• #20 Reiki37話UP

    2019-09-24 15:06
    連休中にボチボチとでけたよ…
  • 広告
  • #19 第36話のコメ返です。

    2019-09-23 00:02
    ●早いのは嬉しいですが、無理をしないで下さいね
    ○ありがとうございます。ボチボチとがんばります。

    ●鎧姿が似合わなさすぎのイクさん。それと、貴方ほどの方がわからないの?
    ○荀彧はかなり容姿端麗だったそうですね。頭良くてイケメン…モテモテでしょうな。

    ●張邈がまさか自殺するとは思わなかった。確かに史実では弟に流されて反乱に参加したみたいだが
    ○あと袁紹がらみで煩悶憂苦があったみたいですね。

    ●劉岱はそこまで曹操と親しかったかな?
    ○史実では劉岱が黄巾の残党相手に討死したことで張邈、鮑信が曹操を後任に立てたそうです。詳しい描写は作中にないですがこの3人は曹操にかなり期待していたという感じにしました。

    ●そもそもコーエー様が陳宮を不当なくらい低評価しすぎでは? 昔の三国志シリーズは特に酷かった(高順も三国志Ⅳで能力が酷かった)
    ○Ⅳは軍師になれなかったですからね、陳宮…
     高順もⅤ辺りから徐々に再評価されてきましたがⅣの高順は魏続や臧覇よりも低い評価だった記憶があります。

    ●やはりそれかあ
    ●いや待て、甘く見過ぎだイクさん
    ○ここの荀彧は二虎共食や駆虎呑狼の計の前段階です。

    ●そういえば楊彪が当時としてはおかしいくらいの長寿なんだよな
    ○親子そろって曹操に冷遇された有能武将ですね。

    ●賈詡、張済、馬騰一族は無視かよ。官僚ではないが親呂布派だぞ
    ○賈詡さんはまだ無名の立ち位置です。これから彼を再びどう活躍させるか…

    ●というか、あの場に陳宮居なかったの? 呂布ひとりだとどんな取り決めするかわからないから、付いておかないといけないよ
    ○居させたかったのですがイベント編集の登場人物5人縛りの弊害が出まして。゚(ぅェ´o)゚。
    呂布、荀彧、曹操、曹昂、呂玲綺の5人で埋まってしまったので陳宮は用事があって同席出来なかったことになりました。゚(ぅェ´o)゚。

    ●呂布のキャラがブレすぎ
    ●娘の家出を怖がる父親。現代と変わらないね
    ○作中の呂布は平時はとても優柔不断で娘と妻に頭が上がらない設定にしています。
     実際史実でも呂布って自分から進んで戦を仕掛けた描写ってかなり少ないんですよ。
     手伝い戦や陳宮に勧められたり勘違いで憤って仕返しに出たとかばかりで。

    ●ここまで一気に見た。演義ベースだからわかりやすくて面白い。
    ●次回も楽しみにしています。ゆっくりお身体に気をつけて頑張って下さい
    ○ありがとうございます、今後もご視聴下さるとうれしいです。

    では本日もご安全に└|・ω・|┐♪
  • #18 第36話UPしました。

    2019-09-20 18:18
    Reiki‐呂玲綺‐も36話まで来ました。
    1話からぶっ続けで見ると累積で9時間を超しました。



    では35話のコメ返です。
    ●そうか、張超の乱か。史実では呂布と陳宮がけしかけたけど、この世界なら呂布の侵攻がないから、まだ起きてないのか
    ○張超は元々曹操と折り合いが悪かったみたいですね。彼は配下の臧洪とセットで13でやっと出てきた武将なのでぜひ登場させたかったのです。

    ●曹操を最も苦しめた軍師って、やはり陳宮だよな。諸葛亮、周瑜などではなく
    ●もし陳宮が処刑されず、再度曹操に仕えていたら、な
    ○陳宮は高順のように今後の評価の見直しが期待されますね。

    ●典韋かっこいい
    ●良き長男
    ○典韋と曹昂は(玲綺が張繍を斬り捨ててしまったせいで)この話では生かす方向なので活躍の場を与えたかったのです。

    ●呂布が退いたら張超見捨てた、と思われないかな?
    ○作中では描いてませんがこの時の陳宮の心境は「この策に引っかかる時点で張超は将たり得ない捨て駒」という見方になってると思ってくださるとありがたいです。

    では本日もご安全に└|・ω・|┐♪