黒絢のアヴァンドナー自作ミニサプリメント ver.1.12
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

黒絢のアヴァンドナー自作ミニサプリメント ver.1.12

2017-10-04 03:00
  • 2
■はじめに
これはサークル「どらこにあん/どらこにあゲームズ」様が製作されたシステム『黒絢のアヴァンドナー』の非公式ミニサプリメント(追加データ集)です。また、このデータ集公開時点(2017.10.4)で公式からは基本ルールブック『黒絢のアヴァンドナー』と、ミニサプリメント『叡智と栄光』が公開されています。よって、ここで公開する自作データ等はそれらを参照することを前提とした上で記述されています。
特に、基本ルールブックの参照は欠かせませんので、その点ご了解ください。
特に記述がない部分に関しては基本ルールブック及びミニサプリメントの記述を参照してください。
なお、これは編集中のものであり、後ほどルールに変更が為される場合があります。そして、改変に伴いパーツやアビリティ等の修正や追加も行います。今後更に増え、また変更等が加えられる可能性があるため、その点はご留意ください。

■目次
■ルール変更/追加点[リミットモード]
■追加ワールドセクション
■追加ライフパス
■追加NPC
■パーツの追加/仕様変更
■アビリティの追加/仕様変更
■改造項目の追加
■アクセサリーの追加/仕様変更
■対エグゾーストフォートレス討伐戦ルール
□領域内戦闘

■ルール変更/追加[リミットモード]
これは、ミニサプリメント『叡智と栄光』に記載されている追加ルール「ハードモード」とは別のルールとなります。よって、ミニサプリメントの「ハードモード」と併用する際には、各自で調整を行ってください。
この自作ミニサプリメントの内容すべては、[リミットモード]の環境下であることを想定し作成されています。
なお、データ個々だけを抜き出して使用しても影響は(それほど)ないでしょう。

□ジアドカートリッジ(強化ZCを含む)仕様変更
仕様タイミングは「いつでも」のままとする。
カートリッジの使用に際し、【使用限界個数】と【使用限界突破】を設定する。
 ▼使用限界個数
 一律で【2個】とする。
 使用限界個数を超えた使用には、後述する【使用限界突破】の処理が発生する。
 なお、ジアドカートリッジと強化ジアドカートリッジの使用に優先順位は設けず、
 プレイヤーの任意とする。
 ▼使用限界突破
 【使用限界突破】発生後のジアドカートリッジ消費によるジアドスフィア回復を行うと、
 その回復した分の値だけ【限界突破値】が累積していく。
 次のセットアッププロセス時のジアドスフィア出力分の回復処理の後に、
 そのときの【限界突破値】分のジアドスフィア減少が発生する。


これらのルールは短期間での連続したジアドスフィア回復によるジアド機関の負荷を表すものであり、【打撃形態】等のジアドスフィアを回復する処理以外でのジアドカートリッジの使用では発生しない。

■追加ワールドセクション
□企業「ムーンライト」
ある時期から人口に膾炙しはじめた企業である。
月明かりの名を冠するこの企業の諸情報は一切の謎に包まれている。
判明していることは、この企業の製品には決まって
「1つの大円を中心とし、8つの小円が同心円状にそれを囲むエンブレム」
が刻まれているということ。
そして、この企業の商品は確かに市場に流通しているということである。
各企業との関連は不明。

□図書館の街「ランガナタン」
一種のアンダーグラウンド。ただし、ダグザを持たずどの企業にも属していない。
「図書館」と呼ばれる施設を中心に円上の街が形成されており、街の規模はほどほどに大きい。
図書館には、企業戦争以前の地上のありとあらゆる情報が集積されており、
それは「司書」と呼ばれる一人のアヴァンドナーによって管理されている。
この情報のために『図書館の街“ランガナタン”』は今も生きながらえているのである。
街では多くの人々が生活をしており、自給自足の体制もある程度は整えられている。
しかし、それだけで賄えないのも事実であり、不足物資などは他のアンダーグラウンドや、
時には企業が必要とする情報を交換条件に補っている。
企業との関係は図書館の役割上、表面的には良好といえるだろう。
中立都市、そう形容するのが相応しい。
[世界の真実]※セキュリティクリアランス“librarian”
街は“図書館の揺り籠”である。
「図書館」は企業戦争以前には世界中のあらゆる情報を収集することを使命とした機関として存在していた。設立の出資者は国家や企業であり、彼らにとっても情報収集機関の存在は有為であった。しかし、情報は非物質的な力を持つ――「図書館」は自らの使命に忠実であった。
存在の第一義として、それが例え国家や企業にとって地上に存在して欲しくはない情報であっても、ありとあらゆる手段を使い収集したのである。
当然、国家や企業は図書館に対して収集の対象を制限するように要請したが、既に自己組織だけで運営の全てを賄えるようになっていた図書館はこれを拒否し、両者の溝は深まった。
企業戦争が始まる頃になると図書館は強烈な秘密主義を取るようになっており、戦災によって失われていく情報の収集により注力するようになった。独自の研究機関等も存在していたようである。
企業戦争が集結する間際、各所の図書館に向かって身元不明の破壊兵器が集中した。
これによって殆どの図書館は地上から消滅したが、消滅を免れた図書館もある。
それが、この『ランガナタン』の図書館である。
しかし、破壊兵器は全ての図書館に向けられたものであるのに、
どうやってランガナタンが被害を受けずに済んだのかは判明していない。
図書館の深奥には『世界の真実』といえる膨大な資料が眠っているのだが、
アクセスする方法を知る者は既に失われた為、白日の元に真実が明かされることはないだろう。

