• 【酒】第52回 酒の味もわからないクセに『キャプテン・モルガン スパイスド・ラム』を飲るという話し。【スパイスド・ラム】

    2020-11-21 06:58


    【名称】Captain Morgan SPICED RUM
       (キャプテン・モルガン スパイスド ラム)
    【酒類】スパイスド・ラム
    【度数】35%
    【製造販売】ディアジオ社(アメリカ)
    【輸入販売】キリン・ディアジオ株式会社









    ■バニラの香りの甘いラム。スイーツのようなお酒■

     今回はこのいかにも海賊の船長、という出で立ちのイラストが書かれたラベルのラム酒『キャプテン・モルガン スパイシードラム』を飲っていこうと思う。

     2000円強で割といろんな店に置いてあったりするのだが、いかんせんラベルがいかついものでなんとなく手を出しにくいこのボトル。このラベルの男はずばり海賊の船長であり、歴史上実在した人物で名前をヘンリー・モーガンという。

     本やネットを軽く調べてみた。17世紀に活動していたイギリスの海賊で、海賊であるにも関わらず大英帝国国王はナイトの爵位を与え、副総督にまで任命したという。だからと言ってモーガンが善人で義賊だったかというとそういうわけではなく、むしろ荒くれ者だったと・・・。

     当時イギリスの敵国だった(一応平和条約は結ばれていたらしいが)スペインの植民地・パナマの街を襲撃して壊滅させたが、イギリス国民からは称賛され英雄視された。それ故に国は対処に困った。そこで大英帝国国王がとった対処というのがナイトの称号授与と副総督の地位だという。自国の街を壊滅させた海賊のボスにこのような対応をしたイギリスにスペインはさぞかし激おこかとおもいきや、モーガンをジャマイカに缶詰めにし、海賊も取り締まらせることで海上の治安も強化できて一石二鳥とまんざらでもなかったという。

     話しが長くなったが、そんなキャプテン・モルガンの名を冠したこのラム酒はバニラ・スパイスやトロピカル・フレーバーを加味させる独自のレシピを用いているというが、さてさて。


    ■ストレート【Straight】■

     色はやや薄い琥珀色。香りはまず甘くバニラのような甘い香りを感じる。一口含むとバニラの香りが口の中に広がり、シロップのようなほのかな甘味を感じることができる。アルコール臭や辛味、苦味はほとんど感じず、非常に飲みやすい。ラベルのいかつさに反して非常にマイルドな印象だ。


    ■ロック【On the Rock】■

     ロックにして氷で冷えるとバニラの香りの奥からアルコールの臭いが顔をのぞかせてしまう。それでもバニラの香りが失せきることもなく、口に含んだ印象も後味もあまり変わらない。十分に甘みを感じることができる。


    ■ソーダ割り【Rum Soda】■

     今回はライムを絞ってみた。ソーダで薄めても独特のバニラの香りが残り、ライムの酸味がよく合う。後でライムなしも試してみたが、ライムを絞ったバージョンを飲んだ後だと物足りなく感じる。


    ■コーラ割り【Rum Coke】■


     今回は公式サイトに記載してあったレシピを試してみた。つまり、コーラをきっちり180ml計って、カットライムを絞り入れた。
     香りはコーラよりライムがやや勝る。そして飲んだ感じは、多少予想はしていたのだが、随分前に限定発売していたバニラ風味のコカ・コーラに少し似ている。バニラの風味に加え、ライムの香りと酸味がアクセントを咥えている。


    ■コーヒーグロッグ【Coffee Grog】■


    【材料】

    ラム 20ml
    コーヒー 適量
    砂糖 1tsp

     コーヒーの中にほんのりラムの香りが漂う。ラムの量自体も少なめで軽く飲める非常にホッとするカクテルだ。
    ゆったりと飲みたい一杯。好みでバターや生クリームを落としてもいいそうだ。

    ちなみに、酒類をダークラム、コーヒーをブルーマウンテンにすると『ジャマイカン・コーヒー』という名前になる。


    ■キャプテンモルガンスパイスアイスティー
         【Captain Morgan Spice Iced tea】■


    【材料】
    キャプテンモルガン 40ml
    アイスティー 150ml
    レモンジュース 1/2tsp
    ジンジャーエール 180ml

     公式サイトにあったレシピから。
     うーん、薄い。紅茶の量が多いせいでジンジャーエールが薄くなりすぎて炭酸も飛んでしまっているし、キャプテンモルガンの比率が低すぎて香りも立たない。レシピお通りの分量を計ったつもりだが、この分量本当に正しいのか!?


