映画「パラサイト」がすごかった話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「パラサイト」がすごかった話

2020-01-26 23:09
    ○人に勧められたので見た映画「パラサイト」が想像以上にすごかったです。

     この映画、予備知識ゼロで行ったんだけど、基本的に俺みたいなバカでも分かるように非常に親切に作られているので、かなりドキドキしました。/監督は誰かと思ったら「殺人の追憶」とか「グエムル」とかの監督さんじゃないですか。あ、だから韓国映画です。

     ネタバレも含んで触れていくと、この映画は貧乏一家がウソをついてセレブ一家の家庭教師、運転手、家政婦に雇ってもらうように仕向けて、家族全員で「パラサイト」していくっていう話なんですね。韓国だとそれぐらい格差が激しいから、普通に働くより金持ちに詐欺を働いて雇ってもらった方がいいみたいな。
     この映画はですね、そういう社会的な背景もだいたい見てると分かっちゃうし、ああ、これ、詐欺やってるけど絶対バレるだろ、バレるよな……ああ! っていう感じでめっちゃ分かりやすくドキドキさせてるところなんですよ。
     最初にまずフリーWi-Fiを探すところから始まるんです。これでカカオトークでピザの箱の組立方法を見て、一家みんなでピザの箱を組み立てるアルバイトやるんですよ。で、ピザ屋のバイトが逃げたからという話を持ち出して、人手の売り込みをするけど、掛け合ってくれない。なんかもう、ギリギリなんですな。
     見る人が見たらバレバレの偽造文書、ちゃんと病院に聞いたら分かるウソ、こういうのを繰り返す。こんなの絶対バレちゃうじゃん……お約束に家族がいない日に上がりこんでしまったので、ベッドや机の下に潜り込んだり、というありがちなこともやるわけです。でも、それに間一髪気が付かれなかったり、相手がいい加減だから気づかない。
     このわかりやすいフィクション要素の横線に、わかりやすい格差社会のイメージが付け加わるわけです。
     特に終盤、詐欺一家の家が大雨で流されて体育館に避難する。ところが社長の家の奥さんは坂の上にあるので、息子の誕生日パーティーをやるからサプライズで手伝ってほしいと翌日に召集をかける。この辺とかすごいですよね。奥さんは「雨が降ってよかったわ」とかまで言っちゃうし、セレブ連中は大雨の翌日なのに大挙して集まるんですよ。上と下の違いってやつです。あ、この夫婦そろってニオイを気にする描写があるんですよね。
     この映画の予告編に「ハスラーズ」とかあるんですけど、基本的に詐欺を働く話でエンタメ系ってなんとなく明るそうな雰囲気ですよね。でも、これは観ててずーっと「これもう絶対失敗するしかないじゃん? どうすんだよ? どうすんだよ?」と思っていました。

     この映画はネタバレすると、親父さんが最終的に社長を刺すんです。で、そこまでのストーリーは大体わかりやすく描いているけど、じゃあどうしろって言うのさって作品にも一見思えるんですよね。
     これは、格差社会が個人じゃどうにもなんないってことを痛感するんじゃないかなと。むしろそこをぶつけてきているのかもしれない。個人では解決できないって部分を露わにさせると。本当だったら息子は家庭教師の金銭だけ受け取って我慢すればよかったんです。一家揃ってなんとかしたかったのかなあ。
     それに中盤で元家政婦の旦那が地下に隠れていて、詐欺一家と対決するんですけど、この家政婦夫婦はセレブ社長一家の家や生活、社長のことを基本的に尊敬しているんですよ。刺されたときもそう言ってたし。詐欺一家も差別されてるとは思ってるし、こいつ騙されやすいとは思ってるけど、金持ちセレブ社長一家が基本的に嫌いなわけじゃない(純粋で優しいってやつですね)。そう考えると、貧乏人は必ずしも金持ちを恨んでいるわけじゃなく、なのに貧乏人同士で争い合っているんです。
     もうひとつは子どもたちの無力さね。社長一家の息子がモールス信号を読み取るのに全然生かさなかったり、家政婦の旦那に息子が反撃されて一方的にぶん殴られたり娘は刺されたり。こういうピンチの場面での無力さが目についたなあ。詐欺一家の息子も娘も、計画を立てて入り込んでいくのは得意なんです。しかし、計画が狂ってしまう、ピンチの場面ではあまり力を発揮できなかった。
     最後に息子が親父を迎えに行く想像をするんですけど、あれも体育館の親父の言葉を思いかえせば「ああ、計画はうまくいかないんだろうな……」と。こういうの、個人でどうにかしろというのは無理でしょ。社長もそうだよね、別に鼻摘んだのだって血のにおいかもしれないじゃん。ただ自然とにじみ出る態度は消せなかった。

     キャッツと迷ってこっち選んだが正解か
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。