無職転生・6/24蛇足編 一話の感想!!キタ━(゚∀゚)━! 無駄に迸り回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

無職転生・6/24蛇足編 一話の感想!!キタ━(゚∀゚)━! 無駄に迸り回

2015-06-24 21:13

    (店`ω´)はい、どうも。店長です。
    気がついたら、マイリス、お気に入り登録もして頂いてました!
    ありがとうございます。とっても嬉しいです!


    さて。
    本家・孫の手先生の「蛇足編」読んでまいりました。

    まずですね、タイトルを見た瞬間の(店`ω´)の反応。

               ☟



    ※やったどぉぉぉぉおぉぉっぉぉぉぉッ!!



    ※アイェェェエエエェェェッ!!




    ※天上天下に叫びたい!!



    ※ハリケーンミキサーッ!!!!!(ライオンさんはとばっちり)




    ※よくわかんない。



    ※ブルルルァァァァァァッッ!!!!!




    ※疲れきってます。あはあは。


    と、まぁ。
    タイトル見ただけで、これくらい、猛り狂った訳ですね。

    理由は、店長の大好きな登場人物が、出たためです。

    え、店長の好きなキャラって、エリスじゃないのん?
    という声が聞こえてきそうですが。

    ※もちろんですとも!Yes!エリス!!myヒーロー!!オンリーワン!!


    とはいえですね。
    次に大好きなキャラがいるんですね、当然ながら。
    それは、ルーデウスの長女、ルーシーちゃんなのですッ!!

    ボクが今まで書いてきた二次小説には、大体ルーシーが出てきます。
    「ナナホシの挑戦」しかり、「初めての冒険」しかり。
    「初めての冒険」では、ほぼ主人公でした。後半はともかく。


    ちなみに。蛇足編を読み終わって。
    思わず自分の作品「ナナホシの挑戦」を読み返してきました。
    三歳くらいのルーシーを登場させていたのですけど。
    我ながら、すっげえ可愛く書けてたと思う!!なんか萌えちゃった!!
    是非、読んでない方は、読んでください(宣伝)!!
    アイシャもチラチラ出てて、カワイイ。次の閑話は主役だな(漏洩)。

    まぁ、それもこれも、孫の手先生が原作内で、愛らしく描写していたからなんですがね!


    ※悔しさなど、微塵もない。純粋な、素直な気持ちで、ただ尊敬を表す。


    店長はですねぇ、以前保育士をしていました。
    子どもたちに大勢囲まれて、毎日が幸せでした。
    あ、勿論、法律にひっかかるような意味では無いですよ?よ?(動揺)
    紳士は手を出さないのがマナーです(違ッ)。


    ※どうも、通りすがりの紳士です(完全に不審者)。



    ※どっちかっつーと、これに近い店長。(酔拳1の用心棒ブッチャー。声はジャイアン)
    こんなんが保育士してたんですから。子どもからすれば、良い着ぐるみだったでしょう。
    キャラとか性格的に、ふなっしーに近いかもしれませんが。
    毎日、どうやって子供たちを笑わせようか、楽しませようか考えるのが、楽しくてね。


    まぁ、なので、どうしても作中で子ども描写が入ると、頬が緩んでしまいます。


    ※こんな感じ。「初めての冒険」でこうなりたかったけど、方向性変わっちゃって…(´Д`;)



    ルーシーは、ルーデウスとシルフィの初めての子ども。
    それだけに、イチ読者であった自分も、非常に大事に大事に思っていました。
    ちょっとした描写でも、嬉しく思い、何度も何度もそこを繰り返し読んだりね。
    勿論、ララも好きだし。アルスを泣きながら抱きしめるシーンも大好き。
    ジークはまだ描写が少ないけど、ペ様が名付けるシーンも大好き。あの野郎(嫉妬)。


    ※ペ「我を呼んだか?」(呼んでない)


    ちょっと変かもですが、一緒に育てていた感覚で読んでいたのかもしれません。

    シルフィやロキシーが英才教育を施したり、エリスと一緒に素振りしたりの描写がありましたが、素直な彼女は、それを「やらされている」と思わず、当然のようにやっていたっぽい描写でした。世界屈指の天才たちに囲まれていたというのに(笑)

    でも、やっぱり幼い女の子。時々、挫けて、ゼニスお祖母ちゃんに愚痴っちゃいます。
    「パパやママみたいにできない」と。
    優しいゼニスは、そんな孫娘を優しく包み、励ましてくれます。
    ミリス編の、あそこらへんの描写は涙無くしては読めません。

    ルーシーは、みんなの愛に包まれて、素直に優しい女の子に育ってくれました。
    でも、頑張りすぎな気もします。そこらへんは、レオやララ、アルスやジークたちと一緒に遊んだりする事で、発散しているのでしょうか。おままごともしてましたしね。



    ボクの中のルーシーのイメージは、フジカワ ユカ先生描くシルフィです。
    あの優しい筆致が、シルフィとルーシーにピッタリだと思ってます。


    ※ほやぁっ って表現がとても好き。この笑顔、守りたい…!


    ※「初めての冒険」でのルーシーはこんなイメージ。


    ※悩んだり、ムクれるシルフィ。カワイイ。


    まぁ、ほとんど蛇足本編の話をしませんでしたが。
    まぁまだ読まれていない方もいるかもしれませんので、内容に触れないのはお約束。

    ちょっとだけ言うと。

    個人的に、今回凄く嬉しかったのは、シルフィ・ロキシー・エリスの呼称。
    「白ママ、青ママ、赤ママ」とルーデウスが言っていたところです。
    「赤ママ」は原作でも言及されていましたけど。
    ボクの二次の中で、ルーシーは三人の母親をそう呼んでいる、と描写しました。
    そこが原作とリンクしたので、すっごく嬉しくなりました。
    変な声も出ました(´☣౪☣)ウェッヒヒヒヒヒ みたいな。


    皆さんも、早速、蛇足編を読んでみてください。
    そして、ほやぁっ とした気分になってください。
    ルーシーを、頑張れ!って応援したくなると思います。



    ※ほとばしり過ぎた、現在の店長。ぐったり八兵衛。頭痛がヤバイわ……。


    あ、二次新作の話は、そのうちしますね。
    一応、着々とは進んでいるつもりです。
    オリジナルの方もねヾ(〇´3`〇)ノ"


    それでは、また。(店`ω´)ノシ




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。