ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

哲学随想を試しに書いてみる。46
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

哲学随想を試しに書いてみる。46

2015-08-09 21:14
  • 28
物語は前回も見たとおり、詩や歌の延長上にあるひとつのミュトスであるため、そこで求められるのは論理や真理性よりも、ある人格のありありとした感情や情念の確からしさであり、その真理性は虚構を以て真実を語る(騙る)「嘘吐きのパラドクス」的な逆説表現としてあるものだった。

 しかし、そんな物語(Story)がその論理性や真実性を深め、実在した人物を語る物語になると、それは「歴史物語(History)」となり、人格として神を語る神話(Myth)と共に、次元の異なる論理構造を獲得するようになることもまた、以前に示唆していたが・・

 詩人ホメロスは、「イーリアス」や「オデュッセイア」など、そうした神話を背景とする、歴史物語をその竪琴の音に乗せて語る、吟遊詩人だった。
 その立場は我が国における、仏法説話・無常観を背景とし平家の盛衰・源平合戦を「平家物語」として琵琶の音に合わせて吟じた琵琶法師たちの立場に同じである。

 実際、一説にはホメロスもまた、平曲語りの琵琶法師たち同様、盲目だったという話があるが、そこで注目すべきなのは、それが同時に文盲であることも意味し、記録に残る我が国で最古の語り部・稗田阿礼や神謡を語るアイヌのエカシ(古老)と同じく口誦文学の立場に彼もまた立っていた、ということだ。(ソクラテスもまた、彼自身はこのように文字を用いた文章は遺さなかった口誦の哲人だった。)

 イーリアス、平家物語、古事記、アイヌの神謡・・・
 今でこそあれらの物語は文字・文章や書物として残っているので、それに慣れ過ぎてしまった現代人の我々には思いもよらないのだが、古代に物語に携わっていた彼ら文盲の詩人たちは、当然、それらの長い長い物語を暗記し、暗唱していた。

 われわれ現代人には驚異的、という他ない能力、記憶力であるが、それもそれらが唄、であったからこそ可能であったことといえる。
 唄にかき立てられる感情や情念のリズムは体に慣らされ習わされることによって、頭だけの記憶力などは軽々と凌駕する。

 そうした習性に成る観念的精神的実体は個人の領域では、
 習慣、
といい、
 それが集団のものとなり継続されるならば、
 慣習、
となり、そこにさらに自覚や向自有・歴史性が伴えば、
 伝統、
となるのだが、


 その、ある感性を的確に呼び覚ます習性、そして人格を以て語る文学の形式によってこそ、
 詩人は神の在り方も見誤りうるのである。


 プラトンは「国家」において、ホメロスら詩人たちの語りを師である哲人ソクラテスに批判させるのだが、最初に槍玉にあがるのは、全能の主神ゼウスと、その祖父や父であるタイタン(巨人・titan)の、天の『神』ウラノスや(一説には)時の『神』クロノスとの逸話である。

 「天地(あめつち)初めて開けしとき―」・・の一句で始まる我が国の神話同様、
 カオス(混沌)から最初に分かたれ生まれたコスモス(秩序)である、
 天―ウラノス、と、地―ガイア、
 という、神(deity)以前の巨人(titan)より、ギリシャのオリュンポス神話は始まり、全ての神々はその二柱のコスモス・タイタンより生まれるところにギリシャ神話の特色があるといえるのだが、
 ここで大事なのは、

 「天地初めて開けしとき―高天原に成れる神の名は、天御中主神。次に高御産巣日神。次に神産巣日神。この三柱の神は―…」
 と続く日本神話同様、
 天(ウラノス)や地(ガイア)は、神、とは異なる概念(ここでは、カオスに対置されるコスモスや巨人タイタン)として語られており、それは決して神そのものではない、ということである。
 天御中主神は天という存在の絶対的根拠ではあっても、天そのものではない。天そのものを含み込みなお余りある何かである。

 この、神(deity:複数形deities、本義上複数形の有り得ない一神教の神god、とはやや趣きを異にする多神教の神)と、
 天地そのものであるのみならず、大地(ガイア)に足を付けている限り無限の力をふるうともいう、巨人(titan)、との分別は、
 そもそも神が、
  善、
 という概念の絶対的根拠でもある、という、きわめて重大な本義的命題にも関与する。

