ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ひぐらしのなく頃に 卒 考察 ニセ鬼騙し編真相②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひぐらしのなく頃に 卒 考察 ニセ鬼騙し編真相②

2021-07-20 16:07
    さて、鬼騙し編の真の真相について考えてみましょう。
    なんだかよくわかりませんが、なにを考えればいいかは判っています。未だ真相が隠されている部分は、エウアに対して隠されているわけですから、沙都子はエウアに何を隠したかったかですね。とはいえ、これが見当もつきません。こまったね

    ゲーム説によれば、この鬼騙し、鬼明しのおはなしは
    沙都子の負けゲーム、もしくはレナが梨花を殺さず、梨花が自殺してしまったので、無効ゲームということになります。そういう風に描かれています。
    一方で、レナの帰宅時間がごまかされている、というほころびがあります。
    学校が終わるのは3時ごろ。7時までの4時間レナはどこでなにをしていたでしょう?
    リナの死体を確認しにいっていたかもしれません。ですが、それだけならエウアに隠す必要もないことです。これがエウアの目から伏せる必要のあることなら、やはり「梨花を殺していた」が解になりそうなところです。
    要するに、ゲーム上の勝ち条件を満たしていることをエウアに隠している。これが鬼明しの真相とします。

    ん-、梨花が知恵の制止を振り切って、勝手に帰ったというのを23日のことだとするとおもしろいか。
    23日午後の授業の前に沙都子はレナのリナ殺しを梨花に伝えます。直接でなくても、おじさまの知りあいの女性が雛見沢にいったあと行方不明になったときいたとかなんとか。それだけで梨花はようやくレナが発症していることに気づき「惨劇」がおきてしまったことを知り、意気消沈して授業をボイコット、自宅待機です。

    一方で、レナには梨花がリナ殺しを知ったことを知らせます。沙都子はレナを監視していたのですから、レナがどこに死体を埋めたか知っています。小動物かと思われたアレは、沙都子だったのですよ。埋めた場所に、梨花がいたような痕跡を用意し、レナが死体を確認するよう誘導すれば、あとは勝手に梨花を殺す動機をつくってくれるでしょう。
    発症したものは梨花を殺す。これはゲーム上のルールです。

    沙都子がだれかとゲームをしているのであれば、このゲーム、ターゲットを確定できた方が楽なのです。
    放課後、死体を隠した現場で梨花に見つかったことを確信したレナは、一端、帰って着替えを用意し、梨花ハウスを襲撃。梨花を殺害し、返り血をあびた私服を制服に着替えて自宅に帰ってきたのが7時です。レナが玄関にいる姿は描写されていません。荷物は玄関に置いてもいいわけですから、手ぶらで帰ってきたとする理由はないですね。

    レナの梨花殺害時刻は適当な想定で6時頃。
    そして8時の訪問時に死んだはずの梨花が前原家にひょっこり現れます。もちろんこれが嘘映像ということになります。
    ゲーム説によれば、沙都子は逆に現場にきていなければいけません。前原家はレナが死ぬ現場ですから。つまりこのシーンは沙都子が梨花として描かれたシーンということになります。
    「ファイトオー!なのですわよ」といったところです。

    そんなはずは無いと思いますか?
    ところがここまでで、ストーリー上そこにいるべきではない梨花が、いるように描かれているシーンがあるわけですよ。業1話から2話にかけての崖の上にいる梨花です。そしてそのシーンの梨花が実は「梨花として描かれた沙都子」であれば、ストーリー上の矛盾はなくなります。沙都子はレナを監視しているわけですから。

    改竄者は確実にそういうことをしているのです。
    当然、24日には沙都子は梨花の具合が悪いとか言って一人で登校しています。梨花の退出シーンは上記想定23日のコピペだし、全部終わったと言って教室をでていったのは本当は沙都子なのです。

    沙都子が24日に学校へ行ったのは、レナの死亡を確認するためで、知恵の口からそれが知らせられた段階で、ゲームは沙都子の勝ち確で終了となり、あとは帰って梨花の死体のある部屋で自殺をするだけですから。
    そして改竄者は沙都子が勝った事実をエウアの目から伏せている

    とまあ、この流れが、この場で語る鬼騙しのニセ真相となります。
    あと、もうちょっと、前原家でおこったできごとについてやりますよ
    その前に、りかさとまわりのことを消化しておこう

    このハナシに矛盾するシーンがこの後にも出てきます。
    綿明し編1の反省会ですね。
    ところが、せっかくの反省会なのに、全然情報量が増えない。なぜか視聴者はとっくに知っている「前回のあらすじ」をやっている。カケラの中を覗けない羽入に報告するシーンなので当然と言えば当然なのですが、別な誰かに起こった出来事を確認させているシーンのようにも見えます。
    まあこのシーンが全部嘘なんですけどね。あたりまえです。エウアには真相は隠さなねばならないのですから。
    改竄者はカケラの中のできごとであれば、映像を改竄できます。実際、そういうシーンとして描かれていましたよね。
    故に、ここで描かれた情報は、鬼の顛末ではなく、羽入の残り香さんが白よりだということです。残り香さんがエウアに紐づけされているのであれば、この方法ではエウアさんを騙せませんから。

    また、これが嘘だと看過されない場合、エウア側には反省会の内容が筒抜けになっていると思ってしまいますが
    この方法が通るのであれば、鬼狩りと記憶継承の情報を、エウア、沙都子に知らせない。ということも改竄者にはできることになるので注意が必要です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。