Violick Presets
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Violick Presets

2014-06-14 17:00
  • 2


皆様、 プリセットに関すること を研究して、 アップローダー で配布しています。
一般的な ニコ生の設定 を前提にした内容で、画像は対応するページに リンク しています。
ニコニコミュニティ は、 ゲーム 中心の配信で、配布ファイルの パスワード があります。
最後に、プリセット関連の内容は 研究段階 のため、 参考程度 にお願いします。

ココは、『 Violick Presets 』の 研究状況 補足内容 などを記載しています。
このファイルは、 アップローダー で配布しています。


ぁいる
内容   動画をやや重視した低遅延型の汎用プリセット
背景   ココのDL数と閲覧数の記念にプリセットとして配布をしていた
目的   厳しい配信設定や動きの激しいシーンでも綺麗に映せるプリセットの作成
目標   約3秒の低遅延で高画質のプリセット


ょうきょう
記念プリセットのプリセットから多少の調整をしました。
圧縮効率は、美速プリセットを研究してきたのである程度は良いかと思います。
しかし、ビットレートが制限されていることからも、圧縮率のバランスが難しいと思います。
どうしても、動きに強くすると静止画の画質が低下してくるので悩みどころです。

Ver1.00.1[NLE]
NLEのNLEに表示される文字が美速プリセットのままという不具合の修正です。
誤解を招くことと、分かりづらくなるので、更新しました。


そく
単語の説明(主に造語
『violick』(※1) 『烈しくて速い』⇒『violent and quick』の略称
『基準』      ツールやサイトによって違うが、『速度』や『プリセット』と同じ

『を修正』     間違いを直した部分や分かり易くした部分を記載
『を調整』     プリセットを変更して主に良くなった部分を記載

『表示文』     使用するプリセットを選択する時の表記(※2)
『説明文』     『README』ファイル(txt)の内容
『負荷性』     プリセットの負荷の度合い
『遅延性』     プリセットの遅延の度合い
『止画性』     プリセットの止まっているシーンの画質の度合い
『静画性』     プリセットの少し動いているシーンの画質の度合い
『動画性』     プリセットの多く動いているシーンの画質の度合い
『瞬画性』     プリセットの瞬間的な動きのシーンの画質の度合い
『安画性』     プリセットの画質面での安定性の度合い
『安定性』     プリセットの全体的な安定性の度合い

※1 『violick』は、カタカナに直すと『バイオリック』が近いと思います。
※2 バージョン表記は、バージョンアップごとに変わるため、更新内容には含みません。

項目別の設定理由
基準 => slow
"低負荷から高負荷まで対応しやすく、比較的に変更する項目が少ないため"
aq-mode => 2
"低ビットレートの場合、映像にメリハリを付けたほうが画質が良いと感じるため"
aq-strength => 1.10
"モスキートノイズと3D系地面のブロックノイズから判断した値に設定"
bframes(bf) => 1
"遅延と画質のバランスを遅延重視で考えて設定"
colormatrix => smpte170m
"保険で記載しているが、無くても良さそうな気がする"
crf(映像の品質) => 26.0(6)
"動きに強くするため、ある程度高めに設定"
deblock => 1 / 1
"『crf』と『qpmin(qmin)』を高めにしているため、誤魔化す意味で高めに設定"
fast-pskip => 0
"青い部分のわずかな画質向上に気持ちを込めて無効"
ipratio(i_qfactor) => 1.25(0.80)
"低ビットレートと低遅延の影響から判断した値に設定"
keyint(g) => (fps×10)
"大きいほうがわずかなビットレート節約になるが、無難な値に設定"
level => 3(30)
"高いほどスペックの低い端末で見れなくなるため、出来る限り低めに設定"
me(me_method) => (負荷別)
"前後のRankから負荷のバランスを考えて設定"
min-keyint(keyint_min) => (fps×0.6)
"汎用性と『scenecut(sc_threshold)』のバランスを考えて設定"
psy-rd => 0.05 / 0.00
"汎用性を高くするため、わずかに使用"
qcomp => 0.65
"新作ゲームでの文字の多さと動きに対する強さのバランスを考えて設定"
qpmin(qmin) => 26
"ビットレート不足による破綻を抑えるため、より高めに設定"
qpstep(qdiff) => 16
"ビットレート不足による破綻を抑えるため、高めに設定"
rc-lookahead => (fps×0.6)
"遅延と画質のバランスを遅延重視で考えて設定"
ref(refs) => 3
"『bframes(bf)』が『1』のため、高くしてもあまり変わらないから低めに設定"
scenecut(sc_threshold) => 30
"低遅延の影響からⅠフレームを無駄に入れないようにするため、低めに設定"
subme(subq) => (負荷別)
"『trellis』の値から判断した値に設定"
trellis => (負荷別)
"『subme(subq)』の値から判断した値に設定"

※v1.31


めんと
低遅延にこだわる理由
リスナーさんのことを考えると画質低下が気にならない程度に遅延を減らそうと考えました。
あと、遅延増加で画質の差が出やすいのは、爆発シーンなど一瞬映るものだと思います。
その一瞬のために、遅延を1~2秒も増やすメリットが、私は感じられません。

注意してほしいこと
プリセットの中身は、『プリセット基本』程度の内容が理解できてからの変更を勧めます。
むやみに変更すると、PCに負荷が掛かったり画質の印象が変わったりするからです。


んく
メイン

  プリセット関連研究室(ブロマガ)のメインページです。
  ココの中心ページで全体を簡潔に記載しています。
  リンク集のような形式で、全体を見渡せるようにしています。

  プリセット関連配布室(アップローダー)です。
  ココで研究して出来たファイルを配布しています。
  ダウンロード及びご使用は自己責任でお願いします。

サブ
  厳選したプリセット項目を詳しく解説
  『Preset Primer』と『Preset Basic』を理解している人向け

  依頼されたものと自作した特化プリセットを展示
  基本的に『Beauick Presets』から、調整する内容を記載

  プリセット関連の情報や研究状況を記載
  テストバージョンの配布ファイルにかけたパスワードを記載




広告
×
烈速プリセット頂きます。感謝です。

さて、Violick.iniを確認してみたのですが、[info]内の表記が、以下のようになっていました。

label.ja=Beauick
description.ja=Ver1.11
order=0

直接的な内容に影響があるわけでは無いですし、書き換えれば良いだけの事ですが、そのまま使用するかたには美速プリセットとタイトルとバージョンが被るため、ややこしい事になるのでわー?と思いましたので。

では、早速利用させていただきます!
77ヶ月前
×
すみません・・・すぐに修正したいと思います。
教えていただきありがとうございます。
77ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。