ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

哲学随想を試しに書いてみる。45
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

哲学随想を試しに書いてみる。45

2015-07-21 18:30
  • 18
言葉は希望である。
 それ自体が価値である。

 しかし、ではどうしてロゴスのプラトンは「国家」において、哲人の王国からミュトスのホメロスを排除しなくてはならなかったのか?

 それには、詩というものがさらに論理性を持って展開した形式である、
 物語、
 についての言及が必要になる。

 物語(StoryもしくはTail)とは「誰か(Who)」すなわち、人格(キャラクター)を扱う学問である文学、にカテゴライズされはするものの、その人格の論理構成は虚構(Fiction)も含み込み得るものであるため、飽くまでもノン・フィクションの人格(HeもしくはShe)を扱う歴史(His+Story=History)とは違い、そこに出てくる人格・キャラクターの実存・実在性が問題とはならない。
 それはすなわち、物語はそうした虚構のキャラクターの行為・営為が実存・実在性において真であるか偽であるかが問題ではないということであり、
 とうぜんながら、純然たる物語とは実在・事実に即して・・・

 嘘でも本当でもどうでもよい。

 ・・ということになる。
 それはテレビでも雑誌でも漫画でもネットでも、毎日毎日無数に生まれ来るところの「作り話」を思えば容易に知れることであるだろう。


 ただ、物語もその中心中軸がその主人公の人格(Who・Ego)、という一つの論理(ロゴス)の形式の一貫性において成立するミュトスである以上、主人公がたとえ誰にでもなれるような悪魔やジョーカーであろうと、多重人格者であろうと、ちょうど、前もって「自分は嘘吐きだ。」と断りを入れた「嘘吐き」の「嘘」がもはや本当の、嘘、ではない、という『嘘吐きのパラドクス』のように(そんな『嘘』のことを冗談、という)、そのことについて何らかの断りを入れないことには、物語として成立しえない。
 そうした断りを入れないものは欺く悪意があるものを虚偽、それが自覚されない場合で虚妄と言い、完全に規定・秩序(コスモス)を持たない叙述は単なる混沌(カオス)の呟き・独白に過ぎないものに堕すため、そうした「誰か」の真なる規定秩序・人格の論理に物語は支えられている、とも言える。
 物語の嘘とは嘘は嘘でも括弧付きの「嘘」である。

 真実とは、実存や実在のレベルにおける真実である、事実、のみを必ずしも示すわけではない。


 そして、哲人プラトンの詩人ホメロスら物語の語り部に対する批判の主題は、そうした規定の中の、とりわけ・・・

 無限者である神、

・・・の扱いについてのものに重点が置かれていたのである。
 物語の「語り」は「騙り」にも通じる。これを先の「嘘吐きのパラドクス」同様、文学の側の良識から逆説当為表現すると、

 文学者は嘘で真実を語らなければならない―

 と、なる。
 文学者はたとえ虚構や「嘘」であったとしても、実在や実存・現実性とは異なる位相における真実は語らねばならない、ということであり、
 これに背いたとき、文学者は詩人ホメロスたち同様、その知性や悟性の驕りによって、理性や本質・真実在にもまた、背を向けることになり、哲人の国家から追放されることになる。それは現代において物語に携わる者にしても同様である。
(念のために補足すると、この『国家からの追放』とは、国家の何らかの権力が何らかの作品・危険思想を排除する、といったような現象的な話ではない。我々日本人のやまとことばにおいては古くは「国」家の、国(くに)=地(くに)、であり、そういう具合に、国、は大地の目に見え手に触れられるものの秩序のすべてを指すものであり、プラトンの『国家』もそうしたものであるのであってみれば、ここでいう『追放』とは、精神がそうした地上の秩序から遊離し、空想・幻想・夢想・妄想に迷い込み、そこから「現実」に帰ってこれなくなるような事態・事象を指すのである。)



 さて、では、詩人ホメロスのいかなる叙述が、無限者・真実在者としての神についてのそれとしてそぐわなかったのか?
 それは、神についての根源的存在論や、今なお世間において見られるそれについての謬見にもまつわることなので、また次回で慎重に扱っていきたい。
広告
他8件のコメントを表示
×
コメントに返信、有難う御座います。
たしかに、この小説を読んだからといって、私が真理を知ったりするわけではなく、これから考えていく上での、新しいきっかけとかを掴む為のもの、と捉えて楽しみながら読み進めるようにします。実際、2章まで読んでから話に引き込まれまして、速度が上がってます。
して、鬼とは本当に怖いもの、と認識してます。
鬼を取り扱った作品、物語には、なにかしら不幸が起こるそうですしね……私はマンキンの武井さんの話で、本当にヤバイんだろうなぁ、と感じたものです。
言うなれば、怨念、負の塊とも言えるものは、肉体っていう形を失ってさえ、現世に影響するんだろうな、と。
メガテンだと、平将門公の下りも同様な恐ろしさを感じます。
71ヶ月前
×
さて、また連投コメントを。
3章、第1巻まで読み終えました。
首の企みが段々と明らかになりました。他の思想家たちを巻き込んでの思想による革命を行う、と言うところでしょうか。しかし、周りを踏み台程度にしか考えておらず、周りにもその魂胆がばれているような。
それと、黒川が語った三輪与志の「虚体」について。
今の世界は、我思う、故に我有り、という自我、自己を自分と定義した上で作られた思想、文明、社会と言えますが、その全てを覆す、我は我なのか?という根本的なところかの在り方から疑っていたのですね。
私は前言われたとおり、どうしても自我、エゴが強かった為、その根本的なところにたいして、疑問を懐いていなかったので、本当に新しい発見と言えます。
しかし、他の作者による巻末の作品紹介によると、今後はかなり激しい内容になるそうなので、心して読んでいこうと思います。
71ヶ月前
×
コメありがとうございます。

