ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

#25 親書のうらわざ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

#25 親書のうらわざ

2019-11-26 21:50
    Reiki44話UP!




    今日は裏技小話を一つ。

    三國志13PKで自分が絆を結んだ武将と絆を結んでないが面識はある武将との間を取り持つ親書。
    同志を増やしたり威名に必要な名声が上がったりと何かと便利な機能です。
    誰でも構わず親書送ってもいいのですがやっぱり三國志ファンとしては出来るだけ史実に近い組み合わせにこだわりたいところですね。
    呂布軍でいうと魏続、侯成、宋憲の3人を相互に絆結ばせるとか高順と曹性に絆結ばせるとかね。
    でもアカイナンシステム的な何かのせいで思った武将が候補に挙がってくれないのでやきもきしますよね。
    親書を送る絆武将と結ばせたい武将が近所にいないと候補に居ても送れないのも困ったちゃん。゚(ぅェ´o)゚。

    でも後者の場合は遠くにいても一日我慢したら強引に送ることができます。
    用意するものは絆武将を二人です。
    送りたい武将が一人以上誰かと交友できる状態であるようにしてください。
    で、親書を2枠ともあけておいてください。
    では例を出してみましょうか。
    198年のシナリオで貂蝉は下邳、龐娥は天水にいるので交友できません。
    ↓この例の場合、まず貂蝉と交友できる張遼か高順に送ります。


    一日経過させます。


    これで龐娥に親書を送ろうとすると…


    …なぜか貂蝉が龐娥のリストに上がるので選びます。


    この状態になったら張遼と貂蝉の交友を中止させます。
    二股でほったらかしたまま一日経つとどっちの交友も無効にされるので注意してください。



    ↑表示が少々変ですがこのまま日を進めると…


    …などと言い出してそのまま絆を結んでくれますよ(`・ω・´)b

    知ってるとちょっとうれしい技です。
    おためしあれ(`・ω・´)b

    では本日もご安全に└|・ω・|┐♪
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。