ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

FC ファミコンウォーズ(10) st.13 ハチマキジマ1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FC ファミコンウォーズ(10) st.13 ハチマキジマ1

2020-08-08 21:03


    ステージ13 ハチマキジマ


    どうしてもシステムソフトの「大戦略」と比較しがちになっちゃうんだけど、
    ファミコンウォーズと同時期に発売されたスーパー大戦略が従来の48×48から64×64マスにマップが拡大される一方で、こちらはそういうゲーム世界の拡大に対するアンチテーゼのように、あえて小さなステージが設置されています。

    コンピュータの思考時間の短縮化だけでなく、プレイヤー同士での対戦においてもプレイ時間短縮を図ったのでしょうか。64×64までマップが拡大された大戦略をプレイヤー同士で遊んだ人を見たことも聞いたこともありません。たぶんいつまでも決着がつかないのではないでしょうか。

    スーパー大戦略はマップコレクションまですべてのマップを一通りプレイしましたけど、64×64という広大さを活かしていない島ステージが多かったのがちょっと残念でした。その辺のお話は遠い将来、どこかでスーパー大戦略を再プレイしたときにしましょうか。それまで生きてたらいいんですが。



    2ちゃんねるで20年くらい前に見た書き込みですが、
    同級生4人が一人の家に夏休み中毎日集まり、まる一日、ときには泊まりになりながらPC98の大戦略2を4人プレイやり込んだという思い出話がありました。
    ずっと1人で遊んでた自分にはちょっとうらやましく思えたものです。





    ハチマキジマは48×15の横長ステージ。
    横の長さが際立ってます。







    中央の赤い資格で囲んだ部分、山間部に細い道なんだけど、付近に空港とドックがあるんで、空路なり海路なりで山の向こうに侵攻すればいい。
    厄介なのは、ドックがそれぞれ反対側にあること。
    海域が狭いこともあって、艦隊戦にはなりにくいかもしれない。








    いままでどおり、ひたすら歩兵と輸送ヘリを使っての勢力拡大。
    装甲輸送車は輸送ヘリより200円高いし移動に制限があるから、やはり空路で運べるヘリの方がいいでしょう。







    5日目経過、コンピュータ側は首都周辺に固まって、侵攻しようとしない。






    ならばとっとと侵攻してしまえ!
    と、山の向こうにあるドッグに侵攻。
    いつものように質より量、人間の壁で敵を近づけさせない作戦。





    うまくいった。
    ついでに空港も奪っちゃおう。

    すでに製造中の戦艦や爆撃機をここに迎え入れていけば、早期にクリアできるのではないか。






    ・・・と、思いきや。






    押し返されてしまった。
    中央の山道をふさいでいた戦車Aが破壊され、対戦車能力のない自走砲に敵の戦車が隣接してきた。





    敵の強力な兵器が次々やってくる。
    一方でこちらの戦力が薄く、防衛しきれない。
    しかも、頭の上を越えてこちら側に歩兵部隊が上陸してしまった。

    ここであえなく、降伏。

    コンピュータと違って、人間は不利を察したところで降伏することができる。
    悪あがきは時間の無駄だもんね。


    大戦略も人とプレイするなら、
    たとえば50ターン到達時に支配する都市の多い方が勝ちとか、
    首都ではなく特定地点の突破で勝敗を決めるとか、
    ルールを柔軟にしていけばプレイヤー同士の対戦も楽しめるでしょうね。
    本来のルールである首都占領や部隊全滅では、いつまでたっても終わらないでしょう。

    いま、WINDOWS版の大戦略シリーズをいくつか買い集めてます。
    全部を網羅することは困難でしょうけど、
    21世紀に入ってからの大戦略がどういうルールになっているのか、
    いまから楽しみにしてます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。