• 【酒】第49回 酒の味もわからないクセに『マイヤーズラム オリジナルダーク』を飲るという話し。【ダークラム】

    2020-05-08 10:36
    【名称】MYERS'S RUM Original Dark
        (マイヤーズラム オリジナルダーク)
    【酒類】ダークラム
    【度数】40%
    【製造】フレッド・L・マイヤーズ・アンド・サン社(ジャマイカ)
    【輸入販売】麒麟麦酒株式会社


    ■日本で最もメジャーなダークラム■

     考えてみればラムなんて2年ほど前の第23回でバカルディの白をやったっきりだ。・・・・・・2年前かぁ。
     自分が投稿したブログのリストをみていると、やたらウイスキーや缶の酒、最近では日本酒なんかが多く、ラムやテキーラが全然できていない。テキーラも考えたのだが、お店でパッと目に入ったのが今回のマイヤーズラムだったので、今回はこれを飲ろうと思う。
     さてこのマイヤーズラム。どうやら日本でお目にかかれる、もっともメジャーなラム酒の一つらしい。一般的に2年熟成のラムを4年間熟成させ、香りも濃厚で非常にコクがある、とのこと。ラムレーズンを始めとしてお菓子作りにもよく用いられるラムでもある、と。
     まあ、今近所の図書館臨時閉館しちゃってるから図書館の本を調べることもできないから、軽くネットを調べた限りこんなところ。では、飲ってみよう。

    ■ストレート【Straight】■

     ややアルコール臭が気になるが、奥から黒砂糖のような刻のある香りを感じる。
     飲んだ感じも辛味がやや勝るが、辛味が引いた後やはり黒砂糖のような後味がほんのりと残る。




    ■オンザロック【On the rock】■

     アルコールっ気や辛味が抑えられ、甘味を感じやすくなった。
     冷えて香りが飛ぶこともなく、非常に良い。


    ■ソーダ割り【Soda】■

     今回はいつも参考にしているレシピ本にライムが添えられていたのでブログでもやってみた。
     ソーダで割るので爽やかなのはいいのだが、あまりソーダで薄めてしまうとマイヤーズがほとんど失せてしまう。
     ライムとの相性は良し。すこし果汁を絞ってもOK。若干風味がコーラに似ている、気がする。

    ■キューバ・リバー【Cuba Libbre】■

    【材料】
     ダークラム 45ml
     ライムジュース 10ml
     コーラ 適量

     ダークラム独特の甘味とコーラの風味が実にマッチ。
     要はライム果汁を少し入れたコーラ割りなのだが、ライムの酸味がいいアクセントになっている。
     甘味が旨のダークラムでは、少し甘味のあるライムのほうがレモンよりも相性が良いのかもしれない。

    ■ホット・バタード・ラム【Hot Butterd Rum】■

    【材料】
     ダークラム 45ml
     角砂糖 1個
     バター 1かけ
     熱湯 Full up

    【作り方】
    耐熱グラスに熱湯を少量注ぎ、角砂糖を溶かす。ラム、熱湯の順に注ぎ、最後にバターを落とす。

     これは非常に優しい味。ラムの香りにコクが加わり、バターがラムの角を取りやわらかでクリーミー。
     飲みながらネット検索をかけていたらシナモンスティックを添えてあるレシピがあったので挿し込んでみる。シナモンの香りも非常にマッチ。

    ■エッセリング【Esseling】■

     いや何かこれも久しぶりだな・・・。うん、合う。ダークラムがビターチョコのような、コーヒーのような、そんな味わいに変化。バニラと非常にマッチしている。

     そもそもが、アイスクリームとラム酒は相性が良いものとされているようで、


    ■まとめ■

    今回はダークラムを飲ってみた。ラム酒は2本目だが、飲みやすい酒に感じた。アルコール臭、辛味などは確かにあるが微々たるものだし、味わえばその奥に良質な香りや味が顔を覗かせる。またその刺激も氷などで冷やせばほとんど気になることもなくなる。
     また、これはラム全体がそうなのか、ライムやアイスとの相性も良く、なるほどお菓子作りによく使われるというのもうなづける。これで比較的安価なので、値段コミコミで良酒だと思う。

