ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 「ハピ☆ニコ#2あなたの知らないコメントアートの世界」をご視聴予定の方へお知らせ

    2021-04-02 19:11
    今週、4月4日のハピ☆ニコは、私のアカウントではなく

    ハピ☆ニコのアカウントから放送されます。

    放送通知のために、私のアカウントをフォローしている方は通知が来ないので、
    ハピ☆ニコのアカウントをフォローお願いします

    ハピ☆ニコ アカウント

    また、コミュニティの登録も合わせてお願いします

    第2回 放送枠↓


    ハピニコ コミュニティ↓



  • 広告
  • 【12/11】SmileS アドベントカレンダー「手描きにじさんじシリーズ名作集2020」

    2020-12-11 00:00

    SmileS アドベントカレンダー


    唐突ですが、SmileSアドベントカレンダーという、動画を紹介する企画に参加します。詳しくは、以下のリンクをCHECK!

    SmileSアドベントカレンダーについて


    はじめに 


    お茶は、Vtuberオタクである。

    毎日5回はエンタメカテゴリのランキングを巡回して、いいねとコメントをしている。
    なんなら、いまも、推しのソロライブを見ながら、このブロマガを執筆している。



    今回はそんなお茶が趣味全開で厳選する「手描きにじさんじ」のシリーズの動画集。
    題して

    「手描きにじさんじシリーズ名作集2020」

    「手描きにじさんじ」とは?

    「にじさんじ」とは、言わずと知れたVtuber最大手事務所の一つ。
    100人を超えるVtuberを輩出し、
    あの月ノ美兎委員長や、御伽原江良(通称:ギバラ)が所属する。

    ニコニコ動画において、Vtuberの動画は、
    YouTubeで配信された映像を編集した「切り抜き動画」が多いが、
    今回取り上げる「手描きにじさんじ」のタグは
    YouTubeの配信の音声のみを使い
    投稿者がそれに合わせたイラストを描き、紙芝居のように動画が作られている。

    元の配信や「切り抜き動画」と比べ、
    デフォルメされたライバーの姿や話の中では語られていない背景などに
    制作者の想像力創造性こだわりが現れており
    Vtuberに付随するニコニコの創作文化の一つとなっている。

    今回は、そんな数ある「手描きにじさんじ」の動画から、
    あまり知らない人でもとっつきやすく
    かつ、クオリティの高い作品を厳選した。

    この記事があなたと、素敵なライバーやうp主との出会いとなっていただければ、
    Vtuberオタクとして、ニコ厨として幸いである。

    1.森中花咲 剣持からの虐待で精神崩壊 【雀魂】


    ◆選考理由
    サムネからもわかるユニークな絵柄、そしてそれが生きる森中花咲の悲鳴との相性は抜群。
    麻雀ルールが良くわからんくても、ほぼ顔芸なので笑えます。

    ◆登場人物
    森中花咲(もりなか かざき):サムネで涙を流している緑髪の美少女(?)。だいたい虐められ 可愛がられている。

    剣持刀也(けんもち とうや):アゴが鋭利な少年。

    勇気ちひろ(ゆうき ちひろ):アニメ声の青髪美少女。ワードが強め。

    静凛(しずか りん):黒髪の美少女。

    2.【手描きにじさんじ】建築に夢中になりすぎて怒られる加賀美少年【SMC組】



    ◆選考理由
    とにかく、めっちゃ動く。「手描きにじさんじ」タグの中で、アニメーションとして最も優秀な作品の一つであろう。
    細かな動きや表情の変化に作者のこだわりを感じる。

    ◆登場人物
    加賀美ハヤト(かがみ はやと):少年の心を忘れない、「加賀美インダストリアル」社長。

    葉加瀬冬雪(はかせ ふゆき):白髪の美少女。加賀美にさっさと寝てほしい。

    夜見れな(よるみ れな):ピンクのメッシュとツインテールが特徴的な美少女。笑い声が可愛い。

    3.戌亥が構ってくれなくてすねるギバラ【戌亥とこ/御伽原江良/にじさんじ】


    ◆選考理由
    汚い叫び声ばかり注目されるギバラだが、たまに見せる可愛らしさがその分際立つ。絵柄の可愛らしさも相まって、もうメロメロである。それを一歩引いてみている戌亥とこちゃんも可愛い。てぇてぇ…(無事死亡)

