ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • fast-pskip

    2016-06-30 20:302


    皆様、 プリセットに関すること を研究して、 アップローダー で配布しています。
    一般的な ニコ生の設定 を前提にした内容で、画像は対応するページに リンク しています。
    ニコニコミュニティ は、 ゲーム 中心の配信で、配布ファイルの パスワード があります。
    最後に、プリセット関連の内容は 研究段階 のため、参考程度にお願いします。

    x264(ffmpeg)形式 プリセット項目 詳しく 解説しています。
    最新x264/ffmpeg(libx264 に対応した内容です。
    ココでは、そのプリセット項目の fast-pskip を解説します。


    じめに
      プリセット項目の解説を記載しているメインページ
      ココの中心ページで全体を簡潔に記載

    解説前の確認
    『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解してから、ココの解説を見てください。

      種別  解説
      内容  自作プリセットを初めて作成する人用の解説ファイル
      参考  分かり易さ重視で、作成の流れを理解するもの

      種別  解説
      内容  自作プリセットに少し触れている人用の解説ファイル
      参考  大体狙った負荷と遅延と画質のものを作成出来る内容

    調整のコツ
    私が自作プリセット作成の際に、見ている点や注意している点などを記載しています。

      私なりに最前線のプリセットに関する情報や研究状況を記載
      自作プリセット作成中級者以上の人向け


    いせつ
    初期値
    fast-pskip => 1  [ultrafast ~ veryslow]
    fast-pskip => 0  [placebo]

    設定値
    fast-pskip => 0
    Pフレームのマクロブロックが、前フレームと僅差でも、エンコードを実施
    fast-pskip => 1
    Pフレームのマクロブロックが、前フレームと僅差の時、エンコードを省略
    no-fast-pskip => 0
    『fast-pskip => 1』と同等
    no-fast-pskip => 1
    『fast-pskip => 0』と同等

    内容
    処理
    スキップするPフレームのマクロブロック検出有無
    詳細
    Pフレームのマクロブロックが、前フレームと僅差時の処理有無
    効果
    スキップありは、ビットレートや処理時間の節約になるが、やや品質が低下
    スキップ無しは、品質向上を見込めるが、ビットレートや処理時間が増加

    影響
    特に無し

    意味
    Bフレーム
    直前/直後のI/Pフレームから作成される最も圧縮されたフレーム
    Iフレーム
    全フレームの基準となる高品質で容量が膨大なフレーム
    Pフレーム
    直前のI/Pフレームから作成される劣化が少ないフレーム
    スライス
    フレームを幾つかに分割したもの
    マクロブロック
    スライスを構成する小さなブロック


    うもく
    厳選したプリセット項目で、他のプリセット項目にリンクしています。
    aq-mode
    aq-strength
    b-adapt(b_strategy)
    bframes(bf)
    crf
    deblock
    direct(direct-pred)
    ipratio(i_qfactor)
    keyint(g)
    level
    me(me_method)
    merange(me_range)
    min-keyint(keyint_min)
    partitions
    profile
    psy-rd
    qcomp
    qpmin(qmin)
    qpstep(qdiff)
    rc-lookahead
    ref(refs)
    scenecut(sc_threshold)
    subme(subq)
    trellis

    ※下線が無いもの(リンク無し)は、準備中ですので、しばらくお待ちください。


    んく
    メイン

      プリセット関連研究室(ブロマガ)のメインページです。
      ココの中心ページで全体を簡潔に記載しています。
      リンク集のような形式で、全体を見渡せるようにしています。

      プリセット関連配布室(アップローダー)です。
      ココで研究して出来たファイルを配布しています。
      ダウンロード及びご使用は自己責任でお願いします。

    サブ
      厳選したプリセット項目を詳しく解説
      『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解している人向け

      依頼されたものと自作した特化プリセットを展示
      基本的に『Beauick Presets』から、調整する内容を記載

      プリセット関連の情報や研究状況を記載
      テストバージョンの配布ファイルにかけたパスワードを記載




  • 広告
  • direct(direct-pred)

