ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

メイカーズのエコシステム 参考リンク集
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メイカーズのエコシステム 参考リンク集

2016-01-24 04:04
  • 3

以下の文章で「本文」と書いてあるのは、「メイカーズのエコシステム」のことです。

わかりやすすぎる公式サイト(GoProほか個別の商品とかMake:magazineとか)は以下のリストに載せてないこともあります。
また、ブログタイトルに僕が「英語」「xxのブログ」等ちょっと補ったり、英語を和訳したりしてることあります。

このページの目的は、本を読んでくれた人がリンクを踏む人の手助けと、もしこのリストを先に見る人がいたら、本の内容がちょっと想像ついて買うか買わないか判断できるようになることを意図しています。

まえがき

『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』のレビュー
http://yapan-org.tumblr.com/post/39603206674/

本文より:クリス・アンダーソンの本が古びていないように、このエントリも古びていない

ギークの楽園はここだ「MakerFaire深圳」
https://media.dmm-make.com/item/245/

本文より:(最初の)深圳滞在記をブログで公開したら、多くの友達から反応があった。

1章 メイカームーブメントってなんなのか

Hardware unicorns (英語)
http://www.slideshare.net/haxlr8r/hardware-unicorns

時価総額1億ドルを超えるハードウェアの巨大スタートアップ(ユニコーン)について触れたHAXのスライド

White House Maker Faireにおけるオバマ大統領の挨拶
http://makezine.jp/blog/2014/06/the-presidents-address-at-the-white-house-maker-faire.html

Makerムーブメントとはなにか? (小林茂ブログ)
http://yapan-org.tumblr.com/post/44538295461/maker-movement

オバマ大統領の話と小林先生のブログの2つのURLはセットで、「メイカームーブメントの概論的な話」。とりあえずどういう話だか知りたい人は、この2つを読むといいと思う

Dale Dougherty: We Are Makers (日本語字幕付き)
https://www.ted.com/talks/dale_dougherty_we_are_makers?language=ja

メイカーメディア編集長のTEDトーク。Makeとはどういうことかのおおもと。うーん、「メイカーフェア」とかに一回でも来たことある人向けじゃないかなぁ
本文より:デールは、世界中から優れたアイデアの持ち主が集まり発表しあうTEDというイベントにおいて、We Are Makers (私たちは作り手である)と題して講演し、ものづくりを再び取り戻すべきだと訴えている。

僕らはみんな何かの作り手だ!
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1206/08/news138.html前述のデールに、僕が2012年にインタビューした記事。Makerがなぜイノベーションを起こすか、それはプロ(既存の作り手)とは目的・視点が違うからと述べた文章で、文中では何回か触れられている。
僕にとってもたぶん最初のインタビュー記事で、評判がすごく良かったので、今も何か書く活動を続けている。
プログラムでも料理でも、何かしら「つくること」をしてる人はグッとくると思います

「Makeすることで世界は変わる」~「Make」編集長が語るMakerムーブメント
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1306/27/news008.html

こちらはMake:Magazine編集長のマーク・フラウエンフェルダーにインタビューした記事。Makeカルチャーの特徴など。なんというかいろいろ西海岸っぽい。

科学と文明と好奇心
http://cruel.org/cut/cut199902.htmlMakeの原点にあたる「科学する心」について、山形さんのこの文章から引用した。僕、山形さんの文章大好きで、今回「メイカーズのエコシステム」書きながら、本人のサイトをだいたい読み返したりしました。

自分のためのテクノロジー Maker Faire Bay Areaレポート
http://matogrosso.jp/sgmirai/sgmirai-01-01.htmlアメリカのベイエリア、世界最大のメイカーフェアのレポート。僕にとって最初の海外メイカーフェア。単純に観光としても面白いので、わざわざサンフランシスコ来る価値あります。

Kickstarter's top projects: When they shipped(英語)
http://money.cnn.com/interactive/technology/kickstarter-projects-shipping/