    ◆登場人物
    御伽原江良(おとぎばら えら):オレンジ髪の美少女。諸事情により同期がおらず、デビュー時期が近い戌亥とことは、相方のような存在。

    戌亥とこ(いぬい とこ):黒髪の美少女(ケルベロス)。本動画の話し手。戌亥とこには二人の仲のいい同期がおり、その3人のユニット名は「さんばか」と呼ばれる。

    4.【切り抜き漫画】とこちゃんギバラのお買い物デート【戌亥とこ/御伽原江良/にじさんじ】


    ◆選考理由
    3.の動画に続いて、ギバラとトコちゃんの動画から。
    戌亥とこにデレデレなギバラと、塩対応な戌亥とこの日常を非常に可愛らしく、コミカルに描かれている。控えめに言ってアニメ化してほしい。

    ◆登場人物
    3.に同じなので、割愛。

    5.【切り抜き漫画】とこちゃんギバラのお買い物デート【戌亥とこ/御伽原江良/にじさんじ】


    ◆選考理由
    ユニークで主線が微動し続ける絵柄は、中毒性が強く、「味を占めろ」と毎回コメントで書かれている。投稿ペースも高く、一度ハマるとすべての動画を見てしまう。

    ◆登場人物
    勇気ちひろ(ゆうき ちひろ):アニメ声の青髪美少女。妹が二人いて、動画では"怒る方の妹"とのエピソードを話す。

    樋口楓(ひぐち かえで):関西在住の美少女。勇気ちひろが住む地域へお呼ばれする。

    おわりに

    いかがだったでしょうか。

    Vtuberは、主にYouTubeの文化ではありますが、
    こういった二次創作や切り抜き動画が作られ、ニコ動がもう一つの遊び場となっており
    Vtuber本人も、その動画をよく巡回しツイートしています。

    また、そこから人気に火が付いたVtuberも多く
    今後もニコニコ動画がそういったインターネットのスターに人気を付ける火付け役としても機能していくことでしょう。

    来年も、多くのVtuberが名乗りを上げ、素敵な創作物が作られることを祈る。
  • お茶は『かぐや様はこんなに近くで...』を説明したい part1

    2019-11-07 00:32
    【はじめに】

    このブロマガは、
    「お茶は『かぐや様はこんなに近くで...』を説明したい」
    と題しまして

    今回Anipafe2019に参加した
    MAD「かぐや様はこんなに近くで...」についての
    解説や作っていた当時のこと(いわゆるメイキング)
    を書いてみようかと思い、筆を執った次第です。

    MAD「かぐや様はこんなに近くで...」



    本当なら解説せずとも映像だけで伝えきれたら
    理想的なのでしょうが
    本の最後にも、あとがきとかありますし
    このブロマガもそんなものだと
    思っていただければよいのかなと思います。

    毎日、書けるかはわかりませんし
    ニコニコのブロマガを書くのも初めてなので
    かなりゆっくりになるかもしれませんが
    ちょっとずつ書いてみようかと思っていますので
    すこし長い目で読んでいただければと思います。

    【着想について】
    このMADを思いついたのは、いつだったか、あまり記憶していません。

    そこで、動画編集のプロジェクトファイルの作成日を見てたら、
    2019年4月14日とあったので、
    おそらく、アニメ「かぐや様は告らせたい」の放送が終わった
    3月末くらいに思いついたのだと推測します。

    Crystal Kayの名曲「こんなに近くで...」を使ったMADは、
    かなり古くから作られており
    ニコニコ動画が動画投稿サイトとして始まった2007年3月6日から
    この楽曲を用いた動画が投稿されています。

    2007年3月6日投稿の「こんなに近くで..」を使ったMAD


    ニコニコのアニメMADにおけるいわゆる定番曲なわけです。
    そのためラブコメ系のアニメなら、この曲を使ったMADは
    だれでも想像がつくわけであります。

