PS&PS2 ドラクエRTAリレー対決回顧
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PS&PS2 ドラクエRTAリレー対決回顧

2013-05-07 22:07
  • 2
駅伝お疲れ様でした。
ご視聴・コメント下さった皆様、ありがとうございました。
ということで、ありがちな回顧記事でも書いてみたいと思います。


1.~ゼシカ加入
ここまでは回収超大目、ピエ2回目もおおきづちも倒さないド安定チャート。
ザバンは問題なく倒すも、オセアーノンがかなりのツン。
というかいくらレベル8まで上げたとはいえ、先行多過ぎ。
ただ、レベル8&命の木の実回収でなければ、乱数ツンにより主人公が死亡していたので、
結果的にはチャートがいいほうに転んだ。
ヤンガスが薬草を使い切るも何とか撃破。
1:24台でゼシカ加入。

2.~ククール加入
修道院跡地前の稼ぎはまずまず。
ワンチャン道中メタルに期待して、
ヤンガスにまじん切りを入れるチャートに当日変更するも、残念ながらエンカはなし。
嘆きの亡霊は主人公の50ため打撃を入れた直後に仲間を呼ばれ、
さらに次のターンにためたところに腐った死体のテンション下げ打撃というgdgd。
ただ態勢は整っていたので、慎重に時間をかけて撃破。
2:12台でククール加入。

3.~トラップボックス撃破
第1次メタル狩りは逃げ確の主17までのメタルの出があまり良くなく、時間を食う。
やはり逃げ確までの運が大きくタイムを左右することを実感。
それでも、最低の運ではなかったので、よしとする。
第2次で槍を手にした主人公がレベル19で雷光一閃突きを覚えてから目覚ましい活躍。
これまでにないヒットっぷりで第1次のロスを大幅に取り戻す。
第3次も変わらず活躍し、トータルではトントンくらいにはなったのではなかろうか。
トラップボックスは寝ないラリホーをうってくる良い子だったので最速撃破。

4.~船入手
ご覧になった方はおわかりだと思うが、超絶トロデーンはぐれデレ。
といっても、トロデーン城到着が4:22:40。
はぐれ5匹を狩り、イベントをこなして城を出たのが4:50:50。
はぐれ狩り自体は18分だったそうなので、平運より15分ほどまいた感じでしょうか。
それでも気分的にはそうとうウキウキでした。
このテンションにさせてもらったことが今回の好走の最大の原因かも知れません。

5.~ドルマゲス撃破
今回の最大の失敗区間。
バウムレンイベントやチャゴスのストーリーは問題なくスムーズに終了。
ただ、まほうのカガミを太陽のカガミにする海竜戦で、
ヤンガスに間違ってまほうのカギをわたす痛恨のミス。
名前が似すぎだよ!!
しかも逃げられないのをわかっているのに、
気が焦って海竜から2度も逃げようとしてしまいました。
一度、海辺の教会に戻り、再度凸。
ここだけで5分ほどのロス。
さらに集中力が切れて、カガミをはめずに闇の遺跡に突入という今までにないミスを連発。
ただここで我に返って落ち着けたことで、ドルマゲスは非常に安定した戦い。
常時ピオリム&ククールに魔道士の杖装備の安定戦術のため、
時間はかかったものの世界樹の葉未使用で難なく撃破。
第2形態はスコールが多かったものの、その分雄叫びが少なかったのは恵まれました。
第1形態のゼシカへのガレキ2連、
第2形態のククールへの超高速連打を共に防御していたのも好判断。
(ククールは結果論として防御していなくても死んでませんが)
6:40台でドルマゲス2撃破。

6.~キャプテンクロウ撃破
ここは淡々とストーリーを進める。
呪われしゼシカは仲間呼びが多かったものの、ラリホーマがささらず、まずまずの撃破速度。
苦手の薬草園の洞窟も練習の甲斐あって全く迷わず、不要なつららを落とすこともなく通過。
キャプテンクロウはなかなかぱふぱふが効きませんでしたが、
テンション100状態でまさかのゼシカに見とれる。
胸には興味がなかったものの、美人さんには目がなかった模様。
テンションためなしの真空波のみで撃破。
あらたーす( ´◔∀◔‘)ゞ
8:03台でキャプテンクロウ撃破。

7.~ゲモン撃破
レティスへの会心技は6/11とややデレ。
残りは凍えるチーズと氷の刃、マヒャドで削る。
世界樹はヤンガスへ使用の1枚のみ。
最後にゼシカが落されるも、蘇生はせずにそのまま押し切る。
ゲモン道中へのエンカはかなりのツン。
2逃げ失敗を連発したものの、全滅には至らなかったため、良しとする。
ゲモンはかなりの強バージョン。
まず兜割りが中々入らず、防御が1段階しか下がらない状態でのSHT双竜を強いられる。
途中でククールが落されたりしたものの、ゼシカが落されなかっただけまだましか。
ちょっとぐだっての8:46台でゲモン撃破。

8.~ラプソーン1撃破
今回は残念ながら風鳴りの丘でのメタキン、はぐれエンカはなし。
代わりにメタルスライムとスライムベスのエンカに絡まれ相当時間を取られる。
高台はぐれは序盤は調子が良かったものの、最終的にはややツンくらい。
ここからはボスラッシュ。
レオパルドはテンション50のゼシカが落され、時間を取られる。
死者が続出したため、高台でククールにザオリクを入れたのは大正解でした。
マルチェロはまさかの波動なし。かなりのさくさく撃破。
お兄ちゃんやさし~。
ラプソーン1は序盤は順調にダメージを蓄積するも、
途中からまばゆい光&波動厨になり一気にペースダウン。
10:11台でラプソーン1撃破。

9.~エンディング
ここからは特に特筆すべきことなし。
ラプソーン2はややツン、ラプソーン3はややデレ。
そして気持ちのいいチャゴスざまくああああああああああああ。
ということで、エンドタイムは11:19:12。


ミスもたくさんありましたが、
タイム自体は自己ベストで一発勝負ではまずまずのタイムになったのではないでしょうか。
大会や企画で初めてデレをひいたかも知れません(笑)
チームの結果は残念でしたが、チーム内異種並走や2時間の決起枠など、
いい雰囲気の中でやれたと思います。

楽しい駅伝でした。
ありがとうございました!














広告
×
おつかれさまでした。練習の時から何回か見させてもらいましたが、本番は見れなかったので結果が気になってました。ちっくさん個人としては良い結果だったみたいですねwおつかれさまでした。
91ヶ月前
×
ありがとうございます。
今大会で初めてⅧを触ったにしてはそこそこまとめられたのではないかな、と思います。
今までダントツ最下位かダントツトップでしか走ったことなかったのですが、そこそこ競ってる時の大会はおもしろいですねw
91ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。