□工廠の街「インダストリエ」
一種のアンダーグラウンド。ただし、ダグザを持たずどの企業にも属していない。
企業に廃棄された工場群跡地を再利用したアンダーグラウンドであり、
廃棄後も稼働していたジアド粒子フィールド発生装置があったために人が集まり街となった。
元が工場群であった為、この場所の生産能力には目を見張るものがあり、
それを利用し所謂非正規品の製造、企業からの下請け、修理等を行うことで運営が成り立っている。
何らかの技術の流入があったのか、アヴァンドナー生産能力すら有するという話すらある。
街の人口は多く、その殆どが工場従事者とその家族であり、
他にも機械マニア気質の者達やエアブレイン、企業のスパイ等もいる。
この工場群はある制御機構によって統括されている。
それは表舞台に出ることはなく、そのことを知る者も極一部であるが、それは確かに工場群機能継続の要である。
[世界の真実]※セキュリティクリアランス“pioneer”
初めは、工場群跡地に何の力も技術も持たない人々が集まっただけの滅びを待つ場所だった。
そこに、ある企業の実験の末に放逐された技術者達がやってきた。
彼らは工場の設備を再び稼働できる状態にし、人々にこの世界で生きていく技術と術を教えた。
規模が大きくなっていくと、工場群制御に限界が見え始めた。
そこで、技術者達はあるブレイクスルーを作製した。それが、生体制御機構である。
これによって、街は現在も世界の中で継続し続けている。
技術者達は自らを「世界再生に失敗した者」であり「悪魔」だと言ったが、
街の人々にとって、彼らはまさに救いの神であった。
制御機構の名は「マルガレーテ」、幼き少女の形をした生体制御機構。

□賭博の街「ヘブンズアウト」
一種のアンダーグラウンド。各企業の出資により成り立つ賭博の街である。
所謂統括的娯楽施設であり、この街は企業間公認の中立地である。
この街には様々な娯楽施設、飲食施設、宿泊施設が立ち並び、
専用通貨「ヘレ」を使って様々なサービスを受けることができる。
この街の主要施設は賭博施設であり、そこで人々はヘレを稼ぎ各種サービスの恩恵を受けている。
人呼んで「地上の楽園」であり、様々な階級、様々なもの達が娯楽を享受している街だ。
企業という天国の外側にある楽園こそがこの街なのである。
街は中立であり、どの企業の影響下にもない、故に独自の警察機関「番犬(ガルム)」が存在する。
――ようこそ、ヘブンズアウトへ。
――ここは楽園、天国の外。ヘレを稼いで幸せになろう!
[世界の真実]※セキュリティクリアランス“croupier”
この街の実体は企業共同の実験施設である。
表立って行えない実験――特に人体実験を行うのに、
大量の被験体が必要なために各企業はこの街を必要とし作られた。
この街は中立である。この街では何があっても、企業の法が通用しない。
つまり、この街では、企業管轄域におけるあらゆる違法が違法ではなくなるのである。
街では時おり人が消える。しかし、街の性質上、それは「よくあること」なのだ。
消えた人々が帰ってくることはない。実験体の末路など、言うまでもない。
――ようこそ、天国の外側へ。
――ここは煉獄、地獄の隣。永遠の不幸を掛け金に一度の幸せを得る場所。

□港湾都市「サザナミ」
―構想中―

■追加ライフパス
□追加製造プラント
『インダストリエ第零工廠』/チャリス:マルガレーテ
工廠の街「インダストリエ」の地下に存在する培養脳研究施設。
存在はトップシークレットとされており、ここで製造されたアヴァンドナーには所謂機械オタクの気があり、効率よりも浪漫主義の傾向が強い。
民間の施設ながら生産力は高く、優秀な培養脳を製造する技術を持っている。
【性別限定:なし】

『地下特別研究棟-エーリューズニル-』/チャリス:ヘル
賭博の街「ヘブンズアウト」の敷地内にあり、番犬達によって護られている。
内部設備と技術は一級品であり、アヴァンドナーだけでなくイルドナークすら製造可能である。この場所出身のアヴァンドナーは所謂社会一般の常識というものを教えられない。
必要なことは用途に沿ったことであり、それ以外を知る必要などないのである。
・・・
《ある被験者の記録》
研究員A:被験者ナンバー11067、経過良好。問題ありません。
研究員B:了解。今回の被験者のデータ、ひでぇなこりゃ。
     賭博狂いの酒狂い、挙句に賭場でトラブル起こして無事実験体の仲間入りか。
研究員A:まあ、でもよくいる手合ですよ。この男も運が無いですね。
     まさか自分がこんな姿にされるとは夢にも思っていないでしょうに。
研究員B:だわなぁ……。よっぽど特殊な趣味の変態でもなけりゃ、これはなぁ。
研究員A:先輩、その、何故わざわざ成人男性の脳を摘出して少女義体に適用するようなこと
     を?
研究員B:上が言うには「心体異層時の適用性実験」らしいが。正直理解できん。
     ま、お前も深く考えない方が良いぞ。下手をすれば、上の番犬に”ズドン!”だ。
研究員A:はぁ。それで、この後は覚醒後経過観察、それが終われば「廃棄」とありますが。
研究員B:あぁ、お前は知らないんだったな。別に殺しゃしねぇよ。
     観察が終われば番犬に引き渡して、外に捨てる。抵抗すれば被験体が死ぬだけ。
研究員A:ええっ、良いんですか?そんなことしちゃって……。
研究員B:まあ、コレが何言ったところで発言力なんて無いからな。問題無いんだろ。
     どちらにせよ、そんなの俺らが知るところじゃねぇよ。
研究員A:はぁ。うーん、それにしても……こんなに可愛い見た目なのに元が男なんてなぁ。
・・・
このプラント出身のアヴァンドナーは所謂”型破り”な人格をしたものが多い傾向がある。
【性別限定:なし】