文中:CNNのレポートによると、2012年の時点で、ハードウェア関係で、募集に成功した金額トップ50のプロジェクトのうち、84%が出荷に失敗していて、遅れたり出荷そのものが怪しくなっている。

The lean-hardware-financing (英語)
http://www.slideshare.net/haxlr8r/the-leanhardwarefinancing

ハードウェア企業のファイナンシングについて触れたHAXのスライド

Kickstarter Is Not a Store (英語)
https://www.kickstarter.com/blog/kickstarter-is-not-a-store

文中:(Kickstarterは)出資者に対しても「キックスターターはお店じゃない」という啓蒙キャンペーンを貼った。意図するところは、「わかりやすい詐欺はもちろん防いでいくように努力するけど、もともとアマチュアがチャレンジングな企画を出す場所な訳だから、その辺は納得も覚悟もするように」ということだ。

コミックマーケットの理念と実相
http://www.comiket.co.jp/info-a/WhatIs.html

Kickstarterのハードがあまりに来ないし品質も低いことを同人誌になぞらえ、コミケで廃人はどのぐらいお金を使っているかを調べるために参照したレポート。
やっぱり1回で十万とか使う人かなりいるみたいで、2年間で2599ドルキックスターターに使ってる僕はまだ常識人ということがわかった

日本のファブラボ一覧
http://fablabjapan.org/about/

fabなび—日本全国のファブ施設(ファブスペース)を紹介
https://fabcross.jp/list/series/fabnavi/

世界のメイカーフェア一覧 (英語)
http://makerfaire.com/map/

おうちハック同好会
https://www.facebook.com/groups/ouch.hack/

ゼロからメイカーになる上で、ツールが安く簡単になったことも大事だけど、コミュニティとつながれて仲間が見つかることが、始めやすく続けやすくなった原因、みたいな文脈で紹介した。まだ一回もリアル会合に参加したことはないのですが、中に友達が何人もいます。言いコミュニティっぽいですね。

伽藍とバザール
http://cruel.org/freeware/cathedral.html

言わずと知れたオープンソース三部作のひとつめ。オープンソースソフトのプロジェクトマネジメントの方式について述べた名ドキュメント。けっこう読んでない人も多いし、当時だとわからなかったけど今読むと当たり前のことになっていたり、この通りになってないこともあるので、今改めて読み返すのがオススメ。
けっこう多くの人が、伽藍は既存の開発方式で、バザールがオープンソースとまちがっておぼえてる模様。実際は、どっちもオープンソースで、まとめ役がきっちりといるタイプの形式と、もっと自由に参加できる形と、どっちがどういうときに有効かを考えて書いてあるものです。エリック・パンと、「深圳がバザール形式っぽくて、シンガポールは伽藍っぽくない?」って話したら、「うまいたとえだと思う」と言われました。
ほかの2つ「ノウアスフィアの開墾」「魔法のおなべ」も。特に魔法のおなべはビジネスのことを書いてあって、自分で活動にコミットしてる人以外が読んでもわかりやすいんじゃないかな?

ニコ技TDS観察会感想リンク集
http://ch.nicovideo.jp/asagin/blomaga/ar257580

ニコ技深圳観察会の元ネタとなった、ニコ技TDS観察会のリンク集。全員面白い。単体でそうでもないものも、集団になると面白くなる可能性を感じた

第2章 メイカーズで世界はどう変わるのか インディー・デザイン(同人ハードウェア)の誕生

山形浩生日記 2008/10 
http://cruel.org/other/rumors2008_2.html#item2008103103

実は、日本で最初のSeeed顧客は、本書で解説を寄稿いただいた山形浩生さんだと思われる。2008年度にSeeeduinoと、のちにFusionPCBとなるサービスを使ったときのブログ。
僕は大ファンで、当時リアルタイムに見ていた。Make Tokyo Meeting02に来ていたと聞いたときも小躍りしたのだけど、顔もわからないし出会えるはずもない。 はじめてお会いしたのはこの観察会の企画をやったときで、「よし、声がけしよう」と思ったのはニコニコ学会βへの失望 ブログを読んだとき(僕このとき、受付サポートみたいなことやってて、名刺もらった)だった

