ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2016-11-12 11:59



    ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
    買いました。

    いやはや、とても素晴らしい商品ですね。
    入手がなかなか困難みたいですが
    スプラトゥーンの時にamiiboがなかなか買えなかった
    しくじりだけはしないと決めていたので、
    予約を開始した瞬間、
    速攻でAmazonの買い物かごに放り込みました。

    だってラインナップ見ても約6000円で
    十分元が取れるラインナップですもの。

    幸い自分は
    レトロフリークでレトロゲームをプレイするべく、
    そこそこゲームを収集していましたので
    今のレトロゲームの相場をなんとなくですけど把握していました。

    あー、これ収録されているソフトを
    今の価格で買うよりも相当安いぞ…。

    幾つかソフトのダブリがありましたが、
    それでも自分が速攻で購入を決めた理由です。

    ---

    図らずも大ヒットとなったミニファミコン。
    自分が感じたヒット要因はこれかなってのを
    3つほどピックアップしてみました。

    1.すべてがシンプル
     ゲームもさることながら接続方法も電源を供給できるUSBと、
     映像を映すHDMI環境があればすぐに起動します。
     今時のゲームのように待ちません。パワースイッチを入れるだけ。
     ゲームの変更は、リセットボタンを押すだけ。
     セーブが4つできるとのことですけど直感でわかるUIが素晴らしい。
     説明書もちゃんと復刻されているそうですけど、
     まだ見ていませんが、なんとなくで判ってしまったところが素敵。

    2.でかい画面でファミコンができる
     実は本当に売れた要因はコレじゃね? と自分は思ってます。
     っていうか、子供の頃に自分がいつも思ってたことです。
     でかい画面で、くっきりした映像でファミコンしたい!
     そんな長年の夢を叶えてくれる製品が、しっかりとした
     オフィシャルグッズで出たということがすごく大きい。
     オプションで画質切り替え設定がWiiU以上というのも素晴らしい。
     っていうか、なんでWiiUでコレしなかった!

    3.小さいながらも本体を再現
     あざといぐらい再現されています。個人的にはパワーのスイッチと
     リセットボタンの上にシールが貼られていれば最高でしたが
     機能(特にリセット)が違うのでそこはしかたがないかな。
     そんななか、そのシールを再現しているマニアもいるらしいです。
     (透明シールに印刷して貼っているらしい)
     冒頭の写真にも写っていますが、
     箱の再現度も半端ないです。自分はまだ見ていませんが
     上記で書いたように説明書もこだわってます。

    ---

    とまぁ、いい部分を書きましたが、
    逆に微妙かなって思った部分も。

    ・コントローラーが小さい
     やっぱり小さいです。慣れると違和感がなくなっていきますけど、
     それでも最初の感想はやっぱり小さい! でしたw
     でも、十字キーやボタンのサイズはPSVitaとそんなに変わりません。
     だから慣れます。


    ・外部入力ができるUSBポートがない。
     平たく言えばUSBコントローラーが付きません。
     なので仮にボタンや十字キーが壊れたら分解して、
     2Pのを1Pに移植しなければいけません(実は同じ基板)
     あと、一部のソフトは連射しないと厳しいものがありますが、
     オプションに連射設定がないため、手連しないといけません。
     そのためすごく疲れますww 
     オプションにその設定だけは欲しかったかなとも。

    ---

    とまぁ、色々書いてきましたが
    個人的に無茶苦茶オススメです!
    早く再販されて、入手できなかった人達にも届くといいなぁ。
    そして第2第3のシリーズも是非!
    (・ω<)ノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。