Pain Killer(R@ndom_Scout_vol.4に投げた動画)の話。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Pain Killer(R@ndom_Scout_vol.4に投げた動画)の話。

2020-05-26 22:38


     こんばんは。寺崎 九十九です。
     もう2020年も半分くらい過ぎたみたいですね。時間の流れって本当に速いなあと思う今日この頃です。

     阿羅他さん主催のR@ndam ScoutVol.4に参加した動画の解説を書こうと思います。
     僕のところに来たのはなぎにゃんさん(https://www.nicovideo.jp/mylist/45710209) の大崎甘奈ちゃんでした。
     僕は甘奈ちゃんの事を殆ど何も知らないので、どういう子なのか調べたり、なぎにゃんさんに色々聞いたりして、まずどういうアイドルなのか自分の中で認識するところから始めました。(なぎにゃんさんから頂いたテキストのタイトルが”秘密のメモ帳”だったので、具体的にどういう事を聞いたのか、とかはここでは書きません)
     その結果僕の中に生まれた認識は「大崎甘奈はトップアイドルを目指している」、「変化する事への葛藤や迷いを抱えている」とか、そんな感じでした。いや勿論他にも色々浮かんだりはしたんですけど、動画に落とし込むにあたってライトを当てたのがその二つ。

     さて、じゃあそんな甘奈ちゃんにどんな動画を、どんな仕事を宛がおうか……と考えた結果生まれたのが今回の動画”Pain Killer”です。意味は鎮痛剤。痛み止めって言うと解りやすいでしょうか? 
     
     動画の流れは……まあ、見ればなんとなくわかるかとは思いますが。「大崎甘奈がアイドルとして大成していく過程で、アルストロメリアというユニットが無くなっていく」みたいな感じ。これ作るためにわざわざなぎにゃんさんに「アルストロメリアのプロデューサーでもありますか?」って質問したくらいです。

     ユニットを経験したアイドルをプロデュースしていく上で、いつも考える事があります。「このユニットは、いつまでアイドルたちにとってプラスに働くんだろう? もし、ユニットであることがアイドルにとってマイナスに働いてしまったら、そのユニットをどう扱うべきなんだろう……」と。
     2/29に開催されたイベント、”薄桃色にこんがらがって”を読んで特にそれを思いました。
     こんな、思い悩まないといけないほどに、アルストロメリアに価値はあるのか?とか。
     もっと意地悪に考えるなら、アルストロメリアってユニットが無かったら、甘奈はこんなに苦しまなくて済んだんじゃないのか、とか。
     勿論大前提として、公式がそういう決定的な別離を描くことはあり得ないと思います。メタな話ですけど、うまみがないですからね。
     でもこれはあくまで二次創作です。公式がやらない事だろうとやっていいものです。


     「大崎甘奈が強く高く成長するために、アルストロメリアを捨てなければいけない日が、いつか来るかもしれない」
    「勿論大前提として、そんな日は来てほしくないし、大崎甘奈自身がそれを望むとは思えないけれど」
    「でも、その確率がほんの少しでもある以上、目を逸らすのは不実じゃないかと思う」
    「少なくとも、プロデューサーはそれについての備えを、シミュレーションを欠かすべきではないように思う」
    「でも、そんな暗い考えを、アルストロメリアの担当Pでもあるなぎにゃんさんがするとは思えないな」
    「(今だけではあるが)大崎甘奈のPであり、アルストロメリアのPじゃない僕にしかそれは出来ないのでは……?」

     みたいな、そんな感じの事を思って作ったのがこの動画です。
     

     ちなみにこれは余談というか蛇足ですが、タイトルが”Pain Killer”なのは、「アルストロメリアを切り捨てた時の痛みを凌ぐための薬になってほしい」……とか、そういう感じですね。ちなみに他のタイトル候補は"コラテラルダメージ(やむを得ない犠牲)"とか、”転ばぬ先の杖”とかでした。我ながら暗いな。幸福論を唄う子たちの動画だというのに……。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。