 ゆえに、ソクラテスは神々を代表する主神ゼウスが父であるタイタンのクロノスを「殺す」逸話を「たとえ本当のことであっても、思慮の定まらぬ若い人たちに向けてそう軽々しく語られるべきではないと思う。」という具合にしてまず、詩人ホメロスらを批判するのである。
 これはとりもなおさず、本来的に神話が寓話などとは違って、決してたんなる子供向けの話などではなく、大人や老人の為のものであることすらも暗示するのだが、
 問題は、

 善の根拠としての神、

 である。
 詩人(文学者)は「嘘」で真実を語らねばならず、神は善の根拠であるのが真実な為、善の根拠として神を語らない詩人の「嘘」は「嘘」でも物語でもないただの、嘘、であるからもはやそんな詩人は国家(現実)から排除されるしかない―

 プラトンとソクラテスの結論は集約するとそういうことであるが、
 ここは素朴に考えてみて欲しい。

 まず、道徳の説くところでは、神とは崇敬すべきものである。
 神とは善良なものである。

 『・・・が、その神の中でもとりわけ尊い主神ゼウスは、父クロノスを『殺し』ている。(実際には殺したわけではないが、どんなことをしたかは、ソクラテスの良識に倣い、ここでは伏せる。)そして主神となったのちも、いろんな人間の女性に言い寄っては妻ヘラの怒りを買ったり、その女性たちを不幸にすらしている。
 主神がそんなものだから、その他の神々も好き勝手なもので、人を不幸にしたりもしてるのみならず、ホメロスの『イーリアス』に至っては人間たちの裏で暗躍して人間たちで代理戦争すらしてるではないか。
 神とはそんなものなのか? ならば神を崇敬なんてできるのか?
 こんな神のどこが善良なのか?』

 ・・・・・と、
 この『』こそは神にまつわる道徳律の影より生じる、極めて凡庸にして通俗的な無神論の典型的な思考経路なのであるが、おおかたの人には共感を禁じ得ないのではないだろうか。
 ここで、
『神は勝手気ままだ。なら己も勝手気ままに生きよう。必要なら父だって『殺せ』ばいい。』
 ・・・と思うならこれまた極めて通俗的にして凡庸なる悪の道が始まるのだが(おそらく現在のギリシャの経済危機もこの悪と無関係ではない)、

 しかし、共感しつつも、
『いや、とは言っても、無神論とはなにかとても怖いものなんじゃないだろうか?神さまは我が儘に見えるけど、ひょっとしたら、人間とは違うルールが神さまにはあり、人間には悪く見えるけど、本当は善いことをしてるのかもしれない。人間には悪いことに見えても、神さまが悪いことなんかするはずない。神さまは善いことをしてるはずだ!善いもののはずだ!』

 ・・・・・と、いう具合におおかたは心の平衡を取るのではないだろうか?

 実際、キリスト教の神は極めて善性の性格の強い神で、それゆえに畢竟、審判の神となり、その一見して苛烈にして理不尽にも見える裁きもいかに深い理由があるか、そして何より、善、というものがいかに困難なものか、を説き明かし、その過程で背徳の悪魔すらも見出さざるを得なかった神なのだが、


 実のところ、そうした神話というものが、存在や本質、絶対者・無限者・真実在などを、文学が主題とする人格の形を以て語られた、ロゴスかつミュトスの形式なのだと看破できたのなら、そうした涜神の誘惑のほとんどは解消するものなのである。


 そもそも全てのおおもとである混沌・カオスは善でも悪でもない。
 ならば、そこから分かたれ生じる、
 天(ウラノス)=精神・形而上性そのもの、も、
 地(ガイア)=物質・形而下性そのもの、も、
 さらにはいまだ神ならざる神以前の
 時(クロノス)ら巨人=無限に限りなく漸近するがいまだ有限の人格的極大者、もまた、
 善でも悪でもあるはずがない。