    2015-09-27 20:30


    皆様、 プリセットに関すること を研究して、 アップローダー で配布しています。
    一般的な ニコ生の設定 を前提にした内容で、画像は対応するページに リンク しています。
    ニコニコミュニティ は、 ゲーム 中心の配信で、配布ファイルの パスワード があります。
    最後に、プリセット関連の内容は 研究段階 のため、参考程度にお願いします。

    x264(ffmpeg)形式 プリセット項目 詳しく 解説しています。
    最新x264/ffmpeg(libx264 に対応した内容です。
    ココでは、そのプリセット項目の direct(direct-pred) を解説します。


    じめに
      プリセット項目の解説を記載しているメインページ
      ココの中心ページで全体を簡潔に記載

    解説前の確認
    『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解してから、ココの解説を見てください。

      種別  解説
      内容  自作プリセットを初めて作成する人用の解説ファイル
      参考  分かり易さ重視で、作成の流れを理解するもの

      種別  解説
      内容  自作プリセットに少し触れている人用の解説ファイル
      参考  大体狙った負荷と遅延と画質のものを作成出来る内容

    調整のコツ
    私が自作プリセット作成の際に、見ている点や注意している点などを記載しています。

      私なりに最前線のプリセットに関する情報や研究状況を記載
      自作プリセット作成中級者以上の人向け


    いせつ
    初期値
    direct(direct-pred) => spatial = 1  [ultrafast ~ medium]
    direct(direct-pred) => auto = 3  [slow ~ placebo]

    設定値
    direct(direct-pred) => none = 0
    ダイレクトマクロブロックの予測を無効にする
    direct(direct-pred) => spatial = 1
    ダイレクトマクロブロックの予測を有効にして、空間を考慮して処理する
    direct(direct-pred) => temporal = 2
    ダイレクトマクロブロックの予測を有効にして、時間を考慮して処理する
    direct(direct-pred) => auto = 3
    ダイレクトマクロブロックの予測を有効にして、空間と時間を考慮して処理する

    内容
    処理
    ダイレクトマクロブロックの予測方式
    詳細
    Bフレーム内のダイレクトマクロブロックに使用するモーションベクトル予測方式
    効果
    品質や圧縮率を向上させるため、動く方向と量を予測する方法を調整する項目
    『none = 0』は、予測しないため、高遅延になり、低品質で低圧縮
    『spatial = 1』は、動きが似ていて一定速度のシーンに効果的
    『temporal = 2』は、動きが異なっていて可変速度のシーンに効果的
    『auto = 3』は、『spatial = 1』と『temporal = 2』をフレームごとに最適選択

    影響
    bframes(bf)
    direct(direct-pred)は、bframes(bf)が処理するフレームになるため

    意味
    Bフレーム
    直前/直後のI/Pフレームから作成される最も圧縮されたフレーム
    Iフレーム
    全フレームの基準となる高品質で容量が膨大なフレーム
    Pフレーム
    直前のI/Pフレームから作成される劣化が少ないフレーム
    スライス
    フレームを幾つかに分割したもの
    ダイレクトマクロブロック
    マクロブロックの1種で、Bフレームの特定部分
    マクロブロック
    スライスを構成する小さなブロック
    モーションベクトル
    動く方向と量


    うもく
    厳選したプリセット項目で、他のプリセット項目にリンクしています。
    aq-mode
    aq-strength
    b-adapt(b_strategy)
    bframes(bf)
    crf
    deblock
    fast-pskip
    ipratio(i_qfactor)
    keyint(g)
    level
    me(me_method)
    merange(me_range)
    min-keyint(keyint_min)
    partitions
    profile
    psy-rd
    qcomp
    qpmin(qmin)
    qpstep(qdiff)
    rc-lookahead
    ref(refs)
    scenecut(sc_threshold)
    subme(subq)
    trellis

    ※下線が無いもの(リンク無し)は、準備中ですので、しばらくお待ちください。


    んく
    メイン

      プリセット関連研究室(ブロマガ)のメインページです。
      ココの中心ページで全体を簡潔に記載しています。
      リンク集のような形式で、全体を見渡せるようにしています。

      プリセット関連配布室(アップローダー)です。
      ココで研究して出来たファイルを配布しています。
      ダウンロード及びご使用は自己責任でお願いします。

    サブ
      厳選したプリセット項目を詳しく解説
      『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解している人向け