    KIRIN マイヤーズラム公式サイト







  • 広告
  • 【酒】第48回 酒の味もわからないクセに『ハイアルコールスピリッツ 65%』を飲るという話し。【ウォッカ】

    2020-05-01 23:38
    【品名】 High Alcohol Spirits 65%
    【酒類】ウォッカ
    【度数】 65%
    【製造販売】 中国醸造


    ■『緊急事態』で発売された
              高度数のウォッカ■

     昨今の騒動で度数の高い酒が消毒用アルコールの代用品として使用されている。初めのうちは、酒店に行けば大体何本か鎮座しているスピリタス(96%のピュアウォッカ)が完売しているという(というか、今も酒売り場であんまり見ない)。他にも度数の高い酒が消毒用として売れに売れているという話しをニュースで聞いた。初めてそれを知った時は、正直に白状すると苦笑してしまったものだ。だが、消毒液が手に入りにくくなっている現状、そういう方向に世の中が進んでいるのは事実で、各酒造メーカーも『ハイアルコールスピリッツ』という品名で急遽製造販売しているという状況。

     しかしまあ、消毒用の需要を受けて販売されているとはいえ酒は酒。酒造メーカーが製造しているということは当然『飲れる』ということだろう。ラベルにも「ウォッカ」って書いてあるし。と、なると酒飲みとして気になるのは当然、味でしょ。
     ということで、今回は偶然見つけたハイアルコールスピリッツで一杯飲ってみることにする。

    ■ストレート【Straight】■
     グラスに鼻を近づけるとうっすらとだがアルコールの匂いが刺さる。刺さる、というか、匂い自体は消毒用アルコールそのもの。飲んだ感じは、消毒液臭の嫌な予感とは裏腹に、割りと抵抗がない。
     流石に絶品とまではいかないが、緊急で商品化したようなお酒なので、もっと辛味や苦味が強いものかと思ったら、特にそんなことも無い。

    ■オンザロック【On the rock】■
     氷で冷やすとやや飲みやすくはなるが、やはりアルコール臭は少し気になる。偶然冷蔵庫にライムがあったので少し切って絞って落としてみたが、これは正解。飲み
                 やすくなり、非常に美味い。

    ■スクリュードライバー【Screwdriver】■

    冷蔵庫の中に常備してあるオレンジジュースで割ってみた。うん、いいね。美味しく出来てる。今回は度数が高めなので少しウォッカを少なめにしたが、やはり少なめで正解だったようだ。強めが良ければ通常通りの分量でいいかもしれない。

    ■ホッピー割り【Hoppy】■
     偶然、ほんとにたまたま偶然に冷蔵庫の中にホッピーがあったので、せっかくだからホッピーでも割ってみた。
     当然といえば当然だが、ビール”みたい”にはなった。特に変な苦味や匂いもなく、アルコール入りのホッピー。美味い。




    ■まとめ■

     今回は買い物に出た時に偶然置いてあるのを見つけて急遽飲ってみたので、家にあるありあわせのもので軽く飲る程度になった。
     正直、今回の騒動で急遽商品化されたものなので、いつか飲ったスミノフみたいに飲めないほどにアルコール臭が強い(あれは本当に消毒用のアルコール並のキツさがあった)ものかと思っていた。が、実際に飲ってみるととんでもない。絶品とまでは行かなくとも、1000円強ほどの価格帯に十分な品質であった。つまり、美味い。
     度数が高いウォッカで喉を温めたいならストレートやロック(レモンやライムを絞っても良いかもしれない)で、各種ジュースで割ってロングカクテルでと、ごく普通のウォッカと同じ飲りかたで楽しめる。度数が高い分割材を薄めない、ノンフレーバーのウォッカなので余計な味が加味されないので実に使いやすい。
     今は騒動の真っ最中なので、消毒目的で購入する方が多いだろう。騒動が収まり、ハイアルコールスピリッツが余っていたなら、いろんなドリンクで割って飲んでみてはいかがだろうか。捨ててしまうよりは断然良いのではないだろうか?ダッテモッタイナイジャン?