□追加邂逅
『旅』/チャリス:任意
あなたは以前に何らかの理由で共に旅をした相手がいる。
その旅がどのようなものであったか、それは自由に決めていい。
『奇縁』/チャリス:任意
あなたは何故かその相手に妙な縁がある。
街中で、戦場で、任務で、ふとしたところでその相手と出会う。
『盲信』/チャリス:任意
あなたには盲信している相手がいる。
その盲信の理由は何か、それは自由に決めていい。
『嫌悪』/チャリス:任意
あなたには嫌悪する相手がいる。
その嫌悪の理由は何か、それは自由に決めていい。
『嫉妬』/チャリス:任意
あなたには嫉妬する相手がいる。
その嫉妬の理由は何か、それは自由に決めていい。
『愉快』/チャリス:任意
あなたはその相手といるだけ、もしくは見ているだけで愉快に感じる相手がいる。
少なくとも、その相手はあなたにとって退屈を忘れさせてくれる存在だ。
『投資』/チャリス:任意
あなたには価値があると思う相手がいる。
その相手はあなたにとって、投資するに足る存在だ。
『信仰』/チャリス:任意
あなたには信仰する相手がいる。
相手はあなたにとっての神であり、あなたは相手を信仰するだけで安寧を感じられる。

■追加NPC
・“司書”アマランサス「図書館管理者」「記憶喪失」「優しい司書さん」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:16 髪の色:淡桃 瞳の色:淡赤 肌の色:白 一人称:私
▼解説
ランガナタンアンダーグラウンド「図書館」の管理者。
彼女自身はアヴァンドナーであるが、どのプラントで製造されたかは不明。
また、全身素体であり、戦闘能力を一切有しない。
しかし、情報分析能力は他の追随を許さず、図書館にある膨大な量の情報は彼女一人の手によって管理されている。
彼女は図書館の外部には出ようとはせず、図書館内において絶対の権限を所有しており、彼女でないと閲覧できない情報も存在している。
彼女の話では、自己の記憶が無く気がついた時には図書館の管理をしていたらしい。
誰が何の目的でアマランサスを管理者/司書に就かせたのかは彼女自身も知らず、
ただ図書館の仕事は嫌いではない為、以降ずっとランガナタンで図書館の管理をしているのであるという。
性格は甘く、彼女を慕ってランガナタンに居着くアヴァンドナー/傭兵や人々もいるとか居ないとか。
[世界の真実]
司書『アマランサス』は、企業戦争以前に「図書館」によって製作されたアヴァンドナーである。激化する企業戦争の中「図書館」を守る為に製造されたのがアマランサスだ。
図書館が地上から消える日、彼女は調整中ではあったものの、地上最強の兵器として、ランガナタンにある「図書館」を破壊兵器から守った。しかし、その代償として全身を破壊され、戦う力を失った。「図書館」は混乱の中にあったこともあり、代替品として戦闘に耐えうるパーツを用意する力を失っていたのだ。
企業戦争が終結したとき、ジアド粒子による汚染の波は「図書館」にまで及ぼうとしていた。
「図書館」の下した結論は、図書館に残る技術の全てを使い、アマランサス自身を起点に対ジアド粒子フィールドを発生させ、戦闘能力を全て演算能力に回すことにより、図書館機能を存続させることであった。
目的は達成され、現在もアマランサスは司書の任に就き、図書館を守護している。
この時の無理な負荷により、彼女は司書以前の記憶を全てロストしているのである。
――彼女こそ、捨て置けず諦めず図書館を遺そうとした人々の意志が辿り着いた1つの「答」
「貸出は1人10冊まで、期限は2週間ですよ。破ったら私がとても怒りますからね?とてもこわいですよー!」
「本を雑に扱う人?うーん、そんな人は私がとてもとても怒ります。とてもとてもこわいですよー!」

・マルガレーテ「無垢」「純粋」「少女」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:7 髪色:ピンク 瞳色:ピンク 肌色:褐色 一人称:わたし
▼解説
工廠の街「インダストリエ」の統括生体制御機構。
システムとしての彼女は機械的に制御をこなすだけなので対話は不可能だが、
中身は生前の最期のままなので、義体を通して外に出てわりと自由に遊んでいたりする。
ただ、それは工場制御の管理リソース領域に作られた「遊び」の部分で行っている為、大きな力は持たない。制御リソースを割かずにできることは、せいぜいネットワークを介してアヴァンドナーに幻影を見せる程度だろう。
性格は、「こども」の一言に尽きる。箸が転がれば笑い、腹が立てば怒り、悲しくなれば泣く。
なお、彼女には生前の人格データはあれど、記憶はない。
多数を救う為に犠牲となった少女の最期の望みがシステムに焼き付き、それが現在の彼女を生み出したのである。
「わたしはマルガレーテ!あなたはだあれ?」
「あっそびましょー!えーと……おにごっことか!かくれんぼとか!とにかくあそぼっ!」
「誰かの為に死にたくなかった!でも、死ぬしかなかった!大人達は……私に生きることを許さなかった!」

