ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Retro-Bit GENERATIONS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Retro-Bit GENERATIONS

2017-01-08 13:13


    『Retro-Bit GENERATIONS』を買いました。

    ざっくり説明しますと、
    色んなゲームが入ったファミコンミニ的なハードです。
    外観の左上にちゃんとメーカーのロゴが入っていますが、
    アイレムとかジャレコの
    レトロゲームが公認
    (ココ大事)

    プレイできるよ! と言う謳い文句で
    今年の1月1日に販売されました。
    そんなこんなでコイツのレビューしていこうと思いまする。

    ---

    まずは外観に写ってますがパッドは2個ついていますが、
    どう見てもMD6Bパッドです。さわり心地も。
    おそらく同じ型抜きを使用している可能性も。(憶測です)


    ▲比較しちゃうと色々やばいレベル。

    ただ、名パッドと名高い6Bパッドと類似しているため、
    操作や入力デバイス関係のストレスはあまり感じなかった。
    だいたいこの手の製品は粗悪なパッドが
    つきものですがこれは及第点を与えてもいいんじゃないかな。

    ---



    インターフェースはまぁ、なんか無骨な感じがしますが、
    肝心なのはゲームできればいいのでそこは個人差かな。

    一通りプレイしましたが良し悪しを
    余すところなく書いていきます。

    ---


    ▲ウリのはずが……。

    いきなり結論から書くような気もしますが、
    エミュレーションの精度はお世辞にも高いとはいえません。

    なんというか、同期ズレして、BGMが不安定になりやすいんですね。
    FCとMDやGB系は許容範囲なのですが、
    SFCだけ壊滅的に駄目。音の同期が取れてないし、
    妙にフレームレートが安定しない。


    あと、ゲームごとにBGMの音量もバラバラ。
    生放送中ゲームの入れ替えごとに調節しないとマズイです。

    実は、このハードがきた1月1日に、
    コイツを使った生放送したんですけど、
    ある意味オイシイ展開でした。
    なんというか、ウケは取れたけど、
    コレ見て購入意欲を掻き立てられるか? 
    って言う意味では放送事故レベル。

    ある意味、この展開があったからこそ、
    必死で価格分の元取ってやる! って気持ちになりましたw

    そういうわけでいろんな海外ゲームも積極的に触っていったら、
    なんか開けちゃいけない地獄の釜を開けたようなゲームが!


    ▲既視感ってレベルじゃない……。

    OUT!
    これを擁護する気力はないぜwwwww
    やってみたらFCで消えてた2面が復活してたし。

    これだけでもOUTなのに他のゲームを漁っていったら…


    ▲一見普通な感じのゲーム。しかし……。



    OUT!!
    危険なゲームを2つも入れるんじゃねー!
    最強法務部が黙っとらんでぇ……。
    しかもタダのキャラ替えで、BGMは上記のソフトと同じ。
    コレは限りなくアウトに近いOUTですわ。

    海外のゲームを漁っていくとまだまだ魔物が潜んでいました。


    !?
    ソダン先生じゃないか! プレイしましたけど、
    普通にMDのソダンでした。

    ---

    よし、負の部分を出したので、
    次は面白かったゲームや、いいところを褒めていく。


    ▲シンプルだけど、面白い。

    Creepy Bird
    ボタンをおすとジャンプして羽ばたくだけ。
    障害物を避けていく系だけど、
    スマフォでもアリそうなゲームですね。
    ただ、テンポが良いので止め時がないし、妙な中毒性がある。

    --


    ▲パズルゲームですごくハマった。

    Mazezam
    壺や宝物などを動かして左から右へ移動していくパズルゲーム。
    タイトルでググると昔からあったみたい。
    自分は熱心にパズルゲームをしていた方ではないので
    存じ上げていませんでしたが、
    コレはハマりました。頭をフル回転して
    必死でパズルといていきました。
    どうにかクリアしましたけど、なかなか面白かったです。
    フリーのブラウザ版も見つけました。よろしかったらどうぞ。

    --


    ▲こ、これは!

    ホーリー・ダイヴァー
    アイレムのファミコンゲームなのですが、
    このゲーム、むき出しでも8000円ぐらいして、
    箱付きだと1万円超えしちゃうプレミアゲームです。
    元は獲ったどー!
    ただ、それと同時に各所で噂になるぐらいの難しいゲーム。
    ニコニコ動画でこのゲームの動画の感想の中に、

    「ロックマンみたいなゲーム?」
    「悪魔所っぽい」

    みたいなコトを書き込むと…
    「そんな簡単なゲームと一緒にするな」
    という、ツッコミが入って草。

    いやはやプレイしましたけど、何このゲーム!
    超難しいです……。
    最後の方はプライドを捨てて
    セーブ&ロードを使ってどうにかクリアしましたが、
    敗北感いっぱいです。(普段は多用しない)

    でも、ノックバックがひどくて敵の配置が鬼難易度なだけで、
    一概にはクソゲーとは言えない部分もあり
    なんだかんだで面白かったです。(オススメはしませんがw)

    ---

    てなわけで、ざっくりと
    『Retro-Bit GENERATIONS』を紹介していきましたが、
    正直、人を選びます。

    もし店で見かけて、上記のことを踏まえた上で
    飲み込める人なら買ってもいいんじゃないかな
    って思いました。

    最後に、あけましておめでとうございます。
    なんか文章を書く才能が何処かに行ってしまってたので
    ブロマガ更新していなくて申し訳ありませんでした。
    ある意味本当に書きたいことだけが出来たら書くって
    決めた結果がこうでした。
    今年も多少緩めですが、できるだけ書きたいことを探して
    いきたいと思います。
    (・ω<)ノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。