    ただ、この楽曲の歌詞に注目すると、かぐや様のアニメと、
    かなりリンクする部分が多くあります。
    他の誰より、あなたのことを知ってるから


    いくつも いくつも 眠れぬ夜を超え

    いつものさりげない優しささえ、この胸を締め付けていく

    元気ないよね?と あなたから 言われた瞬間

    こんなに、こんなに、近くで見つめても



    私はMADを作る時、最初に歌詞を眺めて、それに合ったアニメのシーンが思い浮かぶか考えます。上に挙げたシーンは、そのときに思いついた5つシーンです。

    ただなんとなく歌詞を見ただけで、これだけ歌詞とアニメがリンクしているのなら
    定番と言えど、いいMADできるのでは?と思い、作ることにしました。

    また、このMADを思いついたときに脳裏にあったのが
    ゆきのふさんが作られていた月刊少女野崎くんのMADです。



    私がニコ動でアニメMADを見るのに、夢中になりはじめた頃に見た動画の一つで、
    シンプルな編集ですが、音楽にあわせて切り替わるシーンチェンジが絶妙で
    そして、歌詞と合ったシーン選びによって
    千代ちゃんの想いがダイレクトに伝わってくる名作であります。
    (ここぞとばかりにヨイショ)

    私も、そんな見ていて気持ちが良く、歌詞が伝わる動画を
    作りたかったというのも、このMADを作ろうとした理由の一つです。

    【構成について】

    本動画の構成は、主に5つに分かれます。
    • イントロ~Aメロ1冒頭(0:00~0:34):夏休み 花火大会前の会えない二人(11話)
    • Aメロ1~間奏前(0:34~2:08):夏休み以前の二人の思い出
    • 間奏(2:08~2:27):かぐや様 顔芸ラッシュ
    • Cメロ~大サビ(2:27∼3:35):夏休み 花火大会(12話)
    • アウトロ(3:35~4:00):12話終盤。本来のギャグアニメに戻る。
    この動画の基本的な時間軸は、夏休みの花火大会前後(11話~12話)にあり
    花火大会前に学校に行くも、すれ違ってしまう二人のシーンから始まります。

    その後のAメロからは、夏休み以前のシーンを使っていますが
    あくまで白銀に会えずにいるかぐや様が1学期の白銀との出来事を思い出している
    というのが裏設定としてあります。

    そして間奏後には回想が終わり、花火大会当日~翌日のシーンとなります。

    これがこの動画の大きな流れです。

    【解説・メイキング】
    ◆イントロ(0:00~)
    歌詞から使うシーンを決めるので
    歌詞のないイントロはかなり迷うことが多いのですが
    このイントロは、すんなり決まりました。

    新海誠が連想されるような2人のすれ違いのシーンは、映像が美しく
    そこを歌詞のない部分に持ってくると
    音声に情報量が少ない分、映像が際立たせることができたと思います。

    個人的に好きなシーンの一つでもあったので
    必ずMADに使いたかったんですが、
    歌詞を合わせずらかったというのも
    冒頭に持ってきた理由の一つです。

    先に述べた裏設定も、これを冒頭にもってきたことから
    生まれたものでもあります。

    ちなみに動画では、元の映像よりコントラストを上げ、彩度を下げており
    さらに、拡張色調補正を用いて、赤みを強めるフィルタを付けています。
    元の映像


    MAD



    元の映像


    MAD

    元の映像も、全体的に暗い生徒会室に、
    かぐや様の瞳とリボンがとても映えていて 素敵なので
    それを強調したく、フィルタをかけてみました。

    すこし夕方っぽくもあって、いい雰囲気にできたと思ってます。

    拡張色調補正については、
    このあとの自転車のシーンで、セピア調に加工するやり方を調べていた時に
    知りましたが、けっこう面白い加工ができますね。
    今後も使いたいところです。

    ◆Aメロ冒頭 二人が自宅にいるシーン(0:25~)
    ここのシーンは、悩んだところのひとつです。
    結果的には、イントロの続きのような形になりました。

    本来のアニメ本編ではイントロの学校に行く前のシーンですが
    動画上は、白銀にあえずに学校から帰ってきて
    1学期の出来事を思い出しはじめるという流れになります。

    続きはまた後日書きますね。