 ウラノス(精神もしくは空間の総体そのもの)は霊性や罪性の話で見たように、善悪二元そのものであるし、
 自然、の異名も持ちうるガイア(物質もしくは物体の総体そのもの)にはそもそも善悪がない。
 クロノスもまた、神ならざる巨人である以上、その程度の振れ幅が極大だったとしても、ごく普通の人間同様に善悪の混淆であり、のみならず「彼」の場合は『父殺し』のみならず、『子殺し』までやってのけている。


 よって、ゼウスの『父殺し』は比喩のうえでも、実質の上でも『父殺し』であって、父殺しではない。むしろ、逆説的善の「悪」ですらある。悪の智である謀略・奸智の女神メティスはヘスティア・ハデス・ポセイドンらゼウスの兄弟神たちがクロノスにされたように、ゼウスに飲み込まれてしまうが、善の智である知恵・叡智の女神アテナとして生まれ変わる。父であったとしても、悪は討たねばならず、それによってゼウスは善なるものになっていたということで、それは単なる力の巨人(titan)から善なる神(deity)への飛躍でもあった、ということでもある。ゼウスの父への罪も罪に違いはないが、それはこの世に悪とともに善もまたもたらしたアダムとイヴの原罪のような罪だったと見るべきだろう。

 以上のことが原型となる、すべての神々の「悪事」を敢えて皮相に喩えて言うなら、それは人間の悪行になぞらえた神々の隠喩的存在論にすぎないもの、と言うべきである。
 むしろ、悪や醜聞に食いつく心性を見越され、そうした神語りに我々が食いつかされているとすら言ってもいい。感情移入という技法は決して現代大衆文学の専売特許ではないのである。
 神や神を語る者は、やはり、侮れない。

 純粋な無時間空間は幾何学空間のように静謐で、時間的変化はないが、現実の空間は自然によるにせよ人為によるにせよ、目まぐるしく移り変わる。
 絶えずウラノス(空間)がその息子クロノス(時間)によって『殺され』ているから我々の現実世界に時間が流れ、世界に絶えず変化が起きているのだ、と言えるし、そのクロノスをゼウスが『殺し』たから、その後、無秩序に新たに神が生まれないし、(日本と違い、ギリシャの神はデュオニソスやプシュケーなど、よほどの理由が無い限り新たには生まれない)現代的時間観の平行世界・世界線・時間線のごときものも生まれないのだ、とも言える。
 それは、日本列島を産んだ伊邪那美命が火神・迦具土神を産んだ時に『死んだ』為にもうそれ以上日本列島に新たに大きな島は生まれず、火神による火山によってのみ、時折にぽつぽつ新たな島が生まれる・・という事情に同じである。
 

 以上のように、神が『殺され』『産まれる』ということには、例外なく、何らかの世界や精神概念の欠損と再生、更には飛躍を伴っている。
 神は常に世界の在り方変わり方と共に在り、かつ、それに先立っているのである。

 結局のところ、無限者たる神の営みは人間の有限な感情を刺激しつつもそれを超え往くのだ、と見なすしかないのだが、神の人格化により可能になる感情の印象、およびその強調誇張がその語りにおいてどうしても重大な意味・意義を持たないではおれない物語に携わる詩人や文学者にはそれが困難なのであり、ともすればそうした涜神につながる嫉妬や、喪神の絶望、というもっとも強烈で空虚な感情にすら時として訴えかけ、時にはその嘘に真実を覆い隠させてすらしてしまうのが、詩人の限界であり、その語りの弊害であり、
 のみならず、感情・情念の限界なのでもあるのである。
 (こうした無自覚な感性と習性の悪を、反省と歴史をもって克服するのが先の、
  伝統、
  というものである。)


 そして、詩人が煽るそのもっとも強烈にして空虚な感情たる、嫉妬と絶望こそは無神論のみならず、虚無主義の根本情念である。
 虚無は時として、自我、という我々にもっとも身近で基本的な秩序すらも食い尽くすことは既に指摘したとおりである。
 とうぜん、それが現実の最たるものであり、地上秩序そのものである国家の脅威とならないわけもないのだから、

 やはり、「嘘」で真実を語らない詩人・文学者が追放されるのにもそれ相応の理由はあったのである。
 
広告
他18件のコメントを表示
×
ロランPさん、いよいよ本気宣言ですね。

 人の死因というものはぶっちゃけてしまいますと、他殺か自殺か
事故死か病死か老衰死かのどれかですが、そこから自殺をカテゴラ
イズしさらに絞っていくのは妥当かつ正当な方針だと思います。