    ■キャプテンモルガンジンジャーエール
           【Captain Morgan Ginger ale】■


    【材料】
    キャプテンモルガン 30ml
    ジンジャーエール 90ml
    カットライム 適量

     ジンジャーエールの辛味の中にキャプテンモルガンのバニラの香りがうっすらと感じられる。ただしバニラの香りがかなり抑えられぎみ。キャプテンモルガンを少し多めに入れてはみたが、それでも奥に引っ込んでしまった印象。


    ■エッセリング【Esseling】■

     アイスとお酒のほろ苦いコクのある甘さが非常にマッチ。アイスのソースとして非常に美味い。ただし、冷えたからかバニラアイスだからか、キャプテン・モルガンのバニラの香りが抑えられてしまう。




    ■まとめ■

     まず感じ取れる特徴がバニラのような甘い香りがかなりはっきりと感じ取れる。そして口に含むとアルコールの刺々しさは感じられず、シロップのような甘みが口に広がる。一つ前に飲った『ジャック・ダニエル テネシーハニー』も甘かったが、キャプテン・モルガンのほのかな甘さに比べ、テネシーハニーはまるでスイーツにかけるソースのように甘みがきつかった。ライムとの相性も非常に良く、適量入れれば気持ちのいい酸味を加えることが出来る。2000円程度と購入しやすい値段で非常に良質なラム酒であった。
     ちなみに、商品名に『スパイスト ラム』のスパイスとは、どうやらバニラビーンズのことらしい。正直飲る前は胡椒のような感じなのかと思ってた・・・・・・。

    キャプテン・モルガン公式サイト(KIRIN)
    https://www.kirin.co.jp/products/spirits_liqueur/captain_m/index.html












  • 広告
  • 【酒】第51回 酒の味もわからないクセに『ジャック・ダニエル テネシーハニー』を飲るという話し。【リキュール(ウイスキー)】

    2020-11-09 16:48

    【名称】JACK DANIEL'S Tennessee HONEY
    (ジャック・ダニエル テネシーハニー)
    【種類】フレーバードウイスキー(リキュール)
    【度数】35%
    【製造】ジャックダニエル社(アメリカ)
    【輸入販売元】アサヒビール









    ■がっつりはちみつの
    甘ンまいジャック・ダニエル■

     ノーマルのジャック・ダニエルをブログで飲ったのはもう随分前になるが、テネシーハニーの存在は当時から知っているには知っていた。だが他の酒も飲りたかったし、フレーバードウイスキーということもあり、何となく後回し後回しになってしまっていた。

     今回、行きつけの店で酒を眺めていたところ、何となく目について手持ちもあったのでこれは機だと思い購入してみた。・・・・・・8月に。いやね、ずっと体調がよろしくなくて酒自体そんなに飲めなかったのね。だからこのブログも久々になってしまったわけですわ。飲りたい酒は何本かキープしてはいるんだけどね。

     さて、この『テネシーハニー』は、ジャック・ダニエルにはちみつを加えた、いわゆるフレーバードウイスキーと呼ばれるもの。それ故にラベルの品目にはウイスキーではなくリキュールと書かれている。度数も通常のジャック・ダニエルが40%なのに対して35%と5%低くなっている。・・・・・・5%低くなるくらいはちみつが入ってるってことかな?ネットなどの評判を見ると「女性でも飲みやすい」と書かれていることが多いが、さてさて。

    ■ストレート【Straight】■

     まずはストレートから。一応、ノーマルのジャック・ダニエルも隣に注いでみた。色の違いはよく分からない(グラスも違うし)。香りはテネシーハニーの方は確かにシロップのようなかすかな香りを感じる。飲んでみると違いが明確に分かる。確かに甘い。それもかなりシロップの甘みが強い。以前ジャック・ダニエルの記事を書いたときは「バナナみたい」と書いたが(「バナナみたい」は今も変わらない)、その比じゃない。まるでホットケーキにかけるシロップを飲んでいるかのように甘い。美味いには美味いが、自分にはストレートは少々甘みがきつい。



