【ポケモンカード】CL京都用 ラフレシアジュカインGXデッキ【デッキレシピ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンカード】CL京都用 ラフレシアジュカインGXデッキ【デッキレシピ】

2019-04-13 10:00
    みなさんこんにちは。テトリです。
    タイトルにあるように今回はCL京都に向けて考えているデッキの紹介です。

    ↓デッキレシピ↓



    回し方
    1.初手
    場にキモリ×2を出しましょう。
    相手のデッキタイプを見てナゾノクサを出すかどうかは判断しますが、
    今の環境はゾロアーク系統以外は種ポケモンで構成されていることが多いので、
    ナゾノクサもベンチへ展開してよいことが多いです。
    ポケモンを多く出す必要があるので、ボール類は多めに採用してあります。

    ターン終了時に次のターンにジュプトルへ進化させる手段は容易しておきましょう。
    (キモリの技やハイパーボール等)

    2.中盤
    ジュプトルの特性:たいようのめぐみ

    で草ポケモンを手札に加えることは容易なので、
    不思議なアメを手札に加えることを目的に行動していきます。
    レッドの挑戦が登場したことにより、ふしぎなアメの5,6枚目として使えるようになりました。
    そして今まではダート自転車で不思議なアメを引きに行っていましたが、デッキ的にトラッシュしたいカードが少ないことと、レッドにタッチできる可能性のあるポケギア3.0を採用しました。


    3.場面完了
    相手のデッキによりますが、ラフレシアかジュカインGXがアタッカー
    ベンチにジュプトルをそろえながら戦います。

    ネットボールが草エネルギーに変換できるので、タマムシビリジオン型よりもラフレシアが行動できる速度が違います。
    隠密フードでラフレシアを対策してくるデッキもありますが、早めに攻撃することで次の準備に備えテンポを崩さないように戦います。


    環境予想と対策方法
    ①レシリザ with ブースター

    弱点を突かれる為、ジュカインGXでは戦えません。
    ですが、オニシズクモを搭載することで対策としています。
    メタモン◇からしか進化できませんが、
    キモリメタモンナゾノクサとベンチにいた場合、
    相手はナゾノクサへ意識が向くので、メタモンは放置されがちです。
    そこを突いてオニシズクモへ進化させます。

    太陽のめぐみでサーチできる草タイプのオニシズクモを採用です。

    ②ピカゼク

    基本ラフレシアで戦っていきます。
    グズマ→タッグボルトでベンチのラフレシアを倒そうとする動きをしてくると思いますが、
    二ターン目にはラフレシアを立ててフルドライブを使えないように動くことが先決です。
    ラフレシアで殴り始められれば、ジュカインGXへ進化させてラフレシアが倒されたあとのケアもしましょう。
    攻撃のスピードを上げるためのサポートとして、ロイヤルマスクも搭載してあります。

    ラフレシアが倒されたあと、ジュカインGXのリーフサイクロンで倒しに行くために使いましょう。
    ダウナーショック60×2+リーフサイクロン130→250でピカゼクは倒します。
    エネルギーがついていないジュカインGXは60しか打点がでないと考えて行動されますからね。
    6エネ付いたピカゼクが倒されれば体制を立て直すのは困難でしょう。

    ③ゾロアーク系統

    進化デッキで生き残るのはここだけだと思っています。
    ラフレシアは役に立ちませんが、ジュカインGXはゾロアークに強いカードです。
    音速切りでダブル無色エネルギーを4枚割ってしまえば相手は動けなくなるでしょう。
    今は特殊エネルギーを破壊される環境ではないので、全て特殊エネルギーで構成されたゾロアークが蔓延るとも予想できます。
    おんそくぎり60+こだわりハチマキリーフサイクロン160→220
    でゾロアークが倒せるので、こだわりハチマキは大事に使いましょう。



    以上CL京都での環境考察と自分のプレイング説明でした。

    CL京都エントリーできなかったんだけどな!!!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。