・ヘル「地獄の女神」「常識の欠落」「神出鬼没」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:10代 髪色:青、裏側ピンク 瞳色:翠 肌色:白 一人称:私
▼解説
賭博の街「ヘブンズアウト」地下にある地下特別研究棟の管理AI。
企業のオーダーに従い業務をこなす冷徹な性格。……の、ように思えて以外に自由なところがあり、目を盗んでは義体を使って街へ出て遊んだりもしている。
企業の実験については特に思うところもないようで、基本的に社会一般の常識は持ち合わせていない。街の至る所で目撃情報があり、彼女の姿を見かけた日は勝ちに恵まれる等の噂まであるほどである。当然、噂の真相を探って彼女を尾行でもしようものならば、別の形で真実を知ることになるだろう。
「私はヘル。まあ、地獄の女神とでも言いましょうか。そんなところです。」
「え、ほら、地下特別研究棟って何だかかっこ悪いでしょう?だから、エーリューズニル、と。」
「ほら、貴方、そう、そこの貴方です。私は暇です。暇を持て余しています。エスコートしてください。」

・シャロン「放浪」「独立傭兵」「神出鬼没」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:14 髪色:白 瞳色:青 肌色:白 一人称:ボク
▼解説
自分探し中の世界を旅する独立傭兵。
何故かアヴァンドナー「クロム」に気に入られており、協働して仕事をする場面がよく目撃されている。シャロン曰く、”協働を申し込むつもりの無いのに気がついたらクロムがいる”らしい。他アヴァンドナーから協働を申し込まれた場合、嫌いな相手じゃない限りは友好的な対応をする。
美味しいものを食べることが好きで、食事の邪魔をされると怒る。手袋沙汰案件である。
軽量型、兵装は実体ブレードとアサルトライフルであり、堅実な戦い方を好む。
「ボクはシャロン。只今絶賛自分探し中です。気軽に”シロ”って呼んでくれると、嬉しいです。」
「敵戦力EFとAVが1体ずつ。確実に、協力して各個撃破でいきましょう。では、よろしくお願いします。」
「食事は良い、味気のないジアドスティックはいけません。パフォーマンスが10%くらい落ちる気がします。」

・クロム「放浪」「トリガーハッピー」「シャロンラブ」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:10 髪色:黒 瞳色:ピンク 肌色:白 一人称:クロ
▼解説
キュートでプリミティブな気ままに旅する独立傭兵。
シャロンの活動するところで活動していることが多い。気に入った相手には友好的に接する。
……ところで、彼女にはとある悪癖がある。それは何かを撃つことに快感を覚えることだ。
引き金を引き、発射された弾丸が対象を貫く時、どうしようもなく高揚するのである。
本人もわりと気にしているようで、指摘されるとばつが悪そうにする。
中量型、兵装はショットガン二丁であり、火力重視の戦い方を好む。
「あっ!シャロン!シャロン!奇遇だね!一緒にいこっ?」
「あははははは!楽しいね!みてみてっ!アイツもう動かないよっ!」
「く、クロだって変だとは思ってるよ!でも、あの当たった瞬間の爽快感が堪らないの!仕方ないことだよっ!」

・グランツ「戦力派遣員」「好奇心」「猫」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:15 髪色:金 瞳色:翠 肌色:白 一人称:わたし
▼解説
C3アンダーグラウンド所属のアヴァンドナー。
口調は軍人然としているが、本人は好奇心の塊であり気になるものには近づかずにはいられない。C3所属の工作員であり、あらゆる場所で目撃される。
中量型、兵装はスナイパーライフル二丁であり、遠距離から確実にダメージを与える手堅い戦い方を好む。
「わたしの名はグランツ。射撃の腕は信用してくれて良い。よろしく頼む。」
「ん、何だ?さっきあそこを横切ったものだ。黒い毛玉(猫)?......待っていてくれ。少し確認して戻ってくる。」
「……すまない。赦せとは言わない。だが、これは最初から決まっていたことだ。」

・トレイメント「傭兵団」「団長」「わりと適当」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:19 髪色:茶 瞳色:赤 肌色:白 一人称:私
▼解説
SSA製のアヴァンドナー。
SSAの合理主義が肌に合わず、現在はランガナタンを拠点とする傭兵団「ライヴラリ」の団長をしている。
来る者拒まず去る者追わず、が団則である。彼女の傭兵団には拘束力はなく、持たせる気もない。彼女自身は団をわりと気に入っているようで、団員に対しても心をひらいている。
中量型、兵装はロケットランチャーであり、戦場を俯瞰し支援に回る戦い方を好む。
「傭兵団の設立した理由ですか?そっちの方が楽しそうだったから、とか。あ、ダメですか。」
「一々協働アヴァンドナーを集めるより最初から集まっていた方が楽じゃないですか、稼げますし。」
「私は見てみたい。私達の可能性《ライヴラリ》を――。」