 そして、いじめや会社の過重労働に潰され死ぬこと・・・
 それらはどうも自殺でありながら間接的他殺でもありうること
から、やはりどうも、エーリッヒ・フロムという人が提示した、
愛の欠落した他者への関心・・・加虐と被虐の問題の闇との対峙
が課題になってきそうですね。

 加虐主義、すなわち、サディズムの加害者と、
 被虐主義、すなわち、マゾヒズムの被害者とが、

 自殺を巡ってどう定立されるか、それをいかに証明し解決に
導いていくのか・・・

 困難な道だとは思いますが、及ばずながらも、自分も応援し
てますよ?
70ヶ月前
×
コメントに返信どもです。
といっても私は本当に無知なのを自分で知ってます。なので、まずは今までの主観とか感情を含んで書くのを主にするよりも、「自殺」ってなんだ?とか、「なぜ」自殺するの?っていう基本的なところをWIKIや辞書に描いてあるようなテンプレ引用文から始まり、それに対して無知な私なりに今の情勢はどうだから~だの、昔は~だったーだの、書いてみようかなぁと。極端にいえばリウキさんとかとまとさんが昔から記事書く際にやってるまっとうな記事の描き方を自分もしなくちゃなぁ、と反省した次第。飛び道具的なのは記事を分けるか、間に挟む程度に抑えれば今までよりかは読める代物になるかなーと。
私が書く内容なんて、他でいくらでも議論されてるだろ!ってのは重々承知なうえでやろうと思うのは、やはりこの場所でやるから意味があるはず、と思っているからです。ここニコブログでは改めて、私の取り扱う自殺について関心を持つ人ってのはごく少、稀ってことは数カ月記事を書いたりして気付くことが出来ましたので。百件以上記事書きましたけれど、自殺関連の記事には、リウキさんはじめ常連さん以外は、本当にノータッチって感じでしたからねぇ。かつて自殺なんてしないだろーって思ってニコ動を見ていた私のような人が、同じ道を歩まないで済むようになればいいかなぁと。
昔言ってた無茶なことよりかは、だいぶ足元とか現実が見えてきたのかなーとは思います。実際私が書く記事で1人でも救えたとしたら、それでも十分役には立ってるって話ですからね。
70ヶ月前
×
さて、最後の審判を読ませて頂きました。矢場が一人思い悩んでいた内容は、本当にはじめのはじめまで遡ったものだったのですね。私が過去に書いた記事では、動植物までしか思慮がまわりませんでしたが、「何が私なのか」からなる自分を形作る物を辿っていった先は、私たちの細胞になり、原子になり、それを存在させた宇宙であり。自分を自分だって思ってるものが、そういったはじめに在りきものが形を変え続けてこうして今に至ったと考えると、私が当時書いたパンドラの記事にしても、もっともっと深く考えたり描くべき内容があったんだなぁ、と反省する次第です。
さて、矢場がふたたび黙狂へと戻ってしまう前に語った自在宇宙と無限ではなく零である虚。後の2章で何が語られるのか。 ここまで来たので近いうちにまた感想を書きに来ると思います。
69ヶ月前
×
すみません、追記を。
今に至るまで、私らは自我を捨てきれなかったからこうなってて、人間であることから離れられなかった釈迦もイエスさえもあもバッサリと行くとは、物凄いなあと。
しかし、この話を読んで、かつてコメント欄に出没した私の親友の考えを少なからずですが思うことができたような。深く考えること、決して自分が語り得ぬ処は沈黙すること。
考えて理解もせずに外に出しちゃうと、またそここら大きな大きな誤りが発生して、こんがらがるだけで。
次の自殺についての記事では、ストレートに生きる意味、生きる価値を書こうとしてたのですが、7章を読んだことですごく考える必要があるな、と思い止まったいる次第です。
69ヶ月前
×
ああロランPさんどうも本当にお疲れさまです。

 話の流れとしては、三輪高志が夢魔を介してかつて殺した同志に
「亡霊宇宙に行くがいい!」と言われたその当の亡霊宇宙が舞台で、
この全宇宙の最後の最後に行われるという、あの最期の最期の審判、
はほんとにあの「死霊」のクライマックスでしたね。

