【酒】第43回 酒の味もわからないクセに『雨後の月大吟醸 千本錦』を飲るという話し。【日本酒】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【酒】第43回 酒の味もわからないクセに『雨後の月大吟醸 千本錦』を飲るという話し。【日本酒】

2020-03-14 12:29

























    【名称】雨後の月 大吟醸 千本錦  【度数】16%
    【精米歩合】40%     【製造販売】相原酒造株式会社

    ■濃厚でキレが良く透明感のある日本酒■

     先日、いずれ飲ろうと思っていた『雨後の月』が安くなっていた。『大吟醸 千本錦 雨後の月』。どうやら元々2本セットで売られてた片割れらしいが、せっかく安くなってるし、これを期に飲ってみようと思う。
     ビンの首にかけられていたタグにかかっている『SAKE COMPETITIONでSILVER受賞』の実力やいかに。

     まず香りが濃い。非常に濃厚な香りが鼻腔をくすぐっていく。味わいも非常に濃厚でやや酸味が効いた果実のよう。まるであけびのような甘さと梨のような酸味。にも関わらずキレもいい。アルコールっ気などは全く無く、透明感すら感じる飲み口は素晴らしい。



    『相原酒造販売オフィシャルサイト』
    https://www.ugonotsuki.com/













    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。