• 僕たちの嘘と真実

    2020-09-22 19:53
    何が嘘で何が本当かを考えたいよね

    欅の結成が
    2015年8月21日

    映画公開日が2020年

    乃木坂は結成が
    2011年8月21日
    悲しみの忘れかたは2015年7月10日


    4、5年が妥当なのか、、、いろいろ溜め込むのは
    乃木ねえさんはその後のドキュメンタリーに裏側はあまりないけれども

    欅は1年目から、、色々あった
    正確には2年目か

    1st アルバム 真っ白なものは汚したくなる(タイトルセンスがなんかダサいのよな)
    2017年7月19日

    このあたりから何かがおかしくなる
    というか、このあたりからけやかけ見だしたのでここからはリアルタイムで感じたことがかけます。

    アリーナツアーがあったのですよ、
    それに参加しました。
    神戸2日目

    もう、なんというか、金と時間を返せと思ったね、
    メンバーも感じてたんじゃないかなとは思いますね
    ただ、最後に聞いたWーKEYAKIZAKAの歌(あれ以来、聞いたことないけど)はよかった
    まあ、それでトントンだったね

    言えばいいのに、言い訳になるとか言わずに
    納得できないね、当時は
    何んであんなに死にそうになっていたのか
    映画で一瞬触れてたけど、3年間の謎だよ。

    冬優花のその時のブログで、みんなでてちのところにいった
    その時のことは話すのはだいぶ先とは書かれていた
    意外と、あの子も子どもなんだと行ってた記憶がある
    理由も一瞬映画で出てたけど、確かに

    その辺りからてちに惹かれて行った(行ってしまった)
    今思えばですが、
    最終公演の様子は番組でやってましたね、


    今泉の卒業発表は
    2018年8月7日
    去年の夏はツアー欠席
    本当に、今泉・ねるは止めるべきではなかった
    おだななも
    なぜなんだろうなー、理由じゃない、なんでそうなっちゃたのかなって話

    今泉の名前をだしたから
    いじめファイブのことも考えたいよね
    避けてはダメでしょ
    けど、スポンサーとかのことを考えれば
    本当にいけないことなんだよ(人権的にもだけど)

    記事が本当だと仮定して書きますね
    正直、肯定派ですが

    正直、確定なのは
    ホスト
    しかわからん。
    映画で見ると、本当にてちの隣にいる、びっくりするぐらい
    けど、てちからは話で出たことがない(あるかもしれんが)
    てちからは、りさ、、か
    他わからぬので消去方でいきます

    21人いますよね
    1人は本人なので
    20人
    ひとりは確定(ホスト)
    19人
    りさ・てち・ねる・よねさん・まなか・小林・ごぼう は確実に違う
    12人
    おだなな・りさ・尾関・なーこ・はぶ はたぶん違う(無理でしょこの人たちには)
    6人

    上村
    斎藤
    佐藤
    ゆっかー
    もりや
    すずもと

    たちがグレー(こええ)

    普段の様子を思えば、
    すずもとは違うんじゃ・・・?
    ゆっかーはキャプテンは見て見ぬ振りと
    となると、、、

    こええーーー
    消去法ってこええーーー
    証拠がなくても
    あぶりだせる
    こええーーー

    ちょっと怖くなったので続きは次回

    今泉卒業後からね
    改名までおいたいねー

    以下、メモ

    てちと女優(アカデミー賞)
    シングルがでなかった一年以上
    ひなたとは意味合いがちがう改名

    嘘と真実を明らかにするのじゃなくて、
    映画自体が嘘と真実言っている

    改名後は、今まで欅をしらなかった層にこそ、知って欲しい























  • 広告
  • 青空のように光り輝く笑顔が似合う彼女たち

    2019-02-11 21:17
    歴史というか、振り返りを書き起こしたくて

    漢字の結成は2015年8月21日
    (関係ないと思うが、まいやん真夏の誕生日の1日後)

    ねるちゃんが加入したのが2015年11月29日(実際は収録日だろうから不明だが)
    欅坂46に新メンバー「長濱ねる」が加入!

    この日がひらがなけやきの結成日であろう。

    2016年5月8日に1期生加入

    この日がデビューというか、第2のスタート

    ねるちゃんの経緯を考えるとひらがなはねるちゃんを引き止める、引きとどめる、ために結成されたグループ
    それはねるの評価がすべてをもっていった

    その後、漢字の兼任、

    2017年4月5日 体調から漢字への専任へと動いていく


    ここからひらがなの低迷、迷走、
    これは運営の目線。彼女らは関係ない。
    これが第3のスタート

    2017年8月13日
    2期生加入

    2018年
    武道館

    冠番組

    走り出す瞬間

    3期、上村ひなの 加入 21人へ
    ひなのは恐らく、ねるの代わり、頑張ってくれ

    そして、2019年2月11日
    第4のスタートへ

    改名。
    けやき坂 から 日向坂 へ
     緑   から  空  へ

    おそらく、これからは欅坂ではなく

    乃木坂や
    他のアイドルと戦っていくことになるだろう


    欅坂が結成されて、今年で4年
    乃木坂のデビューが2011年8月21日(一緒やったんやな)
    今年で8年

    4年周期と思えば、今年でまったく新しいアイドルグループを結成してもおかしくはない。
    彼女たちを信じて新たにデビューさせてくれた運営には感謝を


    これから、知っていく人もいるだろう
    忘れていく人もいるだろう。
    知らないまま、好きになる人もいるだろう


    ひらがなの本当の生みの親、立役者を
    あの18歳の女の子の覚悟を、
    見守る親の、辛さが

    今を作っている

  • 神奈川県の相模の近くの橋本「73」

    2017-02-12 11:47
    ほんとは、見たアニメの感想でも書こうと思ってたけど、
    一発目は橋本奈々未、なぜでしょう。
    不思議ですね。
    一応、のぎどことのぎ中は見ました。一ヶ月ぐらい前からですが。ビンゴもみてますよ。
    乃木坂46をしらなかったときでも、橋本奈々未引退は知ってたから
    この子は数年後引退するんだなと思ってみていました。
    おそらく、この事実を知らなかったら橋本のことが好きだったんじゃないかなと思う。
    そのぐらい、まっすぐで、自分の道を生きていた。そんな気がする。
    貧乏でもいいから、こんな姉の弟に生まれたかった。
    と思います。

    一番好きなのは、のぎどこの最終回の一つ前のどっきり、
    あの時、バナナマンが好きで涙を流していたのに。
    その2年後、引退するのは、切なくなるよね。
    そういった成長が見えるのが、乃木坂のいいとこなんだけど。
    やっぱりサヨナラはさびしいよ

    けど、橋本が自由に生きていいよって言われて、
    その時に選んだのが、僕たちの前じゃないっていうのは、寂しいけど
    それはそういう風に思わせた、ファンの結果でもあるし、
    幸せになってくれるならそれがいいなと思う。

    メディアによっては、批判されているけど、批判しているのはななみんのことよく知らずに、想像で書いてる場合が多い。
    自分をまっすぐに生きている彼女を好きにならないはずがない。

    きっと、小学校の先生か、ちびっこ向けのスポーツインストラクターが
    向いている気がする。
    イジリーがいってたお別れの言葉、うろ覚えやけど
    「今までたくさんの人に笑顔を届けてくれた橋本さんの未来は、多くの笑顔があふれることでしょう」