・“死神”アルメリア「漆黒の閃光」「絶対殺すガール」「無口っ娘」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:14 髪色:灰 瞳色:赤 肌色:褐色
一人称/二人称:ワタシ/オマエ
▼解説
アヴァンドナー「アルメリア」。忌むべき死神である。
時折、戦場に黒い閃光が奔る。その光は標的を確実に破壊し、戦場に死を齎す。
戦場において彼女は正しく死神である。
彼女が現れた戦場は全てイデアグロリアと直接的にしろ間接的にしろ関連があり、
彼女はイデアグロリアに所属するアヴァンドナーであると言われている。
一部の証言では対話をすることもできるようであるが、
彼女の無機質な赤い瞳を見た者は彼女のことを企業の尖兵エアブレインだと思うようだ。
好きなものは、ミルクチョコレート。嫌いなものは、ブラックチョコレート。
中量型、兵装は高威力のアサルトライフル二丁であり、確実に相手を殺す戦い方を好む。
「目標発見、破壊するわ。」
「言葉は不要よ。」
「世界も、オマエ達も、全てクソ食らえッ!全て、全て壊れて消えてしまえばいいッ!」

・アルメリア「妹属性」「絶対懐くガール」「機能的欠陥」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:14 髪色:灰 瞳色:赤(左目使用不可) 肌色:褐色
一人称/二人称:わたし/お姉(兄)ちゃん
※自分の行うあらゆる判定の目標値にマイナス1の修正を加える。
▼解説
アヴァンドナー「アルメリア」。
かつては忌むべき死神であったが、現在は何らかの事情で回路が破壊され、
それに伴い回路破壊以前の記憶の喪失、左目回路の使用不可が後遺症として出ている。
彼女はイデアグロリアによってAirBrain回路を埋め込まれたエアブレインであった。
他のエアブレインとの相違点は、回路による洗脳を使った尖兵化ではなく、
強力な感情、そして感情固定化の処理を行うことによって、
自発的に企業に従順で協力的にあるように調整されていたことだ。
イデアグロリアは、アヴァンドナーの感情を力にするというカリステギアシステムに目を付け、これのより効率的な運用を目指したモノが「アルメリア」である。
イデアグロリアは事実上、彼女を捨てた。壊れた兵器を廃棄するのは当然の行動だろう。
記憶と寄る辺を持たないアルメリアは幼子同然である。
悪意というものを知らず、この世全てのモノが自己に対し愛を持っていると信じている。
好きなものは、楽しい話。嫌いなものは、哀しい話。
中量型、兵装は高威力のアサルトライフル一丁であるが、戦い自体を好まない。
「ねぇ、ごほんよんでくれる?」
「もっと、おはなしを聴かせて?」
「ひとりにしないで……。」

・“聖女”ベロニカ「優しさ」「微笑み」「慈悲の刃」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:18 髪色:銀 瞳色:瑠璃 肌色:白
一人称/二人称:わたくし/貴方
▼解説
アヴァンドナー「ベロニカ」。救いを齎す聖女である。
戦場における救いは死である。
助からぬ者、死に逝く者に対して彼女は平等に救いを与える。その優しさは全てに平等で、故に残酷である。曰く、時おり彼女はアヴァンドナーの死に際に現れ救いを齎す。
救いとは、独り死に逝くアヴァンドナーに対する介錯だ。
そして、彼女は自身が救いを齎した者が無事に逝ける様に、最期の時まで看取る。
静かに殺し、そして看取るその顔には優しい微笑みが浮かんでいるという。
それはまるで聖女のよう―――。
『彼女が齎す優しさ/慈悲/死は平等に執行される。己の生に執着し足掻こうとする者、己の全てを諦め死を望む者、どちらも平等に速やかに死を与えられる。』
その優しさ/慈悲/死を振り撒く姿に、死神との相違はあるか。
中量型、市場に流通していない兵装を持ち、相対した相手は死ぬ為、戦い方は分からない。
「貴方はもう助かりません。だから殺しますね。安心を、最期は私が看取ってあげます。」
「死にたくない?いいえ、貴方は死ぬのです。足掻くのは辛いでしょう。さあ……。――」
「何故、ですか。生きられないものが生きようとするのは、無駄なだけではありませんか?」

・“情報屋”アクシア=エレオノーラ「対価は秘密」「現在集積家」
■パーソナルデータ
性別:女 外見年齢:15 髪色:金 瞳色:青 肌色:白
一人称/二人称:わたくし/貴方様
▼解説
多くは知られていないランガナタンの情報屋令嬢。いつも漆黒のドレスに身を包んでいる。
ランガナタンの人目につかない暗がりにて時折姿が目撃される。
図書館が過去の情報を集積する為に在るのだとすれば、彼女は現在を集積するために在る。
彼女は現在を生きる情報に飢えている。彼女が蓄積した情報はその瞬間に過去のものとなるので彼女が真に満たされることはない。皮肉屋で口調は慇懃無礼。
暴力によって支配されている世界の中でランガナタンは情報という力によって生きながらえている。そんな街だからこそ彼女のような人間が存在していられるのだろう。
尚、妹が存在する。性格は姉であるアクシアとは、一見正反対。
公開しているシナリオ『荒野に咲く花』の登場NPCの項目「アニマ=エレオノーラ」を参照してほしい。
「貴方様が知りたいことを教えてあげますわ。ただし、貴方様は対価を払わなくてはいけませんの。」
「貴方様、顔の形とか変えてみません?新しい顔、新しい情報。はぁぁ……、良いですわぁー……。」
「貴方様には価値がありませんわね。帰ってよろしくてよ?」

