太もも脂肪吸引の1年経過と、ダウンタイムの注意点|計3,200mLの吸引記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

太もも脂肪吸引の1年経過と、ダウンタイムの注意点|計3,200mLの吸引記録

2019-12-09 17:47
    太ももは、脂肪吸引に関するご要望の中でも1、2を争う人気の部位ですが、吸引範囲が広く、術後のダウンタイムや経過が不安だという方も少なくありません。
    そこで今回は、当院で太ももの脂肪吸引を受けてくださったゲストが綴ったブログを元に、ベイザー脂肪吸引の術後経過と、ダウンタイムの注意点について、詳しくご紹介したいと思います。
    「太ももの脂肪吸引に興味はあるけど、実際のところが知りたい」
    そのような方のために、ありのままをお示しします。(情報提供:THE CLINIC

    術前のデザイン

    脂肪吸引を行う際は、必ず事前にマーキングを実施します。どの部位からどれぐらいの脂肪を取るのか、どれぐらいの深さの脂肪を取るのか、またはあえて残す脂肪はどこかといった情報を事細かに記載していきます。この見立てをおろそかにしては、いい仕上がりは期待できません。
    ちなみにこちらは、当院の太もものマーキング。
    当然ですが、それぞれのライン、色分けには意味があります。
    太もものデザインについて詳しく解説している動画もありますので、興味のある方はご覧ください。


    -----------------------

    Column:太ももの脂肪吸引は、太もも以外のデザインにも影響する

    太ももの脂肪吸引は、下半身のボディデザインの要と言えます。
    例えばこちらの症例をご覧ください。四角いお尻が丸く整っているので、一見するとお尻の脂肪吸引を行なったのかな? と思われるかもしれませんが、実はお尻には一切手を付けていません。
    実際に吸引したのは、太ももの外側と腰です。



    このように私たちは、単に太ももを細くするだけではなく、常に周辺部位とのバランスを考慮して一人一人にあったデザインを行なっています。

    -----------------------

    実際の経過

    次に、実際の経過を時系列ごとにご紹介したいと思います。

    ①:手術直後

    麻酔から目覚めると、すでにこのように包帯とガードルでしっかり太ももが保護された状態になっています。


    この方の場合、傷跡は全部で6箇所でした。
    内訳)
    ・前の太ももの付け根(鼠蹊部)に2箇所
    ・後ろ太ももの付け根に2箇所
    ・後ろ膝の内側に2箇所

    ②:脂肪吸引術後2日目

    まだ痛みは結構残っています。
    普段は歩いて10分の道のりに30分かかったのだとか。それとともに、太ももにかなり浮腫みと腫れが目立ってききました。
    ここからいよいよ、本格的なダウンタイムが始まります。



    浮腫みや腫れは、吸引した脂肪の量が多いほど激しくなります。
    ちなみにこの方の場合、除去した脂肪の量は3,200mLでした。↓

    やや腫れやすい方ではありますが、想定の範囲内です。
    不思議に思われるかもしれませんが、1か月後にはこれが嘘のように回復していきます。順を追ってご紹介しましょう。

    ③:脂肪吸引術後4日目

    まだまだ脚の腫れは続いています。
    脂肪吸引後の腫れは、術後3〜4日目がピークです。
    足の甲にまで浮腫みが見られます。しかしこれも想定の範囲内です。


    ④:脂肪吸引術後6〜7日目

    太ももの内出血はだいぶ引いてきましたが、浮腫みは続いています。
    感覚的には、正座した後のような痺れた感じが、足全体にあるとのことです。


    ⑤:脂肪吸引術後10日目

    痛みはだいぶ治まってきましたが、太ももの内側が硬くなってきました。
    真ん中あたりがボコっとしていますよね。その部分が硬くなっています(「硬縮」という状態です)。これは脂肪を失ったスペースに線維組織が作られ始めている状態で、組織と皮膚を癒着させようとする正常な生体反応の一つです。
    脂肪吸引後の体が回復している証拠なので何ら問題ありませんが、入浴時に優しくマッサージしていただくと、回復を早められます。