Fusion PCBAでハードウェアを「コンパイル」する
http://qiita.com/mayfair/items/0206bd437c4302be5500

小林先生の、こちらはQiita。文中:Fusion PCBAでハードウェアを「コンパイル」する

イノベーションの中心点は、シリコンバレーから深センへ その(3)
http://www.fabkura.org/2015/07/3.html
文中:ニコ技深圳観察会参加者の佐々木陽氏は、深圳に来る前にFusionPCBを発注して、深圳でピックアップを選択。Seeedの工場を訪問した際に基板を受け取り、参加者の喝采を浴びた。課程をレポートしているブログには、PCBWay等他業者との比較も掲載されている。
実は、観察会のブログからの引用はコレが最初。ここまでは概論を書いていたからで、このあとは具体的なレポートなので引用が増える。


ニコ技シンセン深圳観察会に行ってきた #sz1208
http://maaash.jp/2014/12/shenzhen/

文中:ニコ技深圳観察会の参加者で、IRKitというスマホ等から家電を赤外線で操作するIoT製品を作り、販売しているメイカー・大塚正和は、ツアー中に自らのプロジェクトをSeeedの人たちにプレゼンし、中国で販売できるか尋ねたときの様子を、ブログでこう書いている。

マルチネレコーズ
http://maltinerecords.cs8.biz/
インディー・デザイン(同人デザイン)の文脈で紹介した、日本の2ch DTM板から始まったインディペンデントDJムーブメント。高品質のフリー音源が聞けるのでオススメ

AkiParty
https://www.facebook.com/Akiparty4Geeks/
マルチネレコーズ主宰Tomad氏と僕が運営している、ギークのためのダンスパーティー。LEDなどを持ち込むと割引になる

■Day-1(後半) 夜の電気街ツアー [2014/12/08]
http://dickbruna.hatenablog.com/entry/00003
ニコ技深圳観察会第2回の参加者、大手電機メーカーに勤めるA.Sunouchiさんのエントリー。生産管理とかが本業らしく、ラインの組み方とか、金型工場・金属加工工場の日本との違いとか、全般的にメチャメチャ面白い。

ニコニコ技術部と中国の工場を見にいったら凄すぎて絶望した件
http://ch.nicovideo.jp/iyokan_nico/blomaga/ar593068
第1回の参加者、伊予柑のエントリー。はてブ733。半端ない。深圳という街の特徴を生き生きと表している。

Hackについて
http://cruel.org/freeware/hack.html
山塞とHackの類似について説明する部分で紹介。これも山形さんの翻訳

”深圳MakerFair2015”訪問レポート
http://hiroshisumio.tumblr.com/post/124559176019/
第3回の参加者。Sumio Hiroshiさんのレポート。特にTerryとBunnieの講演の紹介がすばらしく、スライドの写真をだいたい貼ってある。大感謝。

中国・深川訪問記:世界の製造業のエコシステムを訪ねて
http://joi.ito.com/jp/archives/2014/08/21/005554.html
MIT伊藤穣一のブログ。第1回の深圳観察会は、MIT組の観察会のちょうど2週間ほど前に行われて、どうやらよく似たところを見てきたらしく、メンバー間で話題になった。案内はBunnie

■Day-2 (午後2) プリント基板工場を見学
http://dickbruna.hatenablog.com/entry/00006
同じくA.Sunouchiのブログ。プリント基板工場の話で、プロの視点から見ていて面白い。