■パーツの追加/仕様変更
記載パーツの中に、オリジナルアビリティが存在するものがある。
該当アビリティにはアビリティ名横に★を付けるので、「■アビリティの追加/性能変更」を参照して欲しい。
□追加パーツ
▼カテゴリ:アーム
『突撃刺胞- パリトアトキシカ -』/武器腕 製造:ムーンライト
初期ZS:10 重量:30 金額:3000ルアド
アビリティ:【突撃衝角】【★突撃刺胞】
装備条件:このパーツの重量を加えた上で、行動カウントにマイナーアクションが2個あること。
[パーツ説明]
多段射突機構を備えた巨大な針。攻撃時以外、針部分は内部機構に格納されている。
機体性能を犠牲に、体当たりの一撃に全てを賭けた殺衝兵装。
自身の攻撃による衝撃を受け止めきれるアヴァンドナーでなければ使用することもできない。

▼カテゴリ:オプション
『射出装置- シューター ー』/組み合わせ 製造:ムーンライト
初期ZS:0 重量:4 金額:500
アビリティ:なし
[パーツ説明]
着脱式の射出装置。様々なものとの組み合わせで多様な用途で使用できるパーツ。

『増設強化ジアドカートリッジ』/オプション 製造:各企業
初期ZS:0 重量:1 金額:800
アビリティ:【強化ジアドカートリッジ×1】
[パーツ説明]
内部機関埋め込み式、経口摂取式様々な種類がある。

▼カテゴリ:ウェポン
『Cosmos- コスモス -』/オーヴァードウェポン 製造:ムーンライト
初期ZS:10 重量:15 金額:8000ルアド
連射数:8 威力:50 目標値:6 射程:0~1
アビリティ:【★使用限界:2】【ダブルトリガー不可】【ジアドスフィア消費:15】
【★クリティカル値増加:1】【クリティカルトリガー:+50】
【無効化:数値増加】【無効化:振り直し】【★取り外し不可】【★改造不可】
[パーツ説明]
8基の特大チェーンソー型超振動ブレードを円環状に並べたもの。
使用時にはそれらを高速回転させながら対象に吶喊する。
対象接触時にブレードが展開し、その様を「開花」と表す者もいる。
腕部接続式の兵装であり容易な取り外しができず、
規格外の威力ではあるが数回の使用で負荷に耐えられなくなる、
制御系統の占有量が多く並行処理ができない等、使い勝手は劣悪である。

『Dawnlight- ドーンライト -』/アンビバレンス 製造:ムーンライト
初期ZS:3 重量:10 金額:2500ルアド
連射数:1/3 威力60/15 目標値5/3 射程:0~1/0
アビリティ:【★両手装備】【★分離機構:ST/DT】【★クリティカル値増加:1】
【クリティカルトリガー:+10/+40】【無効化:ダブルトリガーペナルティ】
[パーツ説明]
分離可変機構が内蔵された兵装。一振の太刀形態と二振りの刀の形態に任意で分離可変可能。
特殊な機構故に堅実を好む傭兵には敬遠されがちだが、その性能は決して他に劣りはしない。

『Twilight- トワイライト -』/アンビバレンス 製造:ムーンライト
初期ZS:4 重量:13 金額:4000ルアド
連射数:2/4 威力40/15 目標値6/5 射程:2~3/0~1
アビリティ:【★両手装備】【★分離機構:ST/DT】【★クリティカル値増加:1】
【クリティカルトリガー:+10/+25】【無効化:ダブルトリガーペナルティ】
[パーツ説明]
分離可変機構が内蔵された兵装。1本の狙撃銃形態と2本の突撃銃形態に任意で分離可変可能。
特殊な機構故に堅実を好む傭兵には敬遠されがちだが、その性能は決して他に劣りはしない。

□パーツ仕様変更
この欄には「(変更後)→【変更後の仕様】」といった表記をする。変更前のパーツのデータが記述されている箇所については「記述:◯◯(参照先)P△(参照ページ)」と示す。
▼カテゴリ:ウェポン
『WG-Flügel- フリューゲル -』/マシンガン 製造:ヴィーゲンリート 記述:ルルブP41
(変更後)→ 重量:22
(変更後)→ 威力:10
(変更後)→ アビリティ:【クリティカル不可】【★改造不可】

『Lmhft03- ラバダ -』/ジアドライフル 製造:C3 記述:ルルブP42
(変更後)→ アビリティ:【ジアドスフィア消費:4】
             【ジアドチャージ:倍率2(最大3)】

■アビリティの追加/仕様変更
□追加アビリティ
【突撃刺胞】
効果:このアビリティを1つ以上保有しており、尚且つ、【突撃衝角】を4個以上保有しているPCは、自身の通常/超過移動の際に移動後セルにいるユニット1体を対象に【突撃衝角】の代わりに【突撃刺胞】を宣言することができる。
宣言した場合、対象に[{(【突撃衝角】自身の重量÷3)+(【突撃刺胞】自身の重量÷2)}(端数切り捨て)]のダメージを与える。このアビリティによるダメージには【無効化:ダメージ軽減】が付与される。なお、このアビリティは宣言発動である。

【取り外し不可】
効果:このアビリティが付与された兵装は戦闘中に取り外しを行うことができない。
補足:戦闘中以外の取り外しは可能。
取り外しには機関停止状態で2ラウンド程度の時間を必要とするが、当然戦闘中にできるものではない。

【改造不可】
効果:このアビリティが付与された兵装は改造を行うことができない。

【使用限界:X】
効果:このアビリティが付与された兵装はX回を超えた使用はできない。

【両手装備】
効果:このアビリティが付与された兵装は装備枠を2つ占有する。
補足:右手/左手に装備した場合は左手/右手に他の兵装を装備することはできず、ハンガーに格納しようとした場合はハンガー×2を必要とする。