 あの黙狂の矢場徹吾は、ウィトゲンシュタインの、
「語りえぬものについては沈黙せよ。」
を体現しつつも、実はあの発狂してしまったニーチェそのものでも
あり、あの亡霊宇宙の影の影の死霊たち、全ての実体者の存在の
犠牲になった虚体者たちの、釈迦やイエス相手にすら及ぶ弾劾裁判
こそは、虚無主義・ニヒリズムの究極の到達点、と言え、そこに
辿り着けたからこそ、あの埴谷雄高さんはニーチェの予言した、
超人だった、
 と言えるわけですね。

 もっとも、最後まで読んで頂ければ解ると思いますが、それで
もこの死霊はあの愁いの王の命同様、結末を待たずに埴谷さんの
死去で未完に終わり、その先は自分たち生者に委ねられているの
ですが・・・


 ただ、釈迦とイエスが裁かれた後に現れたあの、生物自体
とも言える虚膜生物と、自分も以前に扱った、0かつ∞の
無(無限)者、の登場により、実は物語冒頭で岸博士が言った
この作品最大の眼目である、

 虚無主義(絶望)の克服、

 は既に示唆されており、そしてそれは同時にヘーゲルの語った
存在論の究極でもあるため、あとはそれをいかに現代に引き継ぎ
ソクラテス・プラトンのイデア論も踏まえつつ本質・概念論に
導いていくか、がおそらく現代とこれからの哲学の課題になって
いく筈なのですが・・・


 スピリチュアルブームなど興味深い動向はあっても世の中は
基本的にまだまだニーチェの
「神は死んだ。」
で足踏みしてる現状ですからね。
 次回はそのニーチェの「神は死んだ。」を詳しく見ていこう
と思います。
 ほんとは半端な無神論者全員に埴谷さんの最期の最期の審判
をよーく読んでもらえば済む話なのですが・・・

 あの審判の場には、確か自らの生体電気で自らを殺した奇妙な
自殺者も加わっていたと思いますが、たとえば某ブロマガでその
主さんと自分のいじめについての見解深浅がはっきり割れたよう
に、同じように自殺を扱いめぐったとしても、ロランPさんは誰
よりも深く潜っていけるものと自分は信じておりますよ?
 「他でいくらでも議論されてるだろ!」は全然気にしなくて
いいと思いますよ。だって、ロランPさんは、後にも先にも今
ここのロランPさんただ一人なんですからw
69ヶ月前
×
>>27
返信どうもです。
7章に語られていた内容で、釈迦が悟った、正覚した、という入り口に立った時、他人にまるきり同じことを伝えられると思ったのが誤りであった。って言うのをいい方向に解釈すると、自分の答えは、他でもない自分で出すしかないってことなんですよね。自殺抑制についての答えを記事で描くといっても、何よりも私自身が納得できる答えを出す必要があるわけだから、確かに他人の目を気にする必要はないんですね。まぁ、さすがにこれはないだろーってな答えは出さぬように悩みながらも、先ずは残り2章を読んでから、記事書きのほうに戻りたいと思います。
69ヶ月前
×
さて、第8章 月光の中で を読ませていただきました。
内容として印象に残ったのは、黒川が語った、かの有名で対照的な哲学者2人の無限大についての対話と、印刷所で李さんが語った、文字として残すことでその想いは数億年先まで伝わるという台詞、そして三輪高志のを愛した妻が心中するまで夫を最後の最後まで愛し続け、その想いが虚在と呼べるものに昇華されたこと。この3つでしょうか。
この章は前の章と一変、救いや希望を感じました。
とーくーに哲学者二人の対話は内容が難しすぎて、いまだに解りかねているのですが、想いってものは残るんだなぁ、なんというか、無限ないし虚存に近いといえるのかなぁと他の解る部分を読んだうえで感じた次第。
さて、次が最後の章ですね。明日辺りに読み終え次第、感想を描きに来るつもりです。
69ヶ月前
×
続いて第9章、”虚体”論 大宇宙の夢 まで読まさせていただきました。第9章は今までの総括にあたる内容と感じましたので、私が読んだうえで感じた、今まですべての章を持っての感想を。
筆者さんは、矢場が至った生物が持ち合わせる極致のニヒリズムを理解しながらも、それでも人が持ちうる、考え抜いた先に世界を一変させるほどの希望が在ると信じ続けたんだろうなぁ、と。あとは、形なきものにしか到達できない、といった無限大の答えに対して、生き物という形を持ったものでも、考え抜いた先にいつか到達できるという思い。
しかし、この世界に存在している希望と絶望っていう逆なようで合わさってる事象に対して、私はいろいろ考えることになりました。私は単純に、生きることが希望であり、死ぬことが絶望っていう、単純すぎる図式で自分のテーマに最初は取りかかっていたわけですけど、生と死よりも、心が希望を持っているか、もしくは絶望を抱いているか、そこがまず在るわけで。まぁ、だからって希望を抱いて死ねばいいって単純な答えには至りませんし、この存在世界はまず争いだとか食物連鎖の根底があるのは然り。そんな絶望しそうな世界でも、今を変えるべく希望を持ち続ける事の大切さを私個人といたしましては感じました。といったん示させて頂きます。細かく書き出すときりが無いので。
69ヶ月前
×
ロランPさん、どうもお疲れさまでした。

