感想文
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

感想文

2019-07-05 23:41
    ○まったく畑違いの本を読め、と最近言われているので、めちゃくちゃに適当な本を読んでいる。感想文が書けそうな本を紹介していく。

    『円環宇宙の戦士少女』クローディア・グレイ 中原尚弥訳(ハヤカワ文庫)
     SF小説。
     ゲートを通じて、5つの円環となっている宇宙で、ジェネシス星と地球は対立していた。そのジェネシス星の戦士の少女、ノエミ・ビダルはゲートを通じて襲いかかるメカとの戦いの最中に、30年前に遺棄された地球の調査船と人間そっくりのメカのアベルを発見する。アベルからゲートを破壊する方法を聞き出したノエミは円環宇宙を旅する。
     というのがあらすじ。
     それでねぇ、この作者はスター・ウォーズのスピンオフ作品を手がけたり、ヤングアダルトのヴァンパイア物を書いたりしているそうなんですよ。これで察した人はいますかね。
     宇宙船の操縦から身分証の偽装までなんでもできるイケメンの敵対するロボットが、人間そっくりの知性を持っているためにだんだん主人公の少女と心を寄せていくって話ですね! もうこれハヤカワ文庫じゃなくて女子向けライトノベルで良いのでは? いや、でも…SFSFしててダメか……? と思ったなァ。
     敵対するけど、メカだから指揮下に入るのでイケメンが服従しますってすげえ設定だと思わない? ちなみに訳者はガールズ・スター・ウォーズだ、と言っていたけど、コブラとアーマロイドレディーな気がした。いやだって、機雷原を突破するのも「他のメカには突破できるような正確な操縦力はないのよ」「私は一番優秀なメカですから」で突破しちゃうし、「コーンフレークを山盛り2杯食べてるから」とかいう意味不明な説得力と似てる…似てない?
     ただ、スター・ウォーズもコブラも1970年代後半から80年代にかけての宇宙を旅する同時期の作品だ。40年くらい前のパワーがスタート地点なのだから、案外スター・ウォーズを見て育ったらなんかこういう作品が出るのは当然なのかもしれない。/コブラなんかとてもおっさん臭いからなあ……この作品みたいに逆転させてみたらどうだろう。

    『陸王』文庫版 池井戸潤 集英社文庫
     こはぜ屋という老舗の足袋会社が、新事業としてランニングシューズの開発に乗り出す。しかし、そこにはアトランティスという大手のライバル企業を始め、一筋縄ではいかない世界だった。といった感じの話。
     池井戸作品なので、まあ大体は分かってもらえると思う。
     進みこそゆっくりしているものの、話は分かりやすい。このままじゃ会社は危うい…どうすりゃいいんだ…新事業は…金は…誰に聞いたらいいんだ…助けてくれる会社は…とまあ次々と問題が現れてやってくる。悪役も露骨だし、銀行の人もどっちつかずの人もいるが、まあ出てくる人物が敵味方とはっきりしている。
     しっかし、この作品、とにかく飲み会のシーンが多くね? 池井戸作品はそこまで熱心に読んだことなかったし、半沢直樹では銀行業界では席まで決まっているからという話も聞いたのだが、飲み会で重要な話が進展していくことが多い。いや日本はそういうもんだよ、と言えばそれまでなのだが、何かあれば酒飲んでる。これが日本のものづくり業界の成功シーンの物語で大丈夫なのだろうか。
     池井戸作品は非常に分かりやすく悪役を描くし、悪役をやり込める。しかし、悪役を生み出す土壌をひっくり返したりはしない。というか、その構造は温存してしまう様子を割ときっちり描いているところが逆に面白い。特に『陸王』について言えば、実はエピローグは敗北者たちの物語で締められていることに注目したい。ハラスメントが行われて退職に追い込まれる人物がいても、そのハラスメントをなくす構造にまでは行き着かない。
     そういえば、ハラスメントで言えば、確か半沢直樹関連でも、やめさせられそうになっても妻が最後まで支えるというのがドラマの視聴者は好きなのだと言われていた。それは悪役を倒したり成功したりする時に、しわ寄せが内側に来るかもねって話なんだよね。どうも『七つの会議』とかから読んだせいか、痛快さの裏を見てしまうなァ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。