【分離機構:シングルトリガー(ST)/ダブルトリガー(DT)】
効果:このアビリティは1つの兵装に2つの形態があることを表すものである。
攻撃宣言時にどちらの形態で攻撃するかを宣言すること。
「/」の右側がダブルトリガーで使用したときのデータ。
なお、一部アビリティにもこの効果は適用される。

【クリティカル値増加:X】
このアビリティが付与された兵装は、自身が行うペナルティ適用後の目標値がクリティカル値以上の命中判定では、1だけでなく、[1+X]以下の出目でもクリティカルが発生する。

□アビリティ仕様変更
【突撃衝角】
効果:【突撃衝角】を1個保有する場合はダメージを[自身の重量合計÷6]で算出する。2個で[自身の重量合計÷5]、3個で[自身の重量合計÷4]、4個以上で[自身の重量合計÷3]で算出すること。

【タンデム】
効果追加:エイムスタンス状態の対象をタンデムすることはできない。

■改造項目の追加
各パーツとウェポンは、ルアドを消費することで性能を向上することができる。
これを、「パーツカスタマイズ」「ウェポンカスタマイズ」と呼ぶ。
どちらも、対象のもの1つに、1度まで行える。複数のカスタマイズが存在する場合には、その中の1つだけ適用することができる。これらは基本ルールブックでも扱われている内容であり、詳細はそちらを参照してほしい。以下、追加の改造項目。
□パーツカスタマイズ
▼カテゴリ:チェスト
◆ジアドスフィア出力増加
金額:1000ルアド 効果:ZS出力を5増加する。
この改造を行った場合、チェストパーツのアビリティ欄に【改造:ZS出力+5】と記述し、ZS出力を5増やすこと。
◆最大軽量化
金額:500ルアド 効果:重量を1減少し、初期ZSを5減少する。
この改造を行った場合、チェストパーツのアビリティ欄に【改造:最大軽量化】と記述し、
重量を1減少させ、初期ZSを5減少すること。

▼カテゴリ:アーム
◆突撃衝角取付
金額:1000ルアド 効果:アビリティ欄に【突撃衝角】を1つ追加する。
この改造を行った場合、アームパーツのアビリティ欄に【改造:突撃衝角】と記述する。
このアビリティは【突撃衝角】と同様のアビリティとして扱う。(【突撃刺胞】効果等にも適用可能)
◆最大軽量化
金額:500ルアド 効果:重量を1減少し、初期ZSを5減少する。
この改造を行った場合、アームパーツのアビリティ欄に【改造:最大軽量化】と記述し、
重量を1減少させ、初期ZSを5減少すること。

▼カテゴリ:マニューバ
◆積載限界増加
金額:1000ルアド 効果:積載限界を10増加する。
この改造を行った場合、マニューバパーツのアビリティ欄に【改造:積載限界+10】と記述し、積載限界を10増やすこと。
◆最大軽量化
金額:500ルアド 効果:重量を1減少し、初期ZSを5減少する。
この改造を行った場合、マニューバパーツのアビリティ欄に【改造:最大軽量化】と記述し、重量を1減少させ、初期ZSを5減少すること。

□ウェポンカスタマイズ
▼カテゴリ:アンビバレンス
◆初期ZS増加
金額:1000ルアド 効果:初期ZSを5増加する。
この改造を行った場合、ウェポンのアビリティ欄に【改造:初期ZS+5】と記述し、
その装備の初期ZSを5増加すること。

■アクセサリーの追加/仕様変更
追加されたアビリティー名称の頭に「●」の記号がつけられているものは、コンストラクションで取得できるものである。
□追加アクセサリー
『●攻勢思考』金額:600 製造:ムーンライト
タイミング:メジャーアクション
射程:0 対象:自身 コスト:10
効果:対象が次に行う命中判定1回の連射数をプラス1し、目標値にマイナス1のペナルティを与える。
[アクセサリー説明]
攻勢思考、あらゆる動作をより素早く。全てを積み重ね得たものは、一瞬の時間。

『●守勢思考』金額:600 製造:ムーンライト
タイミング:セットアッププロセス
射程:0 対象:自身 コスト:20
効果:そのラウンドの間、対象のダメージ軽減の値をプラス20し、
行動カウントのメジャーアクションがマイナーアクションに変更される。

このアクセサリーは、行動カウントにマイナーアクションが2個以上あるユニットしか使用することができない。
[アクセサリー説明]
守勢思考、あらゆる動作をより堅実に。周囲ZS最大展開、衝撃耐性上昇、隠し味は己の技術。

『ワイヤープラグイン』金額:500 製造:ムーンライト
タイミング:自身のメインプロセスor対象JS宣言時
射程:0~3 対象:1体 コスト:3
効果:このアビリティは、オプション『射出装置』装備時に使用できる。
このアビリティは使用タイミングによって効果が変わる。
 ▼自身のメインプロセス
 対象を利用し、任意の方向へ1セル移動する。
 ▼対象JS宣言時
 対象の速度を利用し、自身のジグスラスト距離をプラス1する。
 対象はJSを宣言した者のみ。このアクセサリの使用者は、必ずJSしなければならない。
[アクセサリー説明]
伝導硬度ワイヤーにジアド粒子を通す際の制御プラグイン。
この制御が無ければワイヤーが過負荷に耐えられず自壊する。

