ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ひぐらしのなく頃に 業 大石通常発症考察1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひぐらしのなく頃に 業 大石通常発症考察1

2021-01-12 10:46

    ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編1において、祟り騙し編での大石さん発症が明らかになる
    いわく、大石はH-173で強制的に発症させられ梨花ちゃまが黒幕だと吹き込まれたんですよ。
    ヘーソウナンダスゴイナー
    まあ、いいんです。なぜか大石が園崎黒幕説から古手黒幕説に乗り換えてますし、ぜんぜんアリだと思います。
    ただ、あまりにもそうでないケースについて考えられていないような気がするので
    しょうがないので、ここでは、大石が通常の進行で雛見沢症候群を発症していったケースを考えてみます。

    その前にちょっと反省会を
    まあネタとして、5発の弾丸でどうやって4人を殺すのかってのをちょこっとやってたんですが
    いやまあねえ、判ってはいたんですよ、バイオ脳ですし。最適解がヘッドショット連発というのは。ただね、ワタシ下手なんでリアリティを感じないというか、そっちの方に考えがいかなかったというかwww

    本編ではそもそも弾丸5発どころか、無限弾とか最低8発ということになってますね。
    演出ミスとか言われてますが、絵の方がきちんと5連装であることがわかるように描いています。で、銃声は8発。まあ、わざわざやってるくさいので、どういう意味があるか考えろってこでショ。
    リロードシーンが省略されたとすると、意味がなくなっちゃうので、拳銃が2丁あった一択なんじゃないかと。
    ボケットをたたくとビスケットが2つ、熊ちゃんを殴るとニューナンブが2丁
    というやつですよ。
    そんな熊ちゃんが、13話では圭一の病室を訪ねてきます。
    「あの日、なにがあったのか話してもらえますか?」
    この時の彼の気持ちを考えなさい、みたいな問題?

    大石と比べると淡白な人ですから、よくわからないですよね。
    仕事できいてきているのか、本心で知りたいと思っているのか
    13話の時点では北条家の事件と古手神社の事件は別物なのかなとか思っていましたが
    バットの件があるから、熊ちゃん目線では一連の事件か。むしろ大石の乱心は、北条家であったことが原因。
    ドラマ的に演出するなら、綿流しの警備中、大石が北条家の様子を見に行きたいと言うので二人で車で出向く。少し離れたところに駐車し、熊谷は車で待機。大石だけ北条家へ
    ややあって、大石が血まみれのバットを引きずって戻ってくる。
    「大石さん!なにがあったんです?事件ですか?」「うるせえ!拳銃よこせ!」ガツン!

    「前原さん、綿流しの日になにがあったのか話してもらえますか?」
    ちょっとおもしろいので、採用しておこう。

    これは現実ではなく
    アニメでエンタメなんすから、おもしろいは大事です。
    考察したことがはずれても、そっちのほうがおもしろい話であれば、ある意味勝ちw
    事実と確認できる点をたどって、面白い話を作っていく。
    そういう観点から、大石の雛見沢症候群発症がありかなしか検証していきましょう







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。