• シルク2020募集馬を考える!④いろいろ産駒

    2020-06-30 19:09

    気がついたら寝ていましたw和田無道です。


    1つにまとめようと始めたのに、
    結局三編の構成となりましたww

    目的別に見やすくなったととらえようw

    今回はオルフェーヴル産駒・スクリーンヒーロー産駒・リオンディーズ産駒!


    【オルフェーヴル産駒】

    大阪杯を勝ったラッキーライラックは母父フラワーアレイ(アイルハヴアナザーの父)。
    母父父にフォーティナイナー。
    クロスは父方にノーザンダンサーが確定で、母方にミスプロクロス。

    皐月賞を勝ったエポカドーロは母父フォーティナイナー。
    クロスは父方確定とノーザンダンサー。

    東京スプリント(大井GⅢ)を勝ったジャスティンは母父ゴーンウェスト。
    クロスは父方確定分。

    マーメイドSを勝ったサラスは母父タピット。
    クロスは父方確定とノーザンダンサー。


    GⅠ獲った上2頭は母父系がフォーティナイナーで、
    全体に共通と言っていいのか、日本のダートで活躍馬が見られる
    米の血統と相性が良さそうと感じました。



    レッドオリヴィアの19 ♂ 母父ジャングルポケット

    母は芝1800mを中心に活躍し4勝。
    祖母は芝ダート問わず中距離で活躍し6勝。
    曾祖母の産駒には5勝馬が多数いてダート活躍馬が多い。
    クロスは攻めてサンデーサイレンスの3*3が入る。

    父と母父の組み合わせからは勝ち上がりが出ていない。

    距離の融通が利きそうで、
    芝の中長距離を豪快に駆けてくるイメージ。
    馬場やコース条件なんか不問で結果を出しそう。

    問題は気性ですよね。
    かなりきつい仔が生まれそうな予感w

    馬体重が470kg以上で気性に問題なさそうであれば出資候補になりそうです!



    【スクリーンヒーロー産駒】

    有馬記念を勝ったゴールドアクターは母父キョウワアリシバ。
    クロスはノーザンダンサー・ヘイルトゥリーズン。

    世界のモーリスは母父カーネギー。
    クロスはノーザンダンサー・ヘイルトゥリーズン。

    シンザン記念を勝ったグァンチャーレは母父ディアブロ。
    クロスはヘイロー・ノーザンダンサー・ヘイルトゥリーズン。

    フローラSを勝ったウインマリリンは母父フサイチペガサス。
    クロスはダンジグ・ヘイロー・ノーザンダンサー・ヘイルトゥリーズン。

    強い1勝馬のクリノガウディーは母父ディアブロ。
    クロスはヘイロー・ノーザンダンサー・ヘイルトゥリーズン・ノーザンテースト。


    共通としてはノーザンダンサーの血がめちゃ濃い事くらい。
    基本マイナーな母父で結果出すんやね~w
    と思いきや、単純に繁殖の質が思わしくないという感じで。
    そんな中でも結果が出ているのは素直にすごいと思います。


    トレジャーステイトの19 ♂ 母父オアシスドリーム

    母は中央ではダート1400mで3勝。
    母の全兄が欧州でGⅡを2勝。とは言え、褒めどころの少ない牝系。

    クロスの感じだと、ダンジグの4*4やノーザンダンサーの濃さから、
    ウインマリリンをイメージする感じ。

    良くて3勝クラスを一か八かみたいな出資ですかね。
    安定感は無く、大当たりの期待も薄いと思います。

    余程馬体が良くない限りは見送りです。



    【リオンディーズ産駒】

    今年デビューする組が初年度ですね!

