第4話 東方魔導札 ―壺中の天地と緋想天―
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第4話 東方魔導札 ―壺中の天地と緋想天―

2019-09-16 15:49

     週末の午前。
     私は生まれて初めて、喫茶店という場所に足を踏み入れた。
     しかも家族以外の大人の人と。

     予想はしていたが、胡蝶さんは女性だった。
     黄金色の髪はたっぷりと長く伸びていて、まるで豊かに実った稲穂のようだった。
     髪を総髪にしてまとめ、スーツ姿という模範的な社会人の格好をしていたが、
     掛けている眼鏡が瓶底のように丸っこいので、なんだか子供の私にも親しみやすかった。
     あるいは親しみを感じた理由は、
     実際に聞いてみた胡蝶さんの声が、予想以上に優しいものだったからなのかもしれない。

     私は緊張を誤魔化すためにストローを咥える。
     胡蝶さんはコーヒーを、私はコーラを頼んでいた。
     我ながら子供っぽい。
     普通の作家さん達は、打ち合わせの時に何を頼むものなのだろうか?

     胡蝶さんは丁寧に封筒を紐解くと、A4紙を取り出してさっと目を通す。
     チラリと覗き見てみたが、
     そのA4紙にはワープロで打ち直された英雄物語が印刷されているらしかった。

    「正直驚きました、博麗先生以外にこんな文章が書ける女の子がいたなんて・・・」

     博麗先生、その単語が出た時。
     私は喜び以上に、息が詰まるような後ろめたさを感じた。

     やっぱり、すぐにバレるものなんだ・・・。

    「ただ、残念ですが・・・。この作品はそのまま出版するのは難しいんです」

     私は下唇を噛みしめる。
     そっか、そっか・・・そりゃそうか・・・。

    「理由は、お分かりですよね」

    「はい・・・」

     俯く私を宥めるように、胡蝶さんは穏やかに語り掛けてくる。

    「こういうケースは珍しくありません、むしろあるあるです。
     わざと露骨にモチーフを真似る作家さんも、結構いらっしゃいます。
     多くの場合は問題にならない程度に改訂して、編集会議に持って行くのですが・・・」

     胡蝶さんはA4紙を置くと、その隣に手を組んだ。

    「あなたの場合、問題となる要素が作品の根底から絡みついています。
     まるで魔王綺譚の世界の中に、そのまま存在しているかのような作品でした」

     恥ずかしくて、苦しくて。頭がいっぱいいっぱいになる私に。
     胡蝶さんは優しく笑いかけた。

    「比那名居さん、魔王綺譚、大好きなんですね」

    「はい・・・」

     少しだけ間を置いた後。
     胡蝶さんは少しだけ歯切れの悪そうに話を続けた。

    「あなたの作品を世に出すことは難しいんですが、
     その・・・、これとは別にあなたに依頼したい仕事がありまして・・・」

     私は目を上げると、胡蝶さんはバツが悪そうに額を掻いていた。

    「物語の代筆、まあ、その・・・つまるところ、ゴーストライター、です」

    「ゴースト、ライター・・・?」

     思わぬ言葉に、私は唖然としてしまった。

     ゴーストライター?
     ゴーストライターって、あのゴーストライター?
     なんで・・・?
     なんだ、なんで、なんで、なんでっ!!

    「酷な話なのは重々承知しています。
     本来なら未来ある新人の先生に依頼するような仕事ではないということも。
     それでもこれはあなたが適役なんです、これができるのはあなただけなんです」

     今にも爆発しそうになる私に対して、胡蝶さんは頭を下げた。
     テーブルに三つ指をついて、まるで土下座のような姿勢で、深々と。

    「どうか引き受けてください、お願いします」

     私はしばし押し黙った。
     色んな感情が一気に込み上げてきて、ぐるぐるぐるぐると渦を巻いている。
     どうすればいいのかわからなくて、わけがわからなくて。

     それでも、「あなたしかいない」なんて言われたのは、生まれて初めてだった。

    「わかりました、やります」

     私は身を乗り出すように声を上げた。

    「いえ・・・、やらせてください!!」

     胡蝶さんは驚いたように目を丸くした後、安堵したように破顔して、
     胸に手を当てて深々と息をついた。

    「よかった・・・。ありがとうございます、比那名居先生!!」

     比那名居先生。
     そんな風に呼ばれた時、私はようやく喜びを実感し始めた。

     そうか、私、『先生』なんだ・・・!
     ゴーストではあるけれど、ちゃんと作家になれたんだ!

    「本当にありがとうございます! 助かりました!」

     胡蝶さんは笑顔で私の手に掌を重ねる。
     胡蝶さんの体温は、陽向で暖められた木の床のように温かかった。
     私はなんだか恥ずかしくなって、慌てて手を引っ込める。

    「あの、それで・・・、私は誰の作品を代筆すれば・・・?」

    「ああ、それなんですが。実は既にその先生をお呼びしているんです。
     いや、本当によかった。もし断られてたら大変なことになってましたよ、あははっ」

     その悪びれもしない態度に、私は内心ムッとする。
     何だこの人、初めから私が断るなんて思ってなかったみたいじゃないか。

     疑念を沸かせる私をよそに、胡蝶さんは席から立ち上がって大きく手を振る。

    「あっ! いらっしゃったみたいですね! 先生、こっちですよ!」

     来たんだ、私が代筆する物語の作者が。
     今更ながらに緊張してくる、怯えが出てくる。

     どんな人なんだろう、怖い人じゃないといいな・・・。
     厳しい男の人とかだったら嫌だな・・・。

     そんな嫌なイメージに囚われていた私に、ふと鈴の転がるような声がかけられた。

    「え・・・。比那名居、さん?」

    「へ?」

     女の人の声だった、それもかなり若い人。
     いや、というよりも、むしろ。『聞き覚えがあった』のだ、この声は。

    「そんな、まさか・・・」

    「博麗先生! 代筆してくれそうな方、見つかりましたよ!」

     恐る恐る視線を上げると、そこに立っていたのは。
     博麗 玲夢、その人だった。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。