    ⑥:脂肪吸引術後2週間

    術前(左)と比較して見ますと、2週間後(右)はだいぶ太もも横の張り出しがなくなっていることがお分かりいただけるかと思います。



    お尻の形もはっきりでて、小尻な印象に。
    また、その分脚長効果も見られます。


    一方で、膝の上とふくらはぎに浮腫みが残っていて、まだまだ重たい印象です。それに写真からはわかりませんが、硬縮のために太もも全体がつっぱった感じになっています。
    完成まではもう一息といったところ。日常生活では、地道に太もものマッサージを続けていただきます。

    ⑦:脂肪吸引術後1か月

    腫れもかなり治まり、だいぶスッキリしてきましたが、硬縮はまだ残った状態です。
    ご本人が言うには、タイトスカートがずいぶん履きやすくなったのだとか。
    確実に効果は実感いただけているようです。
    この頃には、ダウンタイムと呼べる状況はほぼ脱しています。


    ⑧:脂肪吸引術後4か月

    2か月後と4か月を並べて見ました。
    内腿の隙間がどんどん大きくなってきているのがお分かりいただけるでしょうか。
    お尻も丸みが強調されるようになりました。
    周囲からも「細くなったね」と言われることが増えてきたそうです。


    ⑨:脂肪吸引手術から1年後

    最終的な完成形がこちらです。
    時間を追うごとに、太ももがどんどん引き締まっているのがお分かりいただけるでしょうか? これこそが、ベイザー脂肪吸引の大きな特徴です。脂肪の周辺組織を傷つけずに吸引するので、弛まず綺麗に回復してくれます。

    ※ベイザー脂肪吸引に関しては
    「ベイザー脂肪吸引に関するFAQ ~効果は? デメリットは? ダウンタイムは?で詳しく紹介しています。

    ダウンタイムの過ごし方

    太ももの脂肪吸引の後には、ある程度のダウンタイム症状は覚悟いただかなくてはいけないのですが、効果的なセルフケアを行っていただくことで、その症状は確実に軽くすることができます。

    痛み

    術後3日目ぐらいまでの痛みが特に強い間は、保冷剤でのアイシングが効果的です。
    ただし患部の炎症が治まってきたら控えるようにしましょう(炎症が治まった後は、逆に温めめた方が良いです)。
    太ももの脂肪吸引の場合、椅子や便座に腰掛けるのに苦痛を伴います。椅子にクッションを取り付けたり、便座にスポンジを貼り付けるなどの対処も有効です。

    浮腫み/内出血

    ガードルや着圧タイツによる圧迫固定の他には、患部を温めるのが有効です。また、もし余裕があるようでしたら、インディバ などの加温機器でケアするという方法もあります。クリニックやエステなどで施術を受けると、より早期の回復が期待できます。

    ※圧迫固定について詳しく知りたい方は、関連記事「脂肪吸引後の圧迫固定【よくある質問まとめ】」をご覧ください。

    硬縮

    むくみ対策同様、加温や高周波トリートメントが効果的です。シャワーの習慣しかないという方は、入浴に切り替えるというのも手です。また、この時期には痛みが治まっているので、マッサージやストレッチを積極的に行うのも良いでしょう。

    ※ダウンタイムの過ごし方についてもっと詳しく知りたい方は「脂肪吸引後に心配な症状と、すぐできる対処法」もぜひご覧ください。

    正しい脂肪吸引は効果てきめん!

    手術直後は「グロテスク」「痛そう」などの印象を持たれるかもしれませんが、正しく施術を行えば、最終的には必ず細く、美しく仕上げることができます。
    脂肪吸引の成否は医師の技術よるところが大きいので、クリニックではなくて医師を選ぶつもりでカウンセリングを受けられると良いでしょう。
    その際に役立つ質問シートをご用意したので、是非参考にしてください。
    「こんなドクターは信頼できる!」の目安がわかりやすくまとまっています。


    みなさんが良い結果を得られることを、お祈りしています。



    <情報提供クリニック>
    THE CLINIC(ザクリニック)
    東京・横浜・名古屋・大阪・福岡
    ▶︎【Check】現在、太ももの脂肪吸引モニターを募集中です。

    〒106-0031
    東京都港区西麻布 3-16-23
    Azabu Body Design Center 1F
    TEL:0120-60-3929
    統括指導医師:大橋 昌敬


    ■費用の目安
    ¥280,000〜330,000(1部位)
    ▷料金の詳細は関連記事「脂肪吸引の値段はどう決まる?」をご参照ください。

    ■副作用・リスク
    施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。