    血統の良さと金額、産駒への早熟遺伝を期待しているので、
    もっともっと募集されてほしいものです。


    ウインフロレゾンの19 ♂ 母父フジキセキ

    母は芝の長目で2勝。
    祖母からマーメイドSを勝ったシャトーブランシュがでているものの、
    その他があまり活躍していない牝系。
    兄弟の勝ち上がりも厳しそう。

    クロスはサンデーの4*3とヌレイエフの5*5

    父キングカメハメハ*母父フジキセキの組み合わせで見ると、
    タンザナイトSを勝ち7勝したミッキーラブソング
    その弟で根岸S2着の6勝馬ユラノト
    芝マイルで5勝のカネトシディオス
    同じく芝マイル5勝のアルバタックス等

    大きいところを勝つ馬が出ていないが、
    丈夫でOPクラスを何度も入着するような馬が出ている。

    正直、血統的な面白さは無く、芝馬になるかも少し不安。
    リオンディーズに変わったことで早期に1勝し、
    その後回数を重ねてもう1勝して入着を繰り返す。

    そんなイメージです。

    すすんで出資しようとは思わないタイプですね。



    以上で本日の更新を終わります。

    全部で7頭の検討を行いましたが、
    出資候補に挙がりそうなのはレッドオリヴィアの19位でした。

    また近いうちにこのシリーズの更新を行います!

    そのころにはカタログ届いてたりしてw和田無道でした!

    んならばばいばいノシ


  • 広告
  • シルク2020募集馬を考える!③ハービンジャー産駒

    2020-06-30 15:32

    ②の続きとするか③とするか悩ましい、和田無道です。

    結局としてやっていきますw

    今回はハービンジャー産駒・オルフェーヴル産駒
    スクリーンヒーロー産駒・リオンディーズ産駒~

    と言いつつ一旦切ってしまいそうですがw

    【ハービンジャー産駒】

    有馬記念を勝ったブラストワンピースは母父キングカメハメハ。
    クロスはノーザンダンサーと全兄弟クロスが二つ。
    トライマイベスト*Ei Gran Senor HIS Majesty*Graustark

    マイルチャンピオンSを勝ったペルシアンナイトは母父サンデーサイレンス。
    クロスはノーザンダンサー5*5*4。

    ヴィクトリアマイルを勝ったノームコアは母父クロフネ。
    クロスはノーザンダンサー5*5。

    海外でタフに活躍中のディアドラは母父スペシャルウィーク。
    クロスはノーザンダンサー・ヘイロー。

    エリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンは母父キングカメハメハ。
    クロスはミスプロ・ダンジグ・ノーザンダンサー。

    こちらも特筆するような共通点は見えません。
    全兄弟クロスって面白いな~とか、全共通ではないですが、
    ヌレイエフが母方に入っていると良いのかも~なんて根拠のないイメージのみ。


    それでは見ていきましょう!


    アーデルハイトの19 ♀ 母父アグネスタキオン

    母は1戦未勝利で屈腱炎にて引退。
    祖母は名繁殖のビワハイジで、血統表には活躍馬が並びます。
    母の産駒は牝馬ばかりですが安定した勝ち上がり。
    種牡馬のレベルを考えるとかなり良い仔出しをしています。

    クロスはノーザンダンサーの5*5*5

    全姉は2勝し、スピードやキレよりも持続力やパワー系に出ている感じ。
    父と母父の組み合わせからはニシノデイジー、ギモーヴ等で大きな活躍馬は無し。

    ビワハイジ牝系ではありますが、
    全姉にそのスピード能力が受け継がれている感じが無いので、
    活躍馬が出る可能性は十分にありますが見送ります。


    ツルマルワンピースの19 ♀ 母父キングカメハメハ

    母は芝ダート短距離で3勝。
    家系としては地方活躍馬が多く地味な印象。
    とは言え、何と言っても全兄ブラストワンピースの活躍!
    半姉のホウオウピースフルもフローラSで2着しています。

