ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

3Dプリンターを超えた4Dプリンター「APL4D」、値段も驚きの価格に
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3Dプリンターを超えた4Dプリンター「APL4D」、値段も驚きの価格に

2013-04-01 00:00
  • 2
ワシントン州のプワソン大学で4Dプリンターの開発に成功したと報じられました。

一般的な3Dプリンターは立体物を手軽に自作できるのが特徴ですが、過去や未来のモノを再現しようとすると、上手く色合いが出せないなどの問題がありました。ということで、時間軸の概念を取り入れて実際に作り出そうと考えだされたのが「APL4D」です。

これが世界初とされる4Dプリンター「APL4D」です。作られたのは恐竜の卵。




プワソン大学の特別研究員のワトソンさんは、軸を一本足すことで容易に実現できたと話しており、現在は、孵化したばかりのティラノサウルスの飼育方法について検討しているそうです。

未来のモノを作ることも可能で、iPhone7 を作ったという話も耳にしています。
ただ、iPhone7 のデザインには不満があるようで、「思っていたモノと違う」という課題も残っているそうです。

価格も出来るだけ多くの人に利用してもらえるように低コストに抑え、約10兆4000億円で来年4月1日に販売予定です。

追記:
この記事はエイプリルフールネタでした。
---
なんかごめんなさい。


広告
×
いいねこれ。 欲しい!
これで未来の5Dプリンターを作って、今度はお隣の世界のものを作りたい。 (・∀・)
101ヶ月前
×
>>1
パラレルワールドktkr

101ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。