『キスオブライフ』金額:1500 製造:ムーンライト
タイミング:マイナーアクション
射程:0 対象:1体 コスト:15~30
効果:対象のZSをコストとして消費したZSと同じ値だけ回復する。
   これは機関停止状態の対象にも適用され、対象は臨戦状態へと復帰する。
[アクセサリー説明]
死に瀕したモノへ起死回生の口づけを。

□アクセサリー仕様変更
『チャリスバースト』金額:500ルアド
タイミング:いつでも
射程:0 対象:自身 コスト:効果参照
効果:自身の任意のチャリスを1つ消去する。[消去したチャリスのレベル×10]の値だけ自身のジアドスフィアを回復する。このアクセサリーは1ラウンドに1回使用できる。

『スカザックの智慧』金額:30000ルアド 製造:ムーンライト
タイミング:自身の命中判定直前
使用条件:【対AV専用】攻撃宣言時に攻撃する/される側になったとき[与攻撃/被攻撃時]
射程:0 対象:1体 コスト:効果参照
効果:このアビリティは使うものによって効果が変わる。なお、複数仕様による効果の重複はない。
 ▼与攻撃時
 自身のジアドスフィアを消費することにより、
 攻撃対象のジグスラストによる判定ペナルティを軽減することができる。
 コストとして消費するジアドスフィアの量によって、軽減値が変わる。
 コスト:5で軽減1、コスト10で軽減2、コスト15で軽減3とする。
 ▼被攻撃時
 自身のジアドスフィアを消費することにより、
 相手の命中判定の目標値にペナルティを与えることができる。
 コストとして消費するジアドスフィアの量によって、ペナルティ値が変わる。
 コスト:5でペナルティ1、コスト10でペナルティ2、コスト15でペナルティ3とする。
[アクセサリ説明]
培養脳技術の発達により、従来までのスカザックの智慧プラグラムは陳腐化した。ジャミングによってアヴァンドナー同士の戦いの結果が左右される時代は終焉を迎えたように思われた。しかし、ある時期からスカザックの智慧改良版とでもいうべきプログラムが流通し始めた。それは現在の技術レベルに対応するものであり、卑劣なジャミングにより戦況が左右される時代が帰ってきたことを意味していた。
当然であるが、スカザックの智慧は既に一傭兵の手に届くものではなくなっていた。

『●ジャミング』金額:800
タイミング:マイナーアクション
射程:0~1 対象:効果参照 コスト:効果参照
効果:このラウンドの終了時まで、自身を含む、自身から射程0~1以内に存在する全てのユニットが行うあらゆる判定の目標値に、使用時にコストとして消費するジアドスフィアの量に応じて、ペナルティを与える。
コスト5でペナルティ1、コスト15でペナルティ2とする。

このアビリティによる攻撃命中判定のペナルティ適用タイミングは攻撃宣言時である。
なお、このアビリティを複数使用しても、効果は重複しない。

■対エグゾーストフォートレス討伐戦ルール
□チャリス取得ルール
以下の条件を満たす場合にのみ、チャリスの取得が可能とする。
1:自身のメインプロセス毎に1点取得or上昇可能[1チャリス/自身のメインプロセス]
2:自身が戦場に存在していること[自身登場]
3:対象が戦場に存在していること[対象登場]
4:チャリスを取得or上昇する際は必ずGMに宣言を行うこと[宣言]

□領域内戦闘ルール[アンダーグラウンド内戦闘]
●草案
・PCは[全身のダメージ軽減値+10]分の【装甲】を持っている。
・PCは「損傷」を10点受けると「死亡」する。
・「損傷」1点はPCの【装甲】に等しい。
・「損傷」の計算式は[ダメージ÷【装甲】(切り捨て)]で計算する。
例:Aは40ダメージを受けた。Aの【装甲】は16だったので、[40÷16=2.5]となり、2点の「損傷」を受けた。
・使用兵装は領域内戦闘専用のものとなる。これはジアドスフィアに対して効果を持たない。
・あらゆるアヴァンドナーは製造段階で『領域内限定-リミット-』が設定されている。
領域内限定:これが設定されたアヴァンドナーは領域内でのジアドスフィア展開が行えない。

■FAQ
Twitterや、こちらのコメント等で不明な点等の質問がありましたらお答えします。
また、その内容によってはこちらの方で共有させていただく場合がございます。

■インフォメーション
●サークル「どらこにあん/どらこにあゲームズ」様
公式HP:http://draconian.pya.jp/
公式Twitter:@draco_TRPG
黒絢のアヴァンドナー特設サイト:http://draconian.pya.jp/AVD/index.html

なお、ここで公開した内容は非公式のものであり、上記の製作サークル様とは一切関係ありません。この非公式サプリの内容に関する質問等は、下記する非公式サプリ作成者の方へお願い致します。また内容に問題がある場合は直ちに公開を停止致します。

●この非公式サプリの作成者:トカゲッコー
Twitter:@tokagekko
ニコ生コミュニティ:http://com.nicovideo.jp/community/co2735762
公開した内容に何か質問や不明な点がありましたら気軽に御連絡ください。
ブロマガのコメントで構いませんが、TwitterのリプライやDMですると早めに反応できるかと思います。また、生放送配信中等でも問題ありません。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


広告
×
アヴァンドナーサプリって最高じゃないですかやだー
ありがたく読ませてもらいます。
29ヶ月前
×
>>1
ありがとうございます!
非公式のサプリですので、データのバランス調整が甘いところもあります。
もし実際にセッションで使うときは、注意してください。
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。