【ポケモンカード】ゲロゲジュナイパーGXグソクムシャGX【チャンピオンズリーグ2018池袋参加デッキ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンカード】ゲロゲジュナイパーGXグソクムシャGX【チャンピオンズリーグ2018池袋参加デッキ】

2017-11-28 22:48
    2017/11/26に開催された
    チャンピオンズリーグ2018池袋で使用したデッキレシピになります。
    結果から言うと、
    ×〇〇〇×〇〇× の 5勝3敗
    予選最終戦(8ラウンド)で敗退でした。
    前回の千葉が5戦目でドロップアウトだったので、少しは成長できたかなと感じています。
    以下使用したデッキの説明になります。

    ~デッキレシピ~
    ・ポケモン 18 
     モクロー(smA)    4
     フクスロー(smA)   4
     ジュナイパーGX(smA) 4
     ガマゲロゲEX(XY3)  2
     コソクムシ(sm3N)   1
     グソクムシャGX(sm3N)1
     シェイミEX(XY6)   2

    ・サポート 6
     リーリエ    1
     シロナ     1
     N        1
     グズマ     1
     アセロラ    1
     オカルトマニア 1

    ・グッズ 23
     ハイパーボール   4
     バトルサーチャー  4
     トレーナーズポスト 4
     活力剤       4
     バトルコンプレッサー3
     かるいし      2
     こだわりハチマキ  2

    ・スタジアム 6
     巨大植物の森  4
     パラレルシティ 2

    ・エネルギー  7
     基本草エネルギー   3
     ダブル無色エネルギー 4

    ~構築案~
    ルガルガンゾロアークを筆頭に進化ポケモン環境だと感じましたので
    進化前を狙撃できるジュナイパーやワンキル狙えるフェローチェ・退化させて倒せるエーフィEXが強そうと考えてスタート(単に草が好きなのが第一の理由ですが)
    この構成に達するまでに1か月くらいかかってしまいました。
    ・フェローチェGXジュナイパーGXエーフィEX
    ・フェローチェGXラランテス
    ・グソクムシャGXラランテス
    ・コケコジュナイパーGXエーフィEX
    ・ゲロゲジュナイパーGX
    ・ゲロゲジュナイパーGXグソクムシャGX

    と試し、大会前日にこのレシピにたどり着きました。
    エーフィEXは同時に倒したり最後の詰めには良いのですが、取れるサイドが一枚になる+次のゾロアークに倒されてどちらかと言えば不利になることが多かったので不採用にしました。
    代わりにGXポケを倒せるように火力upを見越してグソクムシャの投入。
    1-1ラインでした入ってませんが、ここがかなり活躍してくれました。

    ~動かし方~
    サポートが6枚しかない中どう分回すのかは、過去に投稿した
    ジュナイパーGXゲロゲラフレシア【チャンピオンズリーグ2017千葉参加デッキ】
    の記事をご参照ください。
    コンプの落とし先等が記載されています。

    前回までの動かし方にプラスで意識したことがコソクムシ,グソクムシャGXを相手に見せないプレイングです。
    特に環境の覇者ゾロアークGXに対するダメージ計算に注目しました。


    一撃で倒すにはフェザーアロー3回等(60)+こだわりであいがしら(150)


    こんな場面にはそうそうならない。

    逆に前もってゾロアークに60乗せていればいつでも倒しに行けると考えます。
    ゲロゲのブルブルパンチ2回が60ダメージなのもちょうどいいですね

    展開の途中でグソクムシャGXが相手に見えていると警戒されるのですが、
    見せないプレイ(=コンプやハイパーで落とさない)をすることで、
    こちらの最大打点はかるいしの付いたジュナイパーのはっぱカッター(90)+フェザーアロー2回(40)に見え、"80ダメージ載ったらアセロラしよう!"という思考に誘導します。

    そこに"意表を突き"出てくるグソクムシャGX
    であいがしら120+こだわりorフェザーアロー2回
    で倒すという隙が生まれるのです。
    ニンフィアLOと当たった時も、この戦法で勝利しました。

    コンプ+活力剤+草エネを手に持ったらチャンスです。
    序盤にデッキは減っているので、意外と手に持ってこれます。
    ホロウハントGXで↑の3枚を持ってくることもありました。
    プラターヌ博士が0枚なのもあってグソクムシャが展開中に見られないようにしてあります。
    序盤に手札に来てしまっても、2ターン目にはNかシロナを打って山札に戻してました。
    最初に山札を触るときがあれば、グソクの1-1ラインが居るかはすぐ確認してました。


    ~後語り~
    千葉からずっと回していた構築だけあって、展開には慣れていてすぐプラスのプレイングに挑戦出来て良かった。
    "意表を突く"って部分に着目したのが大会前日だったので、
    もっと先輩のルガゾロと練習中に挑戦できていれば本番の立ち回りに磨きがかかって本選も現実的だったと思います。(負けた相手の2回はルガゾロだったので...)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。