Building blocks that blink, beep and teach(英語)
http://www.ted.com/talks/ayah_bdeir_building_blocks_that_blink_beep_and_teach
LittleBits創業者のアヤ・ブデールによるトーク。日本語字幕あり

Sex, Circuits & Deep House (英語)
http://www.bunniestudios.com/blog/?p=4484
前述のBunnieがバーニングマン専用に作ったハードウェアの紹介

Arduinoを自作して量産して販売する(超小型Arduino互換機 8pinoを例に)
http://qiita.com/akichika/items/4c282c638b38681050d9
2014年のメイカーフェア深圳で出会った品モノラボ田中章愛さんの、8PinoというArduino互換ハードウェアをSeeedで量産し、販売するまでの素晴らしいレポート。ものすごくオススメ

■第3章 同人ハードウェアからメイカーへハードな道

Building lean-hardware-startups (英語)
http://www.slideshare.net/haxlr8r/building-leanhardwarestartups
HAXのスライド。スモールスタートでハードウェア製品を作る方法

ハードウェア・スタートアップが避けるべき12の「○○ウェア」
http://jp.techcrunch.com/2014/04/10/twelve-wares-you-should-avoid-as-a-hardware-startup/
非常に有名なHAXのプレゼンを記事にしたTechcrunch日本語版の記事。参加者みんな「あるある」と膝を打った。

ニコニコ技術部 深圳観察会レポート(2)「本物のオリジナルです」
http://ch.nicovideo.jp/nojiri_h/blomaga/ar599666
ニコ技深圳観察会、尻Pの素晴らしいエントリ。

日本のウェアラブルスタートアップにおける課題とは--投資の見極め方
http://japan.cnet.com/sp/wearabletech2014/35045798/
HAX 創業メンバーベンジャミンの、日本での公演の記事。ベンジャミンはGengoやTokyoOtakuModeみたいな日本企業にも投資してる日本通

Want to innovate? Become a "now-ist"(英語)
https://www.ted.com/talks/joi_ito_want_to_innovate_become_a_now_ist
前述MIT伊藤穣一の、深圳のことにも触れているDeploy or Dieについて語ったプレゼン

Star Prototype: Rapid Prototyping & Prototype Manufacturing(英語)
http://www.star-prototype.com/
深圳の隣町中山にある、金型を使った射出成形から(安いが初期コストがかかる)CNCを使った削り出しまで、3つから10万個、納期3日~1ヶ月がウリ

HAX Boost
https://hax.co/boost/
HAXのニュープログラム。リテール、販売のフェーズをサポートする

サプライチェーンは人間がいっぱい
http://ch.nicovideo.jp/tks/blomaga/ar691829
MITのバニーがハードウェアの製造について語った名エントリ。

Meet OTTO - The Hackable GIF Camera
https://www.kickstarter.com/projects/1598272670/meet-otto-the-hackable-gif-camera
このプロジェクトのUpdateを「Hardware is Hard」の例として多く紹介した。

ニコニコ技術部 深圳観察会レポート(3)「うちのボスがデザインしたのよ」
http://ch.nicovideo.jp/nojiri_h/blomaga/ar600033
尻PのJENESISの紹介。尻Pのレポートは、4つ中の3つを引用した。

第4章 政府とメイカームーブメント

メイカーフェア深圳2015のエリック・パンのスピーチ(英語)
https://www.youtube.com/watch?v=hYMpURi-LoU

GDPに占める製造業付加価値ランキング(OECD)
http://top10.sakura.ne.jp/IBRD-NV-IND-MANF-ZS.html

stemalp2015 シンガポールの中学校で使われているArduinoコースの教科書(英語)
https://sites.google.com/site/stemalp2015/
Google Siteで公開してるのはすばらしい

Saminathan Gopal, Pricipal, STEM Inc Making in Education(日本語字幕付き)
https://www.youtube.com/watch?v=1teVkz59qq4
シンガポールのSTEM教育について語るレポート。このテーマに関心ある人には凄くお勧め。字幕はぼくがつけた

