• 【ポケモンカード】モクナシゴリランダー(Vもいるよ)デッキ【2020CL京都時期使用予定デッキ】

    2020-03-29 21:56
    こんにちはテトリです。
    ポケモンカードは公式大会に抽選が通らず、ソード・シールドになってからはほとんどやる機会がなくなっていたのですが、
    シーズン3のシティリーグにようやく当選し、環境考察やデッキ調整をしてきたのでご紹介させていただこうと思います。

    デッキはモクナシゴリランダーです。


    CL愛知でも上位に食い込んでいたデッキですが、
    その後の拡張パック "VMAXライジング" で登場したゴリランダーVMAXも採用し、
    今までの構築ではモクナシ2回攻撃しないと倒せなかった相手も、ゴリランダーVMAXの技で倒せるようにしました。


    またその後の拡張パック "反逆クラッシュ" キャプチャーエネルギーが登場しました。
    これのおかげで今までよりもより安定して、後攻1ターン目でゴリランダーを育てることができるようになりました。


    ~デッキレシピ&回し方~


    ①後攻1ターン目
    基本の動きは
    タッグコール→モクナシ+グズマ&ハラ
    グズマ&ハラキャプチャーエネルギー+ふうせん+ターフスタジアム(orライフフォレスト◇)
    キャプチャーエネルギー→サルノリ呼び出し
    バトル場にふうせんを付けて逃がして、
    モクナシの技「スーパーグロウ」を使う といった流れです

    つまりタッグコールさえ手札にくれば、バトル場が何であれゴリランダーへ進化できますね。
    LO対策にセレビィ&フシギバナを採用しようと思いましたが、逃げエネ4の為動きが決まらなくなる可能性があったため辞めました。

    ②2ターン目以降
    手貼り&ボルテージビートでモクナシに3エネ付けます。
    技「やすらぎハリケーン」で150ダメージ(おまけに30回復)
    1ターン目にキャプチャーエネルギーをモクナシに付けることができていた場合は、ゴリランダーVを出して1枚手貼りしてもいいですね。

    ③3ターン目
    手貼り&ボルテージビートをモクナシに3エネ付けて合計6エネに。
    GX技「トロピカルアワーGX」で200ダメージと追加効果“相手の場のエネルギーを全て山札へ戻す”が発動
    逃げられていなければ、350ダメージを与えられるので1匹は倒せます。
    相手は次の1ターン動けないでしょう。

    ④4ターン目
    ゴリランダーVにエネ手貼りしシェイミ◇にボルテージビートして
    シェイミ◇の技「フラワーストーム」で攻撃
    逃げたモクナシの3エネ+シェイミ2エネ+ゴリランダーVについた1エネ=180ダメージ


    ⑤5ターン目以降
    ゴリランダーVMAXへ進化させて、技「ダイレンダ」最大280ダメージで攻めます。

    基本的にはこの流れ
    シェイミ◇やゴリランダーVを手札に加えなければいけない部分にサポートを使うので、ボスの指令は1枚だけ。
    4ターン目くらいまでは、ドロサポを使うことになります。
    その後は山のエネルギーの数もかなり減っているし、ボスの指令やグレートキャッチャーへのタッチもしやすくなってくると思います。

    多くの対戦数をこなさなければいけないCLにおいて、最初にやることが決まっているデッキはそれだけ脳の負担を減らせるので、色んな相手との練習環境が整っていない自分にとって、プレミを減らすという観点からも良いデッキです。

    ~仮想敵への対応~
    ①3神ザシアン

    有利。
    オルタージェネシスGXを打たれるとモクナシとシェイミ◇を倒されて負けてしまいますが、
    トロピカルアワーGXを打てれば、相手を止めつつそのまま勝つことができます。
    モクナシを倒すのに、ブレイブキャリバー230+オルタージェネシス30+げんきのハチマキ10=270
    が懸念事項で“ふとうのつるぎ”と“シルバーパッチ”で先3に完成されるとトロピカルアワーが使えず負けますので、1ターン目はふとうのつるぎでエネが付かないように祈りましょう。
    トロピカルアワーGX後はゴリランダーVMAXのダイレンダを打てるようにして、3神を倒すかザシアンVを2体倒して勝ち。

    ②ピカゼク

    ちょっと不利
    先2でフルドライブ150→先3タッグボルト200&ベンチ170で
    モクナシとゴリランダーが同時に倒されかねない
    後2の時にゴリランダーVMAXへ進化してダイレンダしなければいけないが、
    その為には後1時点でゴリランダーVに1エネつけておく必要がある。
    それができない場合は、やすらぎハリケーン+ライフフォレストでの回復すれば350ダメージを受けきれるのですが、相手にエレキパワーを1枚でも使われると倒されるので、危ない橋。
    “後1時点でゴリランダーVに1エネつけておく”ができなかった場合、後1でサルノリを二体並べられれば、スタジアムをターフスタジアムにして2体目のゴリランダーを普通に育てるルートを取った方が良いかもしれませんね。
    ゴリランダーVMAXのダイレンダで6エネ付いているピカゼクを1体倒せれば巻き返せるので、初手の展開が物いう対戦とも言えます。

