論考
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

論考

2018-08-25 18:05
    セクハラ隠蔽の渡部直己だが、手下の福嶋亮大による擁護の「論考」が出現した。

    渡部直己を引用して新人「女流作家」をやっつけているのだから、意図は明白だろう。

    賞の授賞式で女性作家がこの件に対しミートゥーとか言ったことを非難しているが、芥川賞候補作が載った雑誌の表紙に渡部直己ご本人が堂々と写っているんだからそう言うしかなかろう。また、「早稲田文学」の編集委員が「ウィトゥー」などと言って辞任したことに対して裏切り者扱いしているが、逃げるのは早いほうがいいのだし、当たり前だろう。「早稲田文学」の編集長が渡部直己を擁護しないことに対しても批判していて、頭がおかしいのではなかろうか。

    浅田彰や金井美恵子の「ご指示」があったんだろうな。金井美恵子による告発者への誹謗中傷はこれからが本番である。

    渡部直己から弁明の「メール」が届いたらしいが、「女は精神異常」「俺に気があった。痴情のもつれ」などとほざいていると思われる。

    兎にも角にも問題は「新人作家」の側にはない。問題は渡部直己とそのお仲間にある。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。