 黒川健吉の語った二人の哲学者というか哲人、は
「暗い人」=元素論者ヘラクレイトス、
「笑う人」=原子論者デモクリトス、
で、「楽しむ人」はおそらく科学の始祖ニュートンを示すと
思いますが、ニュートンにおいては排除された無限の問題が
この二人においていかに重要な問題だったか、科学者におい
ては未熟な科学概念としか見做されない自然哲学概念として
の原子と元素にいかに可能性があるか、がここでは示唆され
そこに我々の時代の科学がもたらす虚無に対抗する希望も
示されているのですが・・

 9章でははっきりとその正体を告げた黒服と青服に対し、
津田安寿子が三輪与志への愛ゆえに、一歩も引かなかったと
いう、愛ゆえの、希望、がほんとうに印象的で黒川の希望に
対して対称的でしたね。

 物語は、安寿子が、三輪の虚体すなわち、虚無や空虚とい
う似非の無ではなく真の無からの、真の有の創造を青服との
やり取りで気づいたところで終わってしまいましたが、これ
は宗教的には真に神と仏の相関を知ること、とも言えますね。
その間には悪魔や鬼などの偽りの無限、悪無限、という躓き
の石もありますが・・・

 そうした悪無限や虚無・絶望の正体を有限と無限との正し
い関係の喪失、と見破ったのはキルケゴールでしたが、津田
安寿子の愛に「暗い人」の元素や「笑う人」の原子、そして
そうしたものの調和そのものにして本質そのもの、真実在
としての神や仏を考えることはこれからの全ての人達が生き
ることそのものとして立ちはだかってくることになるでしょ
うね。
 と、言うより、既にしてそうして生きている人なんていく
らでもおり、自覚がないのがひとつの問題でもあるのですが
・・・

 まあ、とにかく読了おめでとうございます!
 まさかこんなに早く読破されるとは思いませんでしたw
69ヶ月前
×
>>32
返信どうもです。
世間でいうシルバーウィークがあったおかげと、後半に進むにつれて読む速度が上がったから、ですね。
しかし最後まで通して読んだとはいえ、こうして解説されてなるほど!と思ったりまだ読み直して落とし込まねばならぬ状態です。
ついさっき書いた記事の次回では、絶望に至った人に対して少しでも救いになるようなものが書ければ、と私なりに考えてみようと思い立ったのも、こうして1つの物語を読み終えたからです。
宣伝に乗せられた4回目ないし5回目の記事も、かーなーり私はかの物語に影響を受けたからああいった内容になったわけで、うつ病の方に関してはマジもんの医者さんから酷評とか頂きつつも、それに対しての生き方、在り方についてはかねがね好評いただき、少しでも救われた、生きる希望を見いだせた方がいたようで本当に良かったです。
私はあほなんで読んだ内容を直接は伝えられず、自分で砕いた形で今後も描いてく様にはなりますが、役に立てばいいなぁ、と最初の夢を思い出しつつやっていこうと思います。
69ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。