      依頼されたものと自作した特化プリセットを展示
      基本的に『Beauick Presets』から、調整する内容を記載

      プリセット関連の情報や研究状況を記載
      テストバージョンの配布ファイルにかけたパスワードを記載




  • deblock

    2015-09-21 22:00


    皆様、 プリセットに関すること を研究して、 アップローダー で配布しています。
    一般的な ニコ生の設定 を前提にした内容で、画像は対応するページに リンク しています。
    ニコニコミュニティ は、 ゲーム 中心の配信で、配布ファイルの パスワード があります。
    最後に、プリセット関連の内容は 研究段階 のため、参考程度にお願いします。

    x264(ffmpeg)形式 プリセット項目 詳しく 解説しています。
    最新x264/ffmpeg(libx264 に対応した内容です。
    ココでは、そのプリセット項目の deblock を解説します。


    じめに
      プリセット項目の解説を記載しているメインページ
      ココの中心ページで全体を簡潔に記載

    解説前の確認
    『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解してから、ココの解説を見てください。

      種別  解説
      内容  自作プリセットを初めて作成する人用の解説ファイル
      参考  分かり易さ重視で、作成の流れを理解するもの

      種別  解説
      内容  自作プリセットに少し触れている人用の解説ファイル
      参考  大体狙った負荷と遅延と画質のものを作成出来る内容

    調整のコツ
    私が自作プリセット作成の際に、見ている点や注意している点などを記載しています。

      私なりに最前線のプリセットに関する情報や研究状況を記載
      自作プリセット作成中級者以上の人向け


    いせつ
    初期値
    no-deblock => 1  [ultrafast]
    deblock => 0 / 0  [superfast ~ placebo]

    設定値
    no-deblock => 0
    デブロックフィルタを有効にして、『deblock => 0 / 0』と同等
    no-deblock => 1

    デブロックフィルタを無効にする
    deblock => -6 / -6 ~ 6 / 6
    デブロックフィルタを有効にして、『強度 / 閾値』の調整が可能

    内容
    処理
    デブロックフィルタ
    詳細
    ブロックノイズをスムージングするフィルタ
    効果
    左側の数値は、デブロック処理の強度で、プラスは強くマイナスは弱く処理される
    大きいほど、多くのブロックノイズにフィルタが掛かるが、高周波部分は潰される
    小さいほど、フィルタの掛からないブロックノイズが増える
    右側の数値は、デブロック処理の閾値で、プラスは低くマイナスは高く処理される
    大きいほど、小さなブロックノイズにフィルタが掛かるが、高周波部分は潰される
    小さいほど、小さなブロックノイズにフィルタが掛からなくなる
    デブロック処理の強度は、その閾値の影響を受けるため、注意

    影響
    特に無し

    意味
    ブロックノイズ
    映像の特定領域がモザイクに見える四角いブロック状のノイズ
    スムージング
    斜線や曲線のギザギザを滑らかにする処理のことで、別名はアンチエイリアス
    高周波部分
    表示物で、髪の毛や物体の輪郭など境目となる部分


    うもく
    厳選したプリセット項目で、他のプリセット項目にリンクしています。
    aq-mode
    aq-strength
    b-adapt(b_strategy)
    bframes(bf)
    crf
    direct(direct-pred)
    fast-pskip
    ipratio(i_qfactor)
    keyint(g)
    level
    me(me_method)
    merange(me_range)
    min-keyint(keyint_min)
    partitions
    profile
    psy-rd
    qcomp
    qpmin(qmin)
    qpstep(qdiff)
    rc-lookahead
    ref(refs)
    scenecut(sc_threshold)
    subme(subq)
    trellis

    ※下線が無いもの(リンク無し)は、準備中ですので、しばらくお待ちください。


    んく
    メイン

      プリセット関連研究室(ブロマガ)のメインページです。
      ココの中心ページで全体を簡潔に記載しています。
      リンク集のような形式で、全体を見渡せるようにしています。

      プリセット関連配布室(アップローダー)です。
      ココで研究して出来たファイルを配布しています。
      ダウンロード及びご使用は自己責任でお願いします。

    サブ
      厳選したプリセット項目を詳しく解説
      『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解している人向け

      依頼されたものと自作した特化プリセットを展示
      基本的に『Beauick Presets』から、調整する内容を記載

      プリセット関連の情報や研究状況を記載
      テストバージョンの配布ファイルにかけたパスワードを記載