    ③ドラパルトV

    有利と思う(経験不足)
    先2ホラーエネルギー(ダメージを受けたらダメカン2個相手に乗せる)が付いた状態のダイファントム(130+ダメカン5個ベンチにバラマキ)を想定して考える。
    2回受けた時のダメージは280ダメージなので、やすらぎハリケーンで攻撃すれば耐えられて、後3トロピカルアワーGXで逆に倒せる。
    カラマネロサイクルをさせないために6エネつけてGXしてもいいし、どうせすぐエネは捨てられるから3エネでGX技を打ってもいい。
    3エネにする分、次のアタッカーを育てていけば有利に立ち回れると思う。


    以上です。
    まだリザードンVが登場する前の大会への調整だったので、今後炎タイプがどうなって来るか。。。
    私は草タイプが好きなので、活躍できる環境だと意気込んでいたんですが、コロナのせいでなんとも残念な結末となりましたね...
  • 広告
  • 【ポケモンカード】三神 with ユキメノコ【2020CL東京で使用予定デッキ②】

    2019-09-22 00:52
    こんにちは。テトリです。
    今回もCL東京で使用する予定だったデッキの紹介です。
    こちらは練習不足で、本命は前回のレシラム&リザードンGXTAGのデッキです
    そちらの記事もご参考にどうぞ。

    今回は新弾オルタージェネシスに収録されていたカードから
    アルセウス&ディアルガ&パルキアGX(以下三神と呼びます)をメインに使用したデッキです。


    ~デッキレシピ~



    三神といえばケルディオGXと組み合わせるデッキが今流行しているそうですね。


    しかし僕のは特性を使わずブルーの探索で展開していく形をとりました。
    まずここに至るまでの経緯として、
    2019CL京都第3位の方のブログにあった
    "ニンフィア&サーナイトGXはこだわりメットをつければ、GX技以外で1撃で倒されることない"
    という言葉に注目しました。
    ……三神はメット無しでも倒れないな…?
    ということで、上記のニンフサナデッキを参考にアレンジしていった形となります。

    このデッキの本質は回復です。
    アルティメットレイで後ろの三神のエネルギーを加速させつつ、アセロラ等で回復する
    というのが中盤以降の動きです。
    オルタージェネシスGXは追加効果ありで打つ場合もありますが、追加効果無しで打つことも多くあります。

    後攻1ターン目にユキワラシへのアクアパッチ→つけかえ オルタージェネシス+の手段もとることができます。


    コンボの為に必要なパーツが多いので、ドロー枚数を増やすためにムウマージも採用。
    一回使えば場面が完成するので、ムウマムウマージやみのいしは各2枚ずつ

    ※ムウマージが場にいるときにはブルーの探索が使えないので注意

    ~回しかた~
    ①初手の回し方
    初手にブルーの探索を使いムウマージへ進化させにいく

    ポケギア3.0ブルーの探索がドロー含めた初手8枚に来る確率は、70.59%
    →ブルーが居なくてポケギアでブルーの探索が当たる確率は44.9%(サイド落ち考慮無し)
    で初手全くブルーが使用できる確率は実は50%くらいなんですよね。
    なので、同等とは言わないがそれなりに近いカードとしてマサキの解析も採用しました。

    三神をベンチor場に出しつつ、ムウマをやみのいしで進化
    アクアパッチとエネルギーつけかえだけは手札に残し他は捨てられそうなら捨てていいです。
    トラッシュへ捨てる手段はミステリートレジャーとトキワの森になります。
    ムウマ場に出せている可能性は高めなので、ブルーの探索でサーチするのはトキワの森とやみのいしになることが多いです。トキワの森で鋼エネルギーを持ってきて三神につけます。

    先攻ならばそれで番を終わり、後攻ならアクアパッチ→エネルギーつけかえの手段も狙えそうなら狙います。
    相手がTAGチームデッキならば追加無しで使ってもいいですが、GXや非GXには追加効果ありでないと回復手段が足りないので、追加効果ありを狙います。

    ②中盤
    1体の3神が3エネついて誕生したら、次の3神をベンチに出してアルティメットレイで後ろを加速。
    ダメージを受けて次にやられそうだったらアセロラなり逃がして満タンの薬なりで回復します。

    逃がす場合は、エネルギーつけかえで鋼エネルギーは確保しましょう。

    途中でユキメノコの攻撃も挟みます。HP10でバトル場に残しても相手はサイドレース的にユキメノコを倒すメリットがないのでなんならもう一回うらみのといきを使えます。バトル場に生き残っていた方が良いことが多いので、こごかぜを使う時があるやもしれぬ。

    レシリザには滅法強いカードですので、炎相手には単純にアタッカーとして使っていってもok
    うらみのといきがオルジェネの30を追加して170ダメージ=ケルディオGXが倒せるのが偉いです。