 3章というと、首猛夫と黒川健吉の屋根裏部屋の対話ですね。
 首の革命はやはり、屋根裏の妄想に閉じ込められた黒川や三輪と
いった若者を想うところはあってもやはりまだ実存レベルなので、
徐々に黒川や三輪、なにより矢場徹吾の抱えているものが手に
負えなくなってくるのが明らかになってくると思いますが、埴谷
さんが最初にこの世界には永久機関が実在するとした複線の生きる、
首がこれから語る、「愁いの王」という寓話は虚無から自らを保つ
自己・自我の在り方の寓意に迫るので楽しみにしていいと思いますよ?
71ヶ月前
×
お忙しかったようで。コメント返しどうもです!
ここに来て、首が語る寓話、ですか。
最近私は寓話っていう含みを持たせたものを好んで書いていたので、本当に不条理で、気になります。
まろんさんの記事の※欄でも少し話題に上がっていた「永久」
どういった内容が語られるか、こちらも楽しみです。
71ヶ月前
×
あ、変換予測で
不条理で、 って言葉を挟んでしまいました。
未だに文をあんま推敲しておらず申し訳ない。
71ヶ月前
×
いえいえ。
 コメントに加え、お気遣い痛み入ります。
 本当に休みは取れるものの結構ハードな仕事をしてまして、それが
先月末から今月頭にかけて立て込んでへとへとなのに加え、昨日は
DVD買ってるのにも関わらず誘惑に負けて「永遠の0」放映を見て
夜更かしとボロ泣きをしてしまい、へばっております・・

 もう数日もすれば、コメなりブロマガの続きなりも出来そうですが
まろんさんの記事が盛り上がってたところに参加できなかったのは
残念無念ですねえ。
71ヶ月前
×
コメント返しどうもです!
しっかし、ここのニコニコだと、ゲームやアニメ好きな方なども多いので、まどマギやFFを例にして分かりやすく書いてくれるリウキさんや、ラブライブ!っていう作品を哲学的観点から考察するまろんさんが登場したりと、本当に楽しいことだらけで、私自身も色々感化されて助かってます。
私自身は、純哲学っていうもの事態に対しては、卵の殻を破ってすらいないひよこ以前なので、こういう形じゃないと会話に参加すらままならない事態だなー、と他の哲学記事を描いてる方を見てると思いまして。
71ヶ月前
×
あと、リウキさんが話題に出した、永遠の0、の大まかなストーリー、ネタバレを調べてきました。
うん、いい作品ですね。
自分の命を懸けてでも、本当に守りたい大事な、大切なものがあって、それを覚悟するってことは、並大抵の人間にはできない事だと思います。
71ヶ月前
×
永遠の0の作者の百田さんはあの独特なキャラクターでこの
ニコニコブロマガでも有料のほうで顔を出した広告をされて
ますね。
 実は自分は原作は読んでいないのですが・・^^;;)

 これは「永遠の0」を扱った記事です。
blomaga/ar688568
blomaga/ar692600

 まあ、特攻隊員が主人公である以上その最期は必ず死を
もって終わるのは当然なので、ネタバレを見るのもいいかもし
れないのですが・・・
 自分は百田さんも「三回見て三回泣いた。」という映画の
「0」こそはこの作品の真価を発揮してると思いますので、
とにかくその特攻の死という「0」にどう物語が集束していく
かはぜひ確かめてほしいですね。あれには家族を守りたい思い
のみならず、友情・師弟愛・運命・絶望・贖罪・自己犠牲・希望・
救済・・・
等々、これでもか、てくらいいろんなものが込められてますから。

 岡田准一くんの鬼気迫る演技に加え、山崎監督の構成、日本
人の魂を示しうるベテラン俳優勢による述懐、エウレカセブン
音楽担当者による壮大なBGM、・・・唯一気に入らないのは
主題歌のサザンですがw・・なにより今の時代の在り方、全て
がこの映画には収斂してます。

 ブロマガでも言っていたと思いますが、この映画の本質は三島
由紀夫も超えられなかった戦後日本の「命と魂」の価値の弁証
統一、ということを特攻隊というもっとも相応しいモチーフで
やった、ということで、ある意味あの主人公・宮部久蔵は「命
と魂」に分裂していた自分たち日本人の精神の救済者・・・
現実版「まどか」とすら言えたりするかもしれません。
71ヶ月前
×
ますは、
ちゃんと作品を見たうえで語らないといけなかったですね。申し訳ない。
しかし、本当にこの世の中、学ぶものが多すぎて時間が足りないなんて思うものです。
本当、一か月会社休暇してた時の自分に、色々みとけ、学んどけって言いたいいものです。
あとは今の自分も、時間は大事に使わなきゃ、と。
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。