクールでした
エディットデータを無編集の状態でセーブをすれば
何ブロックかは00のデータで埋まるだろう・・・と思っていたのですが
残念ながら予想は外れました
※シミュレーションRPGツクールのエディットデータ=SRPGツクールで制作した自作ゲームデータ

シミュレーションRPGツクールでは
エディットデータが無編集の状態であっても
予め存在してるサンプルデータやその他諸々の情報がセーブされる様で
1ブロック以上、連続で00のデータで埋まるような状態には至りませんでした

しかし、もうちょっと頑張ればなんとかできそう・・・という感覚があり
シミュレーションRPGツクールをもう少し検証をしていく事にしました
エディットデータの中で
一度に改変できそうな部分は無いかと探っていき見つけたのが
5種類だけ自作の顔グラフィックを登録できる顔エディターでした
※顔エディターはシミュレーションRPGツクール版のアニメティカみたいなものです

そして顔エディターを弄ること数分


・・・これを弄るくらいなら
散々遊びつくしたRPGツクール3のアニメティカで良いのでは?

まず思い浮かんだのは
当時遊んだときは無駄に容量が増えるだけであった謎機能
圧縮しないで保存という無圧縮セーブの存在
さらに「タイトルをかく」を選んだ際に使える色数の256色

これなら一番最初の色で塗りつぶして
無圧縮セーブをすれば00で埋めることができるはず

この検証は成功でしたが
すぐにこれはトンデモないことだと気がつきました

特定の位置に好きな色を置くだけで
対応したアドレスに00~FFまでの任意の値を書き込める・・・と




ここまでがアニメティカを使ってセーブデータを改ざんする
という発想に至った一連の流れです
いきなりアニメティカを使おう!という発想になったのではなく
そこに至るまでに色々な経緯があった・・・ということが少しでも伝われば幸いです


それでは最後にデータ改ざん以外でも
アニメティカで遊んでましたよ!という画像を載せてこの記事を締めたいと思います

【アニメティカで作ったものを数点抜粋】


広告
×
絵のクオリティが高いのが羨ましい
5ヶ月前
×
もかさんで草
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。