    アルティメットレイが150のGX補正で180ダメージ出るので、テテフデデンネ多投のデッキ相手には、オルタージェネシスGX+を使っていればカウンターキャッチャーやグズマで呼び出し楽に倒すことができます。


    ③終盤
    3神が1体やられてもまだ大丈夫。
    残り2体で回復しつつ、リセットスタンプで手札を1枚にして乗り切りましょう


    ~改善点~
    3神と鋼が3枚ずつなのでその後の回復を考えると4枚ずつあったほうが良いと感じることも多い。
    ユキメノコは本当は1枚で良いと思っていますが、レシリザが一番多いデッキと思っているので、2枚から変えられませんでした。
    ケルディオGX型とどちらが良いか悩みましたが、ケルディオGXは対策されていると弱いカードだと思っているので、使う側は今ではないと思います。対策は切れませんけれどもね…


  • 【ポケモンカード】レシラム&リザードンTAG【CL2020東京で使用予定デッキ】

    2019-09-20 23:23
    こんにちは。
    テトリです。
    いよいよ9/22にチャンピオンズリーグ2020in東京が開催されますね。
    今回はCL東京で使用する予定だったデッキを紹介します。
    タイトルに予定とありますが。。。はい。今回も抽選に落ちました。
    ですが、環境考察等は行っていたので、少しでも明後日のご参考になればと思います。

    デッキレシピ

    デッキコード:y33MMS-iTouVj-p3pyMS

    ~基本的な動かし方~
    CL参加される方はご存じかと思いますので、簡略的に…
    ①最初のターン
    プレシャスボールorハイパーボールカプ・テテフGXカキ をします。
    or
    場面にいるポケモンを考慮しない状態で、カキの成功率は80.9% です。
    手札にエネルギーがあればアタッカーではないほうに1枚つけてカキを打つことが多いです。


    あとはアタッカーでガンガン攻撃して倒していくだけ。
    相手もTAGチームならばダブルブレイズ+の為にレシリザに6エネつけて攻撃してしまいましょう。

    ~仮想敵に対する動き~
    vsTAGチームデッキ

    レシリザ→ヒードランGX→レシリザ
    という戦い方をしながら気絶を回避していく立ち回りになります。

    シンプルにやられずに倒す。
    TAGの打ち合いでは火力で勝るのでガンガン押していきましょう。
    こだわりハチマキやウルガモスGXでのサポートもお忘れなく。

    アルセウス&ディアルガ&パルキア+ケルディオGX

    通称”三神ケルディオ” (ここからが対策の本番)
    GXからダメージを受けない"ケルディオGX″を倒す必要があるが、相手もオルタージェネシスを使ったりと時間がかかる。
    アルティメットレイによる加速もこちらのカキのほうがスピード&安定感で上。
    目先だけ見てダブルブレイズをアルセウスTAGに放ってはいけない。
    6エネつけたレシリザのダブルブレイズ+(相手にかかっている効果を無視)でケルディオGXを倒し、
    再び出てきたケルディオGXはバクガメスで倒す。

    このデッキにはデデンネGXなども入っている為、最後にそこを狙う。

    グレイシアGXを採用しているデッキが表に出ているが、
    相手の初手グレイシア成功率はこちらのカキよりも高くないことと、エネルギーを始めにグレイシアGXに付けていることで相手の展開力も落ちるので、対策は切り目。
    当たったらジラーチ等でリカバリーしていくことにする。
    グレイシアGXが先行1ターン目以外であまり強いと感じず流行らないと予想


    3神に限らず新スタジアム"混沌のうねり"の採用率は高くなると予想し、
    巨大なかまど以外にも火打石を採用した。


    カラマネロ系統(ギラティナ)

    リザードン&テールナーTAGが活躍する相手
    グズマが手札に来たらギラティナは放置してカラマネロを呼び出して倒していく。
    マオ&スイレンを回復しつつヒードランGXのばくねつスタンプ130ダメがGood
    またウルガモスGXで20ダメージ射撃ができるので、ギラティナが多く技を打つと誰かしら1匹倒せる状態になることが多い。



    ④非GX相手(フーパブラッキー等)

    レシリザのダブルブレイズはひかりの結界を無視できる。
    2匹目はバクガメスを使い倒しに行く。
    基本的に2パン以上の攻撃が飛んでくるので、マオ&スイレンで120回復を挟めれば1ターン多く攻撃できるので対策出来ると思います。

    バクガメスを場に置いてレシリザで攻撃してしまうと返しのブラッキーでバクガメスが狙われるので、厳禁。
    巨大なかまどが3枚火打石が1枚と通常よりも多く採用してあるので、必要パーツを手札にそろえて溶接工で3エネ付けられる状態を待ちます。

    ⑤その他
    ウルガモスGXに関して

    1.こだわりハチマキが引けなかった場合の保険
    2.増えると予想するサーナイトGXに対してエネルギーを絞って戦える。
    3.にがにがかふんのラフレシア対策

    ラフレシアデッキを握るのを諦めた要因


    以上になります。
    サイドイベントには遊びに行こうと思ってますので、これは持っていくと思います。