シンガポールのレストラン「ドローン・ウェイターはじめました」仕掛け人ジョンヤン・ウォンの挑戦
http://engineer.typemag.jp/article/tks-10
シンガポールにて開発中のドローンがサービスするレストランについての記事

Flying of Unmanned Aircraft(英語)
http://www.caas.gov.sg/caas/en/ANS/unmanned-aircraft.html
シンガポールの、たった2ページしかないドローンに関するルールがダウンロードできる

オフピーク時のMRT利用無料、来年6月まで延長施行
https://www.asiax.biz/news/2623/
シンガポールのスマートシティ計画の一環で、早朝に地下鉄に乗ると無料になる

Transcript of Speech by Prime Minister Lee Hsien Loong at Founders Forum Smart Nation Singapore Reception on 20 April 2015(英語)
http://www.pmo.gov.sg/mediacentre/transcript-speech-prime-minister-lee-hsien-loong-founders-forum-smart-nation-singapore
シンガポール首相の、IT企業の代表を前にしたスピーチ。自分が書いたプログラムの話をしたことでも有名になった。

Minister Vivian talks gadgets!(英語)
https://www.youtube.com/watch?v=-XDdMs7zkiY
シンガポールのギーク大臣がラズベリーパイのよさ、自作Arduinoなどについて語りまくる動画

What’s in… Dr Vivian Balakrishnan’s gadget boxes(英語)
http://vivian.balakrishnan.sg/2014/04/23/whats-in-dr-vivian-balakrishnans-gadget-boxes/
ギーク大臣がメディアに取材されたときの記事

Drone flies over sea to deliver Singapore Post package (英語)
http://www.bbc.com/news/technology-34474809
シンガポールの、離島へドローンで郵便配達する実験

ヴィヴィアン大臣の自動運転カーへの感想(英語)
https://www.facebook.com/Vivian.Balakrishnan.Sg/posts/10153039540996207
文中:産業界と研究者のコラボレーションがこの実験を実現したことへの評価とともに、テクノロジーとポリシーの両方にイノベーションが必要だと述べ、法制度を柔軟にしてさらなる実験を繰り返すことで、シンガポールの交通を需要ベースで最適化することを目標にすると語っている。

Smart Nation an opportunity to ‘shift tone of society’: Vivian Balakrishnan (英語)
http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/smart-nation-an/1760886.html
社会という言葉の意味を変えられる可能性がある、というヴィヴィアン大臣のトーク

ニコニコ技術部 深圳観察会レポート(4)「ネットにつながります、スマホで操作できます」
http://ch.nicovideo.jp/nojiri_h/blomaga/ar600776
尻Pのブロマガ。本全体のまとめともリンクしている。


ニコ技深圳観察会
https://www.facebook.com/groups/653199074763047/

観察会3回分それぞれのログ
2014年8月
https://media.dmm-make.com/item/2027/
2014年12月
http://ch.nicovideo.jp/tks/blomaga/ar689972
2015年06月
http://ch.nicovideo.jp/tks/blomaga/ar823869




元ページ書籍:メイカーズのエコシステム ~新しいモノづくりがとまらない~(ニコ技深圳観察会)に戻る
広告
×
文中:ニコ技深圳観察会の参加者で、IRKitというスマホ等から家電を赤外線で操作するIoT製品を作り、販売しているメイカー・大塚正和は、ツアー中に自らのプロジェクトをSeeedの人たちにプレゼンし、中国で販売できるか尋ねたときの様子を

http://www.dekhasia.com/
61ヶ月前
×
尻Pのブロマガ。本全体のまとめともリンクしている

http://www.dekhasia.com/category/news
61ヶ月前
×
http://www.dekhasia.com/category/sports

インプレスR&D (2016-01-29)
売り上げランキング: 1,041
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。