【競馬】京都 天皇賞・春(G1)&香港 女皇盃(G1)【二皇】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【競馬】京都 天皇賞・春(G1)&香港 女皇盃(G1)【二皇】

2017-04-29 16:11

    4/29 東京11R 第24回テレビ東京杯青葉賞(G2) 芝2400 
    1着 ⑩アドミラブル   (1番人気)
    2着 ⑨ベストアプローチ (4番人気)
    3着 ⑥アドマイヤウイナー(8番人気)
    4着 ④ポポカテペトル  (3番人気)
    5着 ②サーレントブライト(10番人気)

    ◎⑪トリコロールブルー ○⑨ベストアプローチ ▲⑩アドミラブル
    ④ポポカテペトル △②サーレンブライト △⑤ダノンキングダム
    三連複 ⑪-②④⑤⑨⑩(10点)

    駄目かー ⑪トリコロールブルー伸びなかったですね
    相変わらず戸崎騎手との相性が悪いです
    ④ポポカテペトルもハナ差4着でした 力足りずです
    ディープ産駒ですが良い意味でらしくない 来年はステイヤーで試してほしいですね

    4/30 京都11R 第155回天皇賞・春(G1) 芝3200 発走15:40 

    ◎ ③キタサンブラック
    ○ ⑥シュヴァルグラン
    ▲ ⑮サトノダイヤモンド
    ☆ ⑯レインボーライン
    △ ⑬トーセンバジル
    △ ①シャケトラ
    △ ⑬ワンアンドオンリー

    本命は前年度覇者 ③キタサンブラック
    黒の2枠で馬番3番 うーん JRAさん露骨すぎですねぇ
    大きなG1は公開抽選にしてほしいな これで勝っても枠のおかげになってしまう
    でもなったものは仕方ない 本命ですね
    良い枠ですしいつも通りに走れば良い結果が出ると思います
    ⑰ヤマカツライデンが大外に入ったのもありがたい
    まぁキタサンブラック自体特に逃げに拘ってないですが

    対抗は⑥シュヴァルグラン
    こちらも良い枠に入りましたね 去年の3着の実績で前走も阪神大賞典2着
    順調に進めています
    ⑮サトノダイヤモンドが8枠に入ったのが大きい
    能力差はあるけど枠の活かす事ができればこちらが2着でもおかしくない
    やはり問題は騎手 福永さん今回は詰まるなよ・・・

    単穴は⑮サトノダイヤモンド
    んー 不利な8枠ですね
    初の斤量58kgですが57kgでもあの強さですからね 問題無いでしょう
    枠が決まる前はキタサンブラックをマークと言ってましたが8枠に入った今どうなんでしょう
    マークするなら最初の位置取りで押さないと難しいでしょうし、
    控えるにしても外を回すしかない 正直苦しいかなぁと思います
    むしろこれで勝ったら現日本馬最強だなと思います

    こちらも8枠に入った⑯レインボーライン
    狙ってたのになぁ(´・ω・`)
    ただ菊花賞でも後方から回してあの走りができたので少しだけ期待したい
    あと血統と騎手で☆評価まで上げました

    ⑬トーセンバジルは前走、阪神大賞典3着
    道中は内ラチ走って良かったけど直線で1頭だけ離れて外を走ってました
    あれもっと内で走っていたら差がもう少し埋まってたんでは?と思います
    ステイヤーの気質はあると思いますし今回上手く前が開けば伸びると思います

    ①シャケトラ絶好枠 内ラチでどれだけ溜めれるかでしょうね
    キタサンブラックをマークすれば道もできますしチャンスあり
    ただ斤量53~55kgで実績を積んできた馬 今回初の58kgで+3kg増です
    伸びないかもと思ったので△評価です

    ⑬ワンアンドオンリーは普段なら買えないです
    今回調教抜群ですねw 乗っていたのも和田騎手で乗り方も変えてきています
    個人的に調教はあくまで調子を見るものだと思っています
    調教で強い弱いはわかりませんが、調子は良いでしょう
    前走から観て明らか距離は長すぎるし無理だなと思ったけど不気味な感じもします
    ここで化けて2、3着に入っても納得できるし買っておきましょうか
    1番不気味なのは⑫ゴールドアクターもとい横山騎手だけど

    三連単F ③-⑮↔①③⑥⑬⑭⑯(10点) 三連複 ③⑥-①⑬⑭(3点) ⑥⑮-①⑬⑭⑯(4点)
    最後の三連複はジンクスで 1番人気は毎度飛ぶレースだからね・・・ 保険に
    他にも穴馬券は買おうと思うけど考え中です

    4/30 香港 シャティン8R 芝2000 発走17:35(日本時間)
    第43回クイーンエリザベス2世カップ(G1)

    ◎ ⑤ネオリアリズム
    ○ ①ワーザー
    ▲ ⑧パキスタンスター
    △ ④ブレイジングスピード
    数字は馬番

    8頭立ての少頭数です 日本馬は6枠5番ネオリアリズム
    そして本命にしました
    2走前でも香港で走りましたが9着 惨敗です
    ただこの馬の適正距離は1800-2000でしょう
    前走の中山記念でも良い走りで好調キープ 今度こそ

    対抗は香港代表馬の①ワーザー
    こちらも前走は4着だけどマイルを使いました
    適性距離は2000m以上なので今回がメイチでしょう
    去年の勝ち馬なのもあり対抗

    ⑧パキスタンスターは安定していますし距離も大丈夫
    能力は高いけど上位人気にはならなそうで美味しいかもです

    ④ブレイジングスピードは成績を見ると少し劣る印象
    ただ5着が多くしっかりと伸びる脚を使っています
    勝てるとは思わないけど差しで怖いならこの馬ですね

    馬券はどうしようかな 堅い予想になってますし天皇賞・春が的中すれば参加程度で




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。