ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

白さに漂う僕ら。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

白さに漂う僕ら。

2020-04-11 15:26

    思い出とは汚れだったのだ。

    だからこの世界に思い出はない。

    汚れは極限まで取り除かれてしまったからだ。

    掃除ロボ、過保護な教育、シェア、エビデンス、そして電子化。

    あの世界的悲劇以来、物質は指数関数的に嫌悪されていった。

    物質とは汚れの温床だからである。

    汚れたら動き出す掃除機。

    汚れないように匿う子育て。

    新しいものに交換されていくシェア。

    誰もが納得する論理。

    時間の概念のない電子情報。

    「世界が水のようだ」
    「つかんだと思ったらすぐに元の場所に帰っていく」
    「わたしだけのものにはならないのね」

    ある世代が夢みた世界もこんな世界なのかもしれない。

    みんなで共有するってことは、得ることもなければ失うこともない。

    喜びもなければ悲しみもない。

    ああ、虚しさの理由がわかったよ。

    ずっとお腹が空いている理由がわかったよ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。