2019年 5月~6月 ボイスファンタジア
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2019年 5月~6月 ボイスファンタジア

2019-06-06 20:31
    ◎5月29日~6月1日(4枠) テーマ:ちょっと変わったRPG(4位)
    PS ボイスファンタジア 失われたボイスパワー(アスク講談社)

    ◆ロールプレイングゲーム
     (クソ)ゲームの世界に引きずり込まれてしまった不幸な男の話ゲー

    ☆放送内容:ゲームクリア

    脚本・演出・声の出演 千葉繁
    この前に「スタンバイSAYYOU」(未プレイ)でやらかした千葉氏が
    懲りずにジャンルを変えて再チャレンジ!!なぜやらせた!?

    △出演してる声優さん(特にメインの3人)が好きならやる価値あるかも?
    ×ストーリーがとにかくつまらない、ひねりがない、矛盾だらけ。
    ×RPGである必要がまったくない。
    ×千葉テイストのギャグがやはり寒い。
    ×アニメの質がとても低い、正直要らない。
    ×夜になると中の人がチープなコスプレ姿で登場、正直誰得。
    ×そういえばプレゼントって結局なんだったんだ?
    ×大泥棒3世は?財布落として食糧買い込んだあれは?


    いや、本当につまらなかった。
    プレイする前に抱いていたこのゲームの印象と低評価な理由って
    中の人がリアルで登場する滑稽さとかそういう寒々しい所だと思ってました。
    でもやってみるとそういう所も要因として全く無いワケではないですが、
    もうとにかくゲームとしてRPGとして全く面白くない事に尽きるのです。

    ストーリーがとにかくつまらない。
    魔王を倒すっていうRPGの王道というか使い古された話ではある。
    でもあえてそこを捻るというか、ヒロインキャラと交えてどう盛り上げるか
    そこがカギだと思うのですが、、、何がしたかったのか分からない。
    色気もなければ恋愛要素もなく、薄っぺらいセリフに寒いギャグ、
    話を盛り上げるつもりがあるのか疑問なほど真っ平な展開。
    そのイベント要る?理屈おかしいよね?てかそれ伏線じゃねーのかよ!?
    終始そんな感じです。
    マジ、大泥棒3世ってなに?面白いと思ってんの?

    ただ声優さんにスポットを当てたかっただけなのでしょうけど、
    そう考えるとますますRPGという要素がとにかく邪魔。
    声優さんとの掛け合いをメインに据えたいからマップの移動や戦闘を極力削りたい、
    そういう意図があるのはなんとなく分かるんですが、
    町から出て一枚マップを挟んで数歩歩いて隣のマップに移動しただけで
    ものすごく旅した
    かのような表現には無理があるし、
    イベント時のみ戦闘があるのですが、敵(ラスボス含む)のパターンがほぼ一緒。
    しかも敵がやたら回復魔法や回復アイテムを使ってくるので戦闘がすごくグダる
    (固くて倒しきれないホイミスライムをイメージしてもらえるとわかりやすい)
    単にRPG=魔王退治だからって理由だけでRPGというジャンルを選んだのかな?
    長いマップ移動、ザコ戦などグダる要素を取っ払うのは別にいいと思うのですが、
    むしろRPG要素要らなくね?ってくらい雑に作るくらいならアドベンチャーでいいよね。
    てか正直こういう雑なゲーム作りが許されるのってエロゲくらいじゃないですかね?
    (エロゲに失礼かw)

    宿屋で夜になるとメインヒロインの中の人へインタビューができます。
    名前はキャラ名ですが、明らかに中の人へのインタビューです。
    ただコスプレの精度があまりに低く、ファンが見ても嬉しいのかな?
    イベント進行の上で関係ありそうな事をわざとらしくホザくイベントはありますが、
    それ以外だと一般的な質問(好きな食べ物とか趣味とか)ができます。
    声優さんに興味があれば嬉しい要素なのかもしれませんが、テキストのみで声なしです。
    人それぞれ好みもあるし、声が本業の方々なので言うべきではないのかもですが、
    個人的に中の人出すんならそれなりのレベルのルックスの人は一人は欲しかった。
    だって、失礼ながら一般人レベルのルックスの声優さんに当たり障りのない質問して
    声優さんに声じゃなくテキストで返されて何が楽しいんでしょう??

    あとお気に入りのキャラにプレゼントをあげて機嫌を良くするシステムがありますが、
    お気に入りのキャラが居なかったし早くゲーム終わらせたかったのでノータッチでした。
    もしかしたら友好度上げたら何らかの要素があったかのかもしれませんが、
    ノータッチでクリアできたし、正直興味なかったのでどうでもいいですね。
    プレゼントを買う為にミニゲームひたすらやってお金稼ぐのもすごくかったるいし、、、

    声優さんにスポットを当てたゲームだから音声は一杯入ってて、
    各々、与えられた役割としてはちゃんと仕事はしてたと思います。
    ただ出演してる声優さんに思い入れでもない限りやる価値はないでしょう。
    自信を持って誰もがガッカリできるどクソゲーだと思います。

    △おまけ:オープニングアニメ


    総合評価:・・・・・ どクソゲー

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。