真面目な配信者は報われない 『配信勇者』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真面目な配信者は報われない 『配信勇者』

2019-09-03 21:40
    原作:大崎崇人/作画:育朗『配信勇者』(全2巻)マッグガーデン

     さてこの漫画、打ち切りである。
     この漫画はファンタジー世界にネット技術が入って動画ブームがやってきたという設定なのだが、本来魔王を倒す聖剣を持つ主人公のゼイン&ククは底辺配信者コンビであり、動画配信で成り上がろうとするも毎回失敗するという物語なのである。
     なんでつまらない動画のメイキングを漫画化するんだよっ……! それじゃつまらない漫画にしかならねぇじゃねぇか!
     というわけで、一見するとある種の見えてる地雷ではあるのだが、こういう作品はキャラクターが良ければ面白いはずである。ところがこの主人公のゼインくん、どうも傍目には誠実な聖剣の使い手というより完全にチンピラの残念な子で、聖剣の精霊・ククがそれにバシッとツッコめているとは言い難い。
     しかし、この作品、2巻から登場するヘルヘイトたんがかわいいので、そこから急速に面白くなった瞬間にクソリプ戦争(ガチ)が起きて打ち切りとなった。

     さてこの漫画、ヘルたんが聖剣チャンネルに加入する他にも、見ていると気づく。この世界、明らかに魔王軍以外の魔物と人間とが共存しているということである。じゃあなんで戦ってんだよこいつら
     そう、この世界はなんだかおかしいのである。おかしいのに、ゼイン&ククはがんばってついていこうとしている。そこが問題なのである。

     そもそもゼインくんは最初にチンピラで残念な子だがと言ったが、動画配信だけでは食べていけないからとバイトをやり、バイトリーダーに上り詰めるくらい真面目である。最初の評価と逆転してしまうが……。
     そう考えれば、ゼイン&ククの動画がクソ動画である理由もなんとなく気づく。彼らは「人間たちに注目してもらおうことでお金をいっぱいもらう」ことを目標にしているくせに、動画のシメで「魔王軍はぶっ潰すから首を洗って待っていやがれ」とやってクソ動画にしてしまうのだが、これは聖剣の担い手として最終的に真面目に魔王軍をぶっ潰すことを目的にしているからである。/結局、ゼイン&ククの動画って魔王軍にしかアピールしてないから、魔王軍しかフォロワー増えない気がするんだよなあ。ヘルたんだって基本喜んでるの魔王軍だし。

     この世界がどうおかしいのかだんだん分かってきただろう。
     魔王軍を倒すことが人間へのアピールになってない、ということである。四天王とかいうのもマジで魔王軍サイドしか知られていないということである。人間は人間サイド、魔王軍は魔王軍サイドでしか面白がられてない。(魔女とかVTuberみたいなやつとか、どっちでも見られる系はあるみたいだが)
     だから、どれだけコツコツ真面目に魔王軍を倒しても、マジで誰にも認められないし、仕方ないから動画配信を始めたけど、魔王軍サイドしか(場所の特定とかクソリプを残すためにしか)見てないのである。当然、人間サイドが聖剣の使い手をクソみたいに軽視しているのはゼインくんの口から語られる。
    なんなんマジで… /一応オレ達はスゲー聖剣の担い手とそれを導く精霊なわけじゃん 伝説の再来なわけじゃん? /それなのに世間は聖剣なんて遠い昔のおとぎ話くらいの認識 /言ったところで変なヤツ扱いだし 歴史弱いヤツは知らないくらいだし /市役所に行ってなんか手当ないか聞いてみたりしたが サラッと突っ返されたし /近くの村のガキどもにはバカにされるし /バイトの面接には4ヶ所落ちたし /なんなんマジで!!
     この報われなさは動画配信とは別の地点にあることに注意されたい。(バイトの面接に落ちたのは魔王軍退治に時間を割くため)
     そしてさらに問題なのは、この報われない世界にゼイン&ククが過剰に適応して、動画配信者になってしまうところなのだ。ネタバレになるが、最終話でゼインくんが配信勇者と呼ばれるようになったのも、これはつまり、初めて人間サイドに(勇者として)認知されたということに他なるまい。/こっそり言っておくと、ゼインくんも実はバイト仲間の一部に理解されてはいたということが最終話で分かる。
     そういうわけで、怒涛の2巻打ち切り最終話が意外とまとまりになっているという事実を告げて終わりにしたい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。