PC初心者でもできる熱暴走対策!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PC初心者でもできる熱暴走対策!

2016-08-06 16:04
    皆さんこんにちは!てるきです
    今年も段々と暑くなってきておりますね。にっくき夏ゥ!
    そんな中で、みなさんはご自分のPCのメンテナンスはやってますか?
    購入してから1年経つけど何もしてねーやって人もいるかと思います。

    それは危険です。

    イメージしてください。太陽がカンカン照り付ける中
    あなたは田んぼのど真ん中で盆踊りを踊るとします。
    あくまで仮にです!仮にですよ?
    すーぐ、もう無理ってなりますよね?

    これは人間に限った話ではなくPCも許容範囲を超える温度に
    晒された状態で作業を行うと壊れます。当たり前です。
    夏に差し掛かり自分のPCの調子が悪くなった。
    なんか作業効率が落ちたかな?
    故障したのかな?
    FUNがファンファンうるせーけどやばくね?
    ってのいうのは夏場アルアルです。

    ということでこの記事では一番熱を持ちやすいパーツの温度を下げる方法を
    簡単にご紹介いたします!

    PCパーツで特に熱を持ちやすく尚且つ熱によって
    調子が著しく落ちるパーツといえば
    CPU!  
    もちろんその他のパ-ツも熱を持つのですががが
    CPUとはPCの頭脳の役割を果たす部分ですね。
    このパーツが壊れるとまずPCは起動しませんし
    許容範囲を超える温度を超えてしまうと
    他のパーツにもモロに影響が出てしまうパーツです。
    PCの核の部分ですね。


    まずは自分のPCのCPUの温度を調べてみよう。


    HMMonitor

    こちらのフリーソフトをDLします。(無料です)
    DLできたら32bit版64bit版と分かれてるのでPCに合わせて
    ソフトを起動してください。


    するとこういう画面が出てきますね。
    このHMmonitorというソフトは

    全てのパーツが今どういう温度でどういう状態なのかを
    リアルタイムで表示してくれる昔から多くの人に使われている
    管理ソフトです。

    しかし、開いてみると英語ばっかりだし
    訳のわかんない単語ばっかりだし
    どこ見ればいいんだよ??状態ですよね。

    今回はCPUの温度を調べるということなので中段あたりの

    この部分を見てください。
    この部分がCPUの温度を示しています。

    CPUのアイドル時(何もソフトを起動していない状態)
    の通常温度は室温+10~20度です。
    なので、この時期だと40度~45度あたりが通常の温度だと思います。

    もしここの温度が異常に高ければ危険です。
    アイドル時に60度~70度だとゲームを起動したりすると
    100度近い温度になってしまい熱暴走をしてしまう恐れがあります。
    ※一部のCPUでは通常温度が高いCPUもあります(極稀)

    ご自分のCPUの温度はいかがでしたか?

    CPUの温度が100度を超えてしまうと
    温度を下げようとクロックダウンしてしまいます。
    クロックダウンをすると大幅にPCの作業効率が落ち今まで快適にできていた
    ゲームができなくなったりちょっとした作業をやろうとしても
    CPU使用率が異常に上がったりしてしまいます。

    でも安心してください。
    ちょっとメンテナンスをしてあげるだけで
    CPUの温度を下げる事は可能です。
    ご自分の使ってる愛機をこれからも大切に使っていきたいのであれば
    多少のメンテナンス方法を知っておきましょう。

    まだそうなっていない人もこれからなる可能性が十分あるので
    今のうちに対策をしていきましょう!

    ってことで次回の記事はCPUFUNの交換とグリスの塗り直しについて
    説明します!

    次回かーい!

    皆さんPCもそうですけど自分自身の体も
    夏バテから守っていきましょーね!w


    てるき
    ツイキャスにて毎日3時からゲーム配信やってます!






    フォローする



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。