MV「初めての恋が終わる時」制作後記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MV「初めての恋が終わる時」制作後記

2016-03-05 09:25
    おはこんばんちは。tkです。

    この度、ryo氏の名曲「初めての恋が終わる時」のMVを作成、投稿いたしました。
    投稿した動画はこちら。


    HD版はYouTubeに投稿しております。


    この楽曲「初めての恋が終わる時」は2008年の冬、初音ミクの最初のV2が発売されて一年とちょっとのニコ動ボカロ界隈黎明期のど名曲。


    そして、私がボカロ好きになってすぐの頃から一番大好きな曲の一つです。
    初めて聞いたボカロ曲は同じryo氏のメルト。これもドドド名曲ですが、一番好きなのはこれ
    切ない歌詞やメロディと、ミクのその歌声、ストリングスの音作りや、手数が凝っていて躍動感のあるドラムがいつ聴いても胸にぐっと来ております。

    さて、私が作成しましたMVでは、
    歌詞の「まるでドラマみたいな恋」を、大人になった主人公が思い出すという解釈をとっています。
    あの日終わってしまった恋を取り戻すことは出来ない。
    それが思い出になって、何度も胸によみがえっても、
    それでも前を向いて進んでいくしかない。。。

    という内容のつもりww

    つまり、時系列で「大人になった主人公」と「初めての恋をしているあの日の少女な主人公」の2つを写すという構成なのですが、これ見てて伝わっておりますでしょうか?

    シチュエーションとしては、過去場面が銀匙様の作成されたレンガ倉庫や葱畑Pの初鉄九条駅&銀匙様のビルというわけで、さらに用いた車両が211系と架空車両の初鉄3900系。
    イメージとしてはヤマハのある浜松とか、クリプトンのある札幌かなあと思いつつも、明確ではない「ミクさんのいる世界」と思っていただければ。。。

    対して、現在の「大人な主人公」がいる場面は、用いた車両が一定エリア内の私鉄である東急の5050系。というわけで、初恋の相手と別離れた後に、上京して今は独り身の主人公的な設定です。
    (東急って東横も田都もああいう地上複々線無かったはずですが、そこら辺のツッコミはご容赦ください←しねえよそんな鉄分過剰すぎるツッコミは誰もwww

    後から、防護無線様のリリースされている小田急車(sm26587109)を見つけて、こっちも素敵だなあと迷ったのですが、
    """昔の恋を思い出して、どこか前向きになりきれない大人"""という設定の大人ミクさん(けど、だからこそ昔の恋を完全に忘れてしまいたいと思っている)と、いわゆる"""上京民の憧れる東京っぽい"""東急沿線の山の手って感じのギャップが面白いなと感じて、そういうシチュエーションにしてみました。
    昔と決別したいからこそ、背伸びして、自分とは違うオサレな場所に身を置こうとする......という設定。

    と言うのは別としても、大人な方のシチュエーションは、かなり現実世界に寄り添った設定を持っておりますwww
    これについては、また機会があればブログで語るかも????

    他は、リップとか、冬の夜の雰囲気を出すためのMME(エフェクト)の配合とか。。。
    それは、需要がありそうなら今度専用記事で語らせていただきますww


    というわけで、制作後記の画像。



    では|ノシ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。