華蕾夢見ル狂詩曲 ~魂ノ導~ を俺的に翻訳してみました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

華蕾夢見ル狂詩曲 ~魂ノ導~ を俺的に翻訳してみました

2015-02-17 23:16
  • 1
蘭子の持ち歌「華蕾夢見ル狂詩曲 ~魂ノ導~」、買いましたよ!!買いました!!
THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 006
華蕾夢見ル狂詩曲 ~魂ノ導~神崎蘭子

 

蘭子ちゃんっぽいゴシックなメタルと、ネオクラシカルなギターとストリングスが、もうね、かっこいい。
そして声が可愛い。つまり最高・・・・・・
この歌詞は、果たして……?

というわけで、今日のブログは、
蘭子の持ち歌「華蕾夢見ル狂詩曲 ~魂ノ導~」の歌詞を個人的に解釈、翻訳してみました〜〜〜!! というわけで、今から、翻訳文を載せていきます!!


知恵の林檎が 虚言語る牢獄で (授業中、教壇の上で先生が眠たい講義を進める中……)

終了を告げる 鐘の嗤う声を待つ (私は上の空で終りのチャイムが鳴るのを待っていた)

純白きペヱジ 描き出すその面影は (真っ白なノートに落書きするのは……)

闇に咲いた 秘華 (胸の奥底に隠した恋ゴコロ)


華弁触れて 其の名を問えば 
(隠してる感情は何? そっと胸の中で反芻すると……)

紅き双瞼が禁忌の言葉に触れて (まだ隠しておきたい、そんなキモチに気付いてしまう)

今 開く (今、私はキミへの恋を見つけてしまったんだ)


Linizio! 
(始まるわ)

揺籠ゆらす雷 (この胸を焦がすのは、キミという存在)

覚醒に 騒ぐ鼓動の Choir (胸の鼓動は、まるで他人のモノになってしまったよう……)

夢魔の手招 秘密の嬌声が (夢の中に秘めていたはずの想いは考えれば考える程明らかで)

頬を染め上げて (私の頬は思わず朱に染まってしまう)

Violenza (この理性では収められない「恋ゴコロ」のせいで……)


困惑いの翼 導かれた迷宮で 
(この想いは心を狂わせ、私の理性は何処へ迷ってしまった)

追憶するは 髪に触れた指先に (ただただ、キミが私の髪を触れた一瞬を思い出すの)

溢れる吐息 慕う想いが名を召喚べは (そっと息を吐き、キミの名前を想えば……)

蘇る 幻影 (瞼の裏には、すぐにキミの姿が浮かんでくるんだ)


其の手を引いて 宣誓みせよう 
(今度は私がキミに伝えるから)

紅き双唇 契の象徴に揺らし (今、口を開いて、誓いの言葉を思い浮かべて……)

今 開く (伝えよう)


「裁キヲ……」 (この想いを、どうか貴方の好きなように、裁いてください)


Silenzio! 
(キミと私の世界を静寂が包む)

戯れの時刻は彼方 (もう遊びではないの!)

揺れる瞳 誘いこむ Unisono (上目遣いはキミへのサイン。ねえ、気付いてよ?)

鼓動爪弾く 甘美の獄に (胸のトキメキを抑えきれない甘く切ない恋の空間で、)

今 貴方は踏み入った (キミを虜にするの)

L’inizio! (ねえ、始めよ?)

劇場のマクは上がった (今からは、キミと私の二人きりの劇場=激情=恋ゴコロ)

命火 賭して謳おう Aria (想いを掛けて、いつか、キミに告白の言葉を紡ぐから)

この業 汚れても (私の恋の戦術が、汚い打算だと言われたとしても)

そう 高潔抱いて (この想いは、ホンモノだから)

Con grazia (この、優美にて、繊細なる「恋ゴコロ」は……)


沈黙の戒律は、 
(悟られてはならない。そう思っていたけれど)

抑え切れぬ感情に破られた。(どうしても周囲の友達には気付かれてしまうものね)

其の贖いに煉獄を渡れと命じるなら、 (ああ、そう貴女達は踏み出しちゃえと囃し立てる)

如何様にも従おう。(私だってすぐにでも伝えたい。)

然し傍観者よ! (でも、そうやって興味本位で言う同級生には解らないでしょ)

この深淵に咲く華を、 (この私の胸の奥底の恋ゴコロは)

貴殿らに裁くことは出来無い。 (貴女達の興味でどうこうできるモノではないの!)

我を裁き (私ニ触レ)

我を罰し (私ニ囁キ)

我を赦すのは (私ニ微笑ムノハ)

そう、あの人だけだから…… 



Canizza! 
(ああ、でも……)

喝采を示せ子羊 (友達に応援してくれて、嬉しいとは思っているの。)

命火 朽ちて消えても (この恋が今すぐ叶わないモノだったとしても)

この魂 迷わずに (私の気持ちは、もう迷わない)

そう 貴方と廻り続ける (そう、貴方のことが好きだから)

Rapsodia (「恋ゴコロ」という名の狂詩曲は、散るその日まで奏でられるから)

餞 

散らして

微笑おう

(その恋ゴコロは散ってしまうのだろうか? 叶うのだろうか? 
 嗚呼、どっちだったとしても……
 私は、微笑って……)


アイドルとしての歌なのか? それとも恋の歌なのか?
正直どっちとしても解釈できるようで、調べたら割れているわけですが、
私は、全編、恋のストーリーとして解釈させていただきました11

そしてら、、、
2番の歌詞が可愛すぎですよもう!!
キミと私の世界を静寂が包む
 もう遊びではないの!
 上目遣いはキミへのサイン。ねえ、気付いてよ?
 胸のトキメキを抑えきれない甘く切ない恋の空間で、
 キミを虜にするの!」
なんて、もう……

どこかで聞いたような気がするフレーズがありますが、気にしてはいけないw。
こういう、王道な恋の歌。良いよね。

というわけで、今日も、王道にカワイイ、シンデレラガール、神崎蘭子ちゃんでした!

闇に飲まれよ!!!






広告
×
お疲れ様です(標準語)
56ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。