     なお、この記事を書いている5月1日22時現在、国税庁から臨時的な特例により「飲用不可」等の消毒用とわかる記載がラベルにあれば酒税の課税対象から外すとの発表があった。つまり、5月2日以降に製造されたものは「飲用不可」等の表記が付記される可能性があるかもしれない。
     もっとも、メーカーコメントなどに「本製品は酒類に分類されるが消毒用エタノールの代用品として使用可能(要約)」、「味や香りにクセのないクリアなスピリッツです」と飲酒用であることが明記されているのでそれはないとは思うが・・・。

    中国醸造公式サイト
    https://www.chugoku-jozo.co.jp/



















  • 【酒】第47回 酒の味もわからないクセに『こだわりレモンサワー 檸檬堂』を飲るという話し。【レモンサワー】

    2020-04-30 12:21

    【名称】こだわりレモンサワー 檸檬堂
    【酒類】リキュール(発泡性)
    【製造販売】コカ・コーラボトラーズ

    【フレーバー】 【度数】 【果汁】 
    ■はちみつレモン 3%   7%
    ■定番レモン   5%   10%
    ■塩レモン    7%   7%
    ■鬼レモン    9%   17%

       ■コカ・コーラ初のリキュール
             味が濃いレモンサワー■
     何か面白いお酒が無いものかと缶をメインに色々試していた時にこのレモンサワーに出会った。お店で見かけて知ったんだけど、販売がコカ・コーラボトラーズとあったので珍しいもんだと購入してみたしだいだ。調べてみるとどうやらコカ・コーラグループ初のアルコール飲料なんだとか。
     ラインナップは度数が低い方から『はちみつレモン(3%)』『定番レモン(5%)』『塩レモン(7%)』『鬼レモン(9%)』の4種類。今回は4本いっぺんに飲っていこうと思う。


    ■定番レモン■
    レモンの味がしっかりとしているが、酸味が強すぎも甘すぎもせず、アルコールの嫌味も無く非情に飲みやすい。


    ■はちみつレモン■
    レモンの中に甘い香りが感じられる。味の方も酸味が抑えられ、はちみつ、であろう風味によ
    り甘味が加味されている。
    しかし香り、味ともに少しばかりクセがあり、好みが分かれるかもしれない。

    ■塩レモン■
     確かに定番レモンと比べると味わいは違うが、正直ほとんど大差はない。
     塩が入って入るんだろうが、ほとんどわからない。誤差程度かな?

    ■鬼レモン■
    味わいは定番レモンより濃いかもしれない。そしてアルコールのきつさは特に大差がない。
    アルコールの刺激を感じないのに表示は9%なので、油断すると飲みすぎるかもしれない。

    ■まとめ■
     このレモンサワー、4本飲んでみて共通しているのは、レモンの味が濃いということ。缶リキュールにしては果汁が多いということもあるのだろうが、味や香りがはっきりしており、他の缶レモンサワー(レモンチューハイ)と比べて明確な違いがる。ソフトドリンクとして出ていても良いくらい。
     そして驚くのがアルコール感。苦味、刺激、抵抗感などがほぼ感じられない。いわゆる飲みやすいというやつだが、味自体が美味い上に飲みやすいので気づいたら飲みすぎてしまっている危険すらあるくらいだ。
     そして、今回の写真では見栄えのことを考えてグラスに氷を入れたが、氷は入れないほうが良いかもしれない。というのも、氷を入れてしまうと、冷たくなりすぎて長所である香りや味が失せてしまう。濃い香りや味を楽しむためにはよく冷やして氷なしでグラスに移すのが良いかもしれない。




    檸檬堂公式サイト

    https://www.lemondo.jp/