    ■オン・ザ・ロック【On the Rock】■

     ロックにして冷やすとやはり香りが落ち着く。ほかの酒ならば落ち着く代わりに長所が削がれてしまうことも多いが、このテネシーハニーに関してはむしろ良い方向に働いているようだ。シロップのきついほどの甘みの角がとれ、丸く柔らかになった。非常に飲みやすい、どころか甘さの加減がちょうどよくなり、美味い。好みで加水するなどして調整してもいいかもしれない。


    ■ハイボール【Highball】■

     飲み口はあくまでハイボール。ハイボールにシロップのほのかな甘さがプラスされている感じ。ただし甘いからと言ってジュースほど強烈には甘くない。






    ■コークハイ【Cork-high】■

     はちみつの風味や甘みが感じられなくはないが、全体的にコーラに負けてしまっている印象。そもそもコーク自体が甘いせいか、はちみつが目立たない。






    ■カウボーイ【Cowboy】■

     いわゆる牛乳割り。この飲み方はテネシーハニーを検索すると結構たくさん出てくる飲み方。結論から述べると非常にマッチする。そもものカウボーイはウイスキーと牛乳だけで作るカクテルなので甘くはないのだが、テネシーハニーは甘みがプラスされている。今回はテネシーハニーと牛乳をだいたい1:2くらいで割ってみたが、割る量で甘さを調整してもいいかもしれないし、別途蜂蜜を加えてみてもいいかもしれない。

    ■エッセリング【Esseling】■

     これは美味い。ただでさえ甘いテネシーハニーに甘いアイスの組み合わせはしつこくなるかとも思ったが、考えてみればアイスやスイーツにかけるソースは甘いものが多い。これもソースとしてしっかり機能しているということだろう。それくらい甘い。


    ■ ま と め ■

     はちみつ入り、というのは当然しってはいたが、お菓子みたいにこんなに甘ンいとは思わなかった。ストレートで飲るときついが、氷や水で少し薄めるとちょうどいい加減になる気がする。
     半面、はちみつがきついせいでジャック・ダニエル、というかウイスキー感が薄まってしまっているのが難点。ウイスキーというよりウイスキー風味のはちみつの酒といった感じ。主役がはちみつになっている感がする。
    十分美酒ではあるが、ウイスキーをがっつり楽しみたいならあまり向いていないのかもしれない。








  • 【酒】第50回 酒の味もわからないクセに『コカ・コーラ オレンジバニラで作ったコークハイ』を飲るという話し。【コークハイ】

    2020-08-12 22:31

    【名称】 コカ・コーラ オレンジバニラ
    【酒類】 清涼飲料
    【度数】 0%
    【製造販売】 日本コカ・コーラ株式会社














    ■優しい甘さの
    オレンジバニラのコーラ■

     さてさて、私事でございますがここ最近、なんやかんやでお酒を楽しむという雰囲気ではなかったこともあり、このブログもご無沙汰していた。酒のボトルは買ってあるのだが、中々試すところまで行っていない。

     そんな中でちょっとハマっていたのが『コカ・コーラ バニラオレンジ』であった。ところが人気がないのか、近所のスーパーでは冷蔵庫に入っておらず、隅の方に山積みに置いてありなおかつあからさまな安売りをしている。コンビニでも安く売っているというのが現状。毎日ジュースばかり飲んでいるわけではないが、個人的には安いのはありがたい。

     ところでそのコカ・コーラだが、去年は『コカ・コーラ クリアライム』、一昨年は『コカ・コーラ クリア』と、2年連続で無色コーラのシリーズが発売された。今年も発売するものと身構えていたが、どうやら今年はこの『バニラオレンジ』が期間限定コーラの品らしい。

     ということで、なんとなく酒を飲む心構えもできたので、今回はこのオレンジバニラでコークハイを飲ってみようと思う。

     まずはコーラ単品で。まずはバニラの甘い香り、その中にオレンジの香りが柔らかく漂う。決して強く主張するものではないが、双方の風味がコーラに優しく乗っかっている。では、角で割って飲ってみよう。

     うん、美味い。

     バニラの風味とウイスキーは合わないかと思ったが、特にまずくなるという印象はない。むしろ美味いには美味いのだが、反面バニラにウイスキーの風味が飛ばされてしまっている気もする。角瓶で飲ったからそうなのか、他のウイスキーでもそうなのかは解らないが、それでも美味い。もっと早く試せばよかった・・・。