    クロスはノーザンダンサー
    全兄弟クロスがトライマイベスト*Ei Gran Senor HIS Majesty*Graustark

    父と母父の組み合わせで言うと
    ブラストワンピースとモズカッチャンがいますが、
    他はぱっとしない成績でした。

    全兄妹とは言え、牡馬と牝馬では体のつくりが大きく違いますので、
    安易に走るとは思えません。
    なのでこちらも見送りです。


    といった感じで2頭の検討でしたが、
    どちらにも活躍する要素が十分にありそうでした。

    それでも結論が見送りとなりましたが、
    馬体が出てきたらまたいう事が変わるかもしれませんねww


    という事で、
    予想は出来ていたと思いますので一旦切って、
    残りを④として再度投稿したいと思います!!和田無道でした。

    んならばばいばいノシ



  • シルク2020募集馬を考える!②キズナ産駒

    2020-06-30 14:27

    シリーズ化の番号まで振り分けたのに、
    やっと二回目となる募集馬検討!どうも和田無道です。

    なんやかんやで金額や厩舎が発表されました!!
    早く馬体も確認したいところではございますが、

    先ずはそういったもの抜きで、
    募集馬の検討を行っていきます。

    僕の出資方針としては、
    予算内でできるだけ多くの馬に出資したい!!

    と言うのが理想ですので、
    お値段の高くなりそうな種牡馬は後回しでの検討となります。


    今回はキズナ産駒・ハービンジャー産駒・オルフェーヴル産駒
    スクリーンヒーロー産駒・リオンディーズ産駒をまとめてみていきましょう!

    【キズナ産駒】

    チューリップ賞を勝ったマルターズディオサは母父グランドスラムでミスプロ。
    クロスはノーザンダンサーとセクレタリアト。

    函館2歳Sを勝ったビアンフェは母父サクラバクシンオー。
    クロスは5*5のノーザンダンサー。母母父にアンブライドルド。

    京都新聞杯を勝ったディープボンドは母父キングヘイロー。
    クロスはリファール・ヘイロー・ノーザンダンサー。

    京成杯を勝ったクリスタルブラックは母父タイキシャトル。
    クロスはヘイローとヘイルトゥリーズン。

    ざっと出してみましたが、素人の僕には特に共通点を見つけられませんw
    勝手なイメージで話をすると、結果を出している条件が
    母父の影響を受けているように感じています。


    それでは見ていきましょう!!


    ウルトラブレンドの19 ♂ 母父リッチーブレンディド

    母は米GⅠ馬で代表産駒は父ディープの4勝馬ベアインマインド。
    降級制度があった時期なので実際には3勝Cレベル。
    サーヒューストンが中央で1勝までですが、
    地方移籍で現在も活躍中(地方獲得賞金約3000万)
    1戦1勝のピュアブレンドは父ヴィクトワールピサでダート勝ち上がり。

    クロスはダマスカスの4*4
    母の血統構成がかなりマイナーで評価は低くなります。

    スピードを意識できない感じで、距離の融通も利かなそう。
    ダートマイルでソコソコ走ればいい方かなと。。。
    現時点の評価は見送りです。


    アイリッシュシーの19 ♀ 母父ガリレオ

    曾祖母の産駒にGⅠ馬が勢揃いし、祖母もGⅠを2着2回等。
    母の全兄が2頭いるがどちらも1勝どまり、母自身は3戦0勝。

    父と母父の組み合わせは2頭で、
    未勝利芝1400mを勝ち上がったヴィルトゥオシタ
    稍重のダート1800mを1:52.9で2着のキズナハイトーンがいる。

    父ディープと母父ガリレオでは
    カンタービレ・ヴァンキッシュラン・トーセングラン・セントレオナード等
    期待の割に、上のクラスに上がるともう少し足りないようなキャラが多い。

    この血統で、セレクトで1500万という安さも不安要素。

    ソコソコ活躍しても良いと思えますが、
    セレクトで安かったのは大幅にマイナスと考えます。
    血統的な面白みで言えばアリです。

    現時点では積極的に行こうとは思いません。


    血統的に気になるのはアイリッシュシーでしたが、
    この血統構成でセレクト1500万購入は安すぎでしょう!

    と言う疑心暗鬼から、
    キズナ産駒への出資検討は現時点で無しでございますw


    長くなったので一旦切ります。